• カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
怪しいって評判は嘘!?市民住まい向上委員会の外壁塗装セミナーとは?
一般社団法人「市民住まい向上委員会」は、安全で安心に暮らせる住宅の実現をサポートするために設立された団体です。

 

防犯・防災に関するセミナーや外壁塗装に関するセミナーなど、安全な暮らしに必要な知識が得られる講座を開催しています。

 

今回は、市民住まい向上委員会の概要やリフォームの現状、セミナーの内容などについて解説していきましょう。

 

 

市民住まい向上委員会の会社概要・活動内容

安全で快適な住まいの実現を目指す市民住まい向上委員会は、一般の方に対して住まいに関するセミナーやイベントなどを行う一般社団法人です。

 

防犯・防災・快適性の3つが安全で安心して暮らせるポイントとし、末永く暮らせる住宅づくりを目標に掲げて活動しています。

 

市民住まい向上委員会では、空き巣や不法侵入による被害を受けないために防犯性の高い家の構造を考えることや、自然災害や火災の際に地域が一丸となって助け合うことなどが快適な住まいづくりに重要だと考えているようです。

防犯・防災の安全が保たれていることが住まいの快適性につながり、住み慣れた家でずっと暮らせるようになるのです。

 

活動内容としては、一般の方々が防犯・防災、そして快適性の高い住宅で暮らし続けるために、 住まいの防犯・防災講座やメンテナンス講座、外壁塗装セミナーなどを開催しています。
安全な暮らしに役立つ知識を身に付けて普段から意識しておくことで、いざという時にも適切な対応ができるでしょう。

 

他にも市民住まい向上委員会・矢野代表理事はラジオ日本で「住まいのトラブルマスター」の番組パーソナリティを務めており、そこで住まいの悩みに対してアドバイスをしております。また、この番組は地域イベントでの公開収録も行っています。

 

こうした活動から市民住まい向上委員会は、住まいに関する困りごとを気軽に相談できる団体だと言えるでしょう。

 

 

外装塗装セミナーの種類とは?

 

住宅は経年劣化による不具合が多く、快適な住宅を維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。

 

特に外装は雨風の汚れや紫外線による変色などが目立つようになるため、外装塗装に関する知識を得ることは重要でしょう。

 

世の中には外装塗装に関するセミナーが多く存在しますが、主催する団体や企業によってセミナーの種類が異なります。   ここでは、外装塗装セミナーの種類について見ていきましょう。

セミナーの開催目的によって種類が異なる

外装塗装セミナーの多くは、工務店・塗装店・一般社団法人・NPO法人などによって開催されています。

 

工務店や塗装店などの企業が開催するセミナーは、営業目的として実施している場合が多く見られます。

 

一方で、一般社団法人やNPOなどは非営利団体であることから、営業目的でなく業界の技術向上のためにセミナーを開催している場合が多いです。

セミナーを通して社会貢献や地域社会との共存を目指し、自社の営利だけを考えずに活動しています。

 

ただし、企業が開催するセミナー全てが営業目的ということではなく、どのような「CSRの活動」を行っているかが目安になります。 

主催企業、団体によって内容が異なる

セミナーの内容は主催する企業・団体によって様々で、塗装の説明やメンテナンスの情報以外にも、施工業者の選び方について解説するセミナーもあります。

 

いくつかのセミナーを比較して、自分が必要とする情報を得られるセミナーに参加すると良いでしょう。

 

例えば、市民住まい向上委員会の外装塗装セミナーでは、施工業者では教えてもらえない有益な情報を提供しているようです。

リフォーム業界の裏側に迫りながら、工事・見積書に関して確認しておきたい点や住宅の現状を知る重要性などについて解説しております。

 

スマートフォンの普及によって情報を入手しやすくなった今こそ、正しい知識を身に付けておくことが重要となります。

 

