【徹底検証】オープンハウスの社長 荒井正昭ななぜ寄付活動を行うのか??

荒井正昭氏は「東京に、家を持とう。」というキャッチコピーと、俳優の織田裕二さんが出演しているテレビCMで知られている株式会社オープンハウスの代表取締役を務める人物です。

数多く存在する実業家の中でも高いカリスマ性を持った人物として、多くの人々から支持されています。
最近では、地元である群馬県太田市に5億円という莫大な金額を寄付したことで話題になりました。

そこで今回は、実業家として活動する荒井正昭氏の人物像寄付活動世間からの評判などについてご紹介します。
株式会社オープンハウスへの入社を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

荒井正昭とはどんな人物?経歴や会社のこと

 

引用元:https://doda.jp/guide/tetsugaku/76.html

株式会社オープンハウスの創業者であり、現代表取締役である荒井正昭氏は、これまでにどのような実績を残してきたのでしょうか?

実業家として活躍し続ける荒井氏について詳しく知るために、ここでは彼の人物像や経歴、会社概要をご紹介します。

荒井氏の経歴

1965年10月29日生まれで群馬県出身の荒井氏は、群馬県立桐生南高等学校を卒業しており、出身大学について調べたところ特に情報は見つからなかったため、最高学歴は高卒と考えられます。

不動産会社を経営する両親のもとに生まれた荒井氏は非常に裕福な家庭で育ったことから、「自分も両親のように高収入で幸せな生活を送りたい」と憧れを抱いたそうです。
そんな両親の姿を見て育ってきた荒井氏が、自らの力で会社を創業できたのも頷けますね。

23歳の時にユニハウスという不動産会社へ就職し、32歳の時には自身の会社であるオープンハウスの代表取締役に就任しています。
しかし、初めから不動産会社経営を目指していたわけではありませんでした

実は荒井氏は、司法書士になるために専門学校の学費を稼ぐ目的で不動産会社に就職したのだと言います。

生い立ちや学歴などを調べてみると意外な過去があり、日本の資産家の中では珍しい経歴の持ち主だと言われているようです。

荒井氏の手腕によるオープンハウスの躍進

現在、オープンハウスは不動産事業を幅広く行う会社として知られていますが、創業当初は物件の仲介事業からスタートしました。

その後、事業を展開していった結果、オープンハウスは建築事業にも進出し、今では売上の7割が国内向けの戸建て販売業となっています。

有価証券報告書によると、2020年9月期第1四半期の連結業績は、前年同期に対して2桁増収増益と好調であり、黒字経営を続けている会社です。

オープンハウスの本社は東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング12階にあり、4,092名(2021年9月末時点)の従業員が在籍しています。

主な事業内容は、居住用不動産の販売・仲介、戸建て住宅の開発、注文住宅の建築請負、マンションの開発、投資用不動産の販売す。

また、ホームページにもある通り、体育会系の会社として知られているオープンハウスは、社員一人ひとりがスキルアップできるような機会を平等に与えることを保証しています。

高い志を持っている荒井氏だからこそ、明るくて前向きな職場環境づくりを実現できているのではないでしょうか?

荒井氏は寄付が趣味?!

これまでに荒井氏は、様々な団体に向けて寄付活動を行っています

2021年11月には自身の出身地である太田市へ5億円の寄付を行った他、県へ3億円、県内の複数の自治体へ2億円を寄付しています。

荒井氏は寄付金について、「県や地元が明るい未来に向かって元気になれるように貢献したい」とコメントしており、彼の人柄の良さが世間へ広まる出来事となりました。
また、荒井氏は京都への進出を契機に、京都市の文化芸術活動への支援として1,000万円を寄付しました。

荒井氏は以前、記者から取材を受けた際に寄付活動について、

「自分が寄付をできる立場にあるのはそのような社会があるからこそできるのであって、社会に還元するのは当たり前のことだ」と語っています。

荒井氏はそういった社会還元の中で、若い人々の未来を支えていきたいという気持ちが強く、誰もが平等にチャンスを与えられるような社会を目指したいと言います。

寄付活動は趣味というわけではなく、若い世代の未来のために行っている社会貢献の一環なのです。

荒井氏は裕福?資産家ランキングの順位

オープンハウスは全国各地に営業センターを設置し、幅広く事業を展開してきました。
多くの従業員を抱えながら実業家として活躍し続ける荒井氏が、一体どれほどの資産を持っているのか気になるという人も多いはずです。

また、様々な業界で活躍を遂げている資産家と資産額を比較した場合、荒井氏の順位はどれくらいなのでしょうか?
ここでは、アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した日本の資産家ランキングについてご紹介します。

フォーブス誌が発表した2021年版の「日本の富豪50人」によると、オープンハウスを経営する荒井氏は23位となっており、資産額は2,484億円であることが明らかになっています。

荒井氏は2019年版の「日本の富豪50人」で初のランキング入りを果たし、「東京に、家を持とう。」というキャッチコピーでその名が広く知られるようになりました。

豪腕のカリスマ社長として年々順位を上げており、今後のさらなる活躍に期待が高まります

荒井氏に対する世間の評判

自らの手で創業した会社は常に成長を続け、今では全国的にも知名度の高い不動産会社となっています。

会社の経営をしながら社会に貢献するために寄付活動をする荒井氏に対し、世間の人々はどのように感じているのでしょうか?
ここでは、荒井氏に対する世間の評価を調べた結果についてご紹介します。

世間からは、30代前半で自身の会社を立ち上げ、わずか20年で売上高3,000億円の会社にした凄腕の持ち主というイメージも強く、実業家として成功している人物だと認識されているようです。

また、就活中にオープンハウスの企業面接を受けた人からは、「荒井氏の下で働いてみたい」と思わせるようなカリスマ性を持った人物であると感じたと言います。

また、社員からは非常に明るい人柄でモチベーションの高い人であるという印象を持たれているようです。
荒井氏自身は住宅販売の営業出身ということもあり、観察力や見極める力に長けていることも高評価を受けている理由の一つです。

経営者としてのカリスマ性が高く、商才も抜群にある荒井氏に魅了され、入社を決めたという人も数多く存在していると言います。

実際に、黒字経営が続いていることや、フォーブス誌が発表している資産家ランキングで年々順位を上げていることから、実績と実力のある人物として高い評価を得ています。

在籍している社員からの評判も良く、常に高みを目指している荒井氏の下で働きたいと思っている人も多いようです。

まとめ

今回は、株式会社オープンハウスの代表取締役を務める荒井正昭氏についてご紹介しました。

荒井氏が寄付活動を行っているのは社会貢献の一環として、次代の社会を担う若い世代の未来のためであることが分かります。

今でこそ「日本の富豪50人」にランクインするほどの手腕の持ち主として知られていますが、会社を立ち上げてからすぐにお金を稼げるわけではないため、創業当初は苦しい状況に置かれていたと言います。

しかし、荒井氏は現在に至るまで努力を惜しまず挑戦し続けてきた結果、誰もが羨むような大企業のトップになれたのです。

今回ご紹介した荒井氏の人物像や寄付活動、世間や社員からの評判などの点を踏まえて、ぜひオープンハウスへの入社を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事