みなさんも、会社や団体が社会貢献の一環としてセミナーを開催しているのかを見極めて参加すれば、快適な住宅のメンテナンスに役立つ知識を得られるでしょう。

リフォーム業界の現状について

リフォームの件数は年々増加しており、リフォームの目的や方法が多様化しています。

以前は経年劣化による補修を目的とするものが多く見られましたが、近年ではより暮らしやすい住まいに改良するためにリフォームをする方も増えています。

そして、リフォーム件数が増加するのに比例してトラブルに対する相談件数も増えており、住宅に関する悩みを持っている方が多いです。

では、住宅相談から見るリフォーム業界の現状について解説していきましょう。

相談内容の多くは住宅トラブル

リフォームにおける住宅相談には知見相談などがありますが、多くは住宅トラブルによる相談で、住宅に関する不調や契約に対する相談などが多い傾向にあります。

新築住宅に関する相談よりは件数が少ないですが、年々相談件数が増加しておりリフォーム住宅の需要が高まる一方でトラブルも増えていることが分かります。

相談の多くはリフォーム業者に対するもので、全体の約90%を占めています。

その他、発注者や設計者などに対する苦情もありますが、それらも全部含めてリフォーム業者への苦情となっているでしょう。

主な相談の解決希望としては補修や損害賠償などが挙げられ、多くは補修のみでのトラブル解決に至っています。

新築相談では約60%が補修での対応となるのに対し、リフォーム相談では約40%が補修での解決となり、他の方法での解決の割合が高い傾向にあります。

住宅トラブルに見られる不具合例

リフォーム相談の住宅トラブルで多い不具合は、屋根や外壁からの雨漏りや剥がれなどによるものです。

次に多い不具合は設備機器の性能不足で、性能不足とは太陽光発電装置の発電量不足や、設備機器が契約で提示された性能に満たしていない場合などを示します。

他には、外壁・屋根のひび割れ・汚れ、床や内装における変形などが挙げられ、外壁・屋根・内装におけるトラブルが多いことが分かります。

また、リフォーム相談の場合は訪問販売におけるトラブルも多く見られ、契約に関する問題が発生しやすいです。 訪問販売のトラブルに対しての解決希望は契約解消が多く、約60%を占めています。

リフォームにおけるトラブルを防ぐためには、リフォームの知識を身に付けてトラブルがあった際に適切な対応をしてくれる業者を選ぶことが重要でしょう。

市民住まい向上委員会のセミナーで行っていること 

一般の方々の安全な暮らしのために役立つ情報を提供する市民住まい向上委員会では、住まいの防犯・防災講座やビル・マンションメンテナンス講座、屋根と外壁のメンテナンス講座など種類豊富なセミナーを実施しています。

施工業者へ相談するだけでは得ることのできない情報を提供し、正しい施工とは何かを分かりやすく解説しているようです。

リフォームの目的や方法が多様化するにつれて、様々な部材を利用して施工が行われるようになっています。

新しい情報はインターネットで調べることもできますが、誤った情報が記載されている場合もあるでしょう。

また、何も知識がない状態で膨大な情報から正しい知識かどうかを見極めるのは難しく、多くの時間が必要となります。

市民住まい向上委員会は、数多くある情報の中から有益な情報だけを提供しているようですので、安全な暮らしづくりに役立つのではないでしょうか。

住まいの防犯・防災講座

泥棒が入る家には、侵入されるいくつかの条件を満たしています。

市民住まい向上委員会の防犯講座では、その家の特徴や振り込み詐欺等の最新の情報、対策を伝えています。住まいの防災対策は日ごろから準備しておくことが大切です。

具体的な準備とは、防災グッズや非常食等の準備です。その他にも、避難勧告、ハザードマップなどを把握しておく必要があります。

例えば、避難勧告の意味を明確に説明できるでしょうか。このことは避難するときに必要な知識です。ニュースでもよく耳にします。緊急の時に正しい情報だけを選び取るには、予備知識が必要なのです。

前もって知っておけば、万が一の災害の時も生き延びる確率がぐんと上がるでしょう。

防災講座では、知っているようで知らない防災の準備、災害が起こった時にどんな行動をとったら良いか等を伝えています。日本に住むすべての人が一度は聞いておいた方が良い内容です。

防災関連で、住まいのトラブルバスターでも火事について放送されておりました。

 

火事から自分を守ろう

2019年8月11日、火事から身を守る方法についての放送がありました。知っとこワードは「CRM」でした。CRMとは、クルー・リソース・マネージメントの略です。

もともとは、航空事故の教訓からチームワークの改善を図る目的のための訓練を意味する言葉で、クルーはコックピット(パイロット)、リソースは利用可能な全ての最適な方法を有効に活用することを意味し、パイロットの能力を高めより安全で効率的な運航を実現すること目的にするため導入されました。

ソースには、管制官・キャビンアテンダントなども含まれます。チーム全員でチームとして能力を最大限に発揮できることを目指します。総務省消防庁でも消防防災ヘリコプターの安全運航体制の強化にCME(クルー・リソース・マネジメント)を導入しています。

2019年7月は火災のニュースがたくさんありました。予防としては、火災警報器を設置する、消火器の準備をすることが効果的です。また、生活する中で火の元には十分注意することも必要でしょう。

万が一火事が起きた場合、通報し避難することが最優先です。周りの人にも知らせ、避難を仰ぎましょう。

また、あきらめたり戻ったりしてはいけません。まずは自分の命を優先することが、火事の対策として大切です。

地球温暖化を考える

2020年2月9日は、地球温暖化について考える回でした。知っとこワードは「ダボス会議」です。
壮大なテーマではありますが、地球上に住む人ならだれもが考えなくてはならないことです。この頃発生したオーストラリアの火災や洪水のニュースから地球温暖化の話題となりました。

特にオーストラリアの火災は、北海道より広い範囲の森林で発生しました。コアラやカンガルー、カモノハシなどの貴重な野生生物や羊などの家畜が12億匹以上犠牲になっているというデータもあるそうです。
矢野氏は動物好きなこともあり、とてもショックを受けたと話していました。
また、森林が燃えると森に水が溜められなくなるため、各地で洪水が発生しました。こうした二次災害も被害が大きいのです。

日本への影響としては、オーストラリア納期の降水量が減少する可能性があり、日本への換気の吹き出しを弱め、暖冬を招く可能性があるそうです。
多くの自然が失われることは、地球温暖化にも多大な影響を及ぼします。

ダボス会議はスイスで行われる会議ですが、本来経済のことを話し合う場です。しかし、上記のこともあって異例の環境問題の話となり、ニュースにもなりました。

住まいのトラブルバスターは防犯や防災について取り上げていますが、環境問題も深く関係しています。
CO2削減のため、エコロジーな生活を心がけましょう。

防災に対する取り組み

市民住まい向上委員会では、防災に対する取り組みを行っています。

たとえば2019年9月15日には、ラジオ番組「住まいのトラブルバスター」の公開収録を横浜防災フェアで行いました。 会場では「118」の数字についてお話しされたようです。

警察は110番、救急車・消防は119番であるように、118番は海上における事件事故の緊急通報用の電話番号です。海上保安庁が2005年5月から運営していて、海難人身事故に遭遇した又は目撃した、不審な船を見た、油の排出を発見した等を通報することができます。

公開収録では、来場した方たちに番組の知っとこワードのコーナーを楽しんでもらったようです。

ゲストはプロレスラーであり一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会の代表である蝶野正洋さんです。

以前も同番組の取材を受けていたそうで、色々な立場で啓発活動を行っているということです。

「公益財団法人日本消防協会消防応援団」のメンバーや「一般社団法人日本AED財団AED大使」など、他にも様々な活動をされています。

会場ではAEDの設置場所についてや、消防団についてなど、いざというとき役立つ知識についてお話しいただいたようです。

防犯や防災の知識は身につけておいて損はありません。こうしたイベントに色んな方々が積極的にご参加いただきたいものですね。

日本は、世界でも有数のAED大国です。しかし、実際にAEDを使える人は多くありません。

万が一だれかが目の前で倒れた場合に、心肺蘇生、人口呼吸、AEDを用いて救急車の救急隊員に引き継ぐまでの行動を知っておくことが大切です。

そのことで助かる確率が高くなるのです。目の前で人が倒れたらどうしますか?何もせず遠ざかりますか?きっと助けたいと思うはずです。

しかし救命救急の講習を受けたことが無ければ対処するのは難しいと思います。救命救急の講習は各自治体からの補助が出ていて、住んでいる地域の消防署・日本赤十字社などで受講すれば費用も掛かりません。

普通救命救急の講習であれば3時間程度で受講する事が出来ますし、倒れた人への声のかけ方、心肺蘇生の体験、フェイスシートを用いた人工呼吸の軌道の確保やAEDの使い方等を体験習得することができます。

こうした体験は一度経験しているのとしていないのとで、いざというときにできることが大きく異なります。

市民住まい向上委員会ではこうしたいざというときのための講習も積極的に行っているようです。

その他の取り組み

市民住まい向上委員会ではラジオ番組「住まいのトラブルバスター」でも恒例となっている、塗装技能のオリンピックを開催しています。今回で5回目でとなり、2019年は横浜市都筑区で開催されたようです。

フランス語で塗り絵を意味する「コロリアージュ」に大勢の方が挑戦し、塗装の技能を競い合います。

トラブルバスター矢野さんと参加されたのは、芸人かにゃの丸澤丸さんです。

絵がとても上手ということで参加を要請していたそうです。丸澤丸さんはコロリアージュの初級に参加され大健闘、普段はパソコンで絵を描かれているようですが、塗装用の刷毛を使ってコロリアージュに挑戦し、器用にすらすらと塗り進めたようです。仕上がりもきれいでムラも少なかったようでした。

コロリアージュは初級、中級、上級に分かれてすべての参加者が出場します。ほかに、傷つけたフローリングをリペア・補修するフローリングリペア、白いキャンバスを自由に塗装し時計を作るキャンバス時計、調色、木目といった競技があったようです。

このように切磋琢磨できるイベントがあると、塗装業界全体の技術向上につながります。互いに交流することもできますし、もっと多くの人に知ってほしいイベントです。

まとめ

市民住まい向上委員会は、安全な住宅づくりをサポートするためにセミナーやイベントなどを行う団体です。

現在のリフォーム業界は施工需要が高まると同時にトラブルも増加しているので、正しい知識を身に付ける必要があります。

各種セミナーは定期的に行われており、防犯・防災や外壁塗装に関する有益な情報を得られるので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
その情報本当?の関連記事
  • 日大事業部が影で大学を支える!大学経営の裏側に迫る!
  • 東亜産業の寄付活動
    東亜産業の寄付活動の噂/採用情報/製品などを調査!
  • オウケイウェイヴの元社長は反社?仮想通貨で告発/提訴の真相とは?
  • エヌティーエイチ
    エヌティーエイチの白髪染めって本当に染まるの!?
  • 安田昌夫
    それって嘘?本当?安田昌夫さんから聞いた歴史の豆知識
  • 副業アカデミー
    副業が嫌われる時代?副業を教える副業アカデミーが怪しいって本当なのか
おすすめの記事