田中美孝氏の人物まとめ

ベンチャーコントロールという会社を知っていますか?
日本では起業したいと考えている人が多いものの、起業家として育成する環境が不足している部分があります。
そんな時、安心して頼れるのが起業をサポートしてくれる企業の存在です。
田中美孝氏が取締役代表を務めているベンチャーコントロール社は、人脈や人材、経営ノウハウやマーケティングをサポートし、事業家のバックアップをしています。
この記事では、田中美孝氏の人物像を中心に起業家を育成するベンチャーコントロール社についても紹介します。

こんな人におすすめ
・起業したいが方法や手段がわからない
・ベンチャーコントロールの概要が知りたい
・代表取締役の田中美孝氏の人物像を知りたい

田中美孝氏のプロフィール

起業家が進出しやすいようにと田中美孝氏が立ち上げたのが、ベンチャーコントロール社です。
自身も起業家だったことから、これまでの多くの苦労を経験したと考えられます。
そこで、最初に田中美孝氏がどのような人物なのか、プロフィールから見ていきましょう。

田中美孝氏の生い立ち

田中美孝氏は、1969年に東京で生まれました。
田中美孝氏の父親は事業家だったため、幼い頃から父の働く姿を見て育ったことが大きなきっかけとなり、中学を卒業した1985年、ビデオテープの輸入業をスタートさせています。
1986年には、飲食店を経営している父親の会社に入社し、繁盛店を4店舗作りだしたことから常務取締役に就任しました。
1991年には、熱帯魚のリース会社を設立し、1994年には年商10億円を売り上げるほどになったのです。
熱帯魚リース業を成功させた田中美孝氏でしたが、株式を売却した資金を元手に株式会社ベンチャーコントロールを設立しました。
株式会社ベンチャーコントロールは、多くの起業家を育てるインキュベーター企業として、売上高130億円を突破しています。

田中美孝氏の想いと挑戦

田中美孝氏自身も起業家として多くの成功を収めている人物です。
田中美孝氏は、なぜ事業を成功させた後、起業家育成業へと進んでいったのでしょうか?
ここでは、田中美孝氏が内に秘めた想いと挑戦についてみていきましょう。

創業したきっかけ

田中美孝氏が創業したきっかけは、インキュベーション事業を中心に広めていきたいと考えていたのがきっかけです。
その理由は、田中美孝氏自身が3回の起業を経験した際に、日本には起業家を育成するための実践的な機関がないこと、また起業を夢にしていたとしてもそれを具体的にしていく方法や手段がわからなかったということからです。
自分自身の経験から、日本には起業家を育てる機関の少なさや、ノウハウを知るきっかけを持って欲しいと考えていたことがわかります。
また、起業を志す若者を本物に育てあげていくことが、日本の未来をより活性化していけると感じています。
そのような起業への戸惑いを解消し、よりスムーズに進出できるようにベンチャーコントロール社が資金援助からマネジメント、人材や人脈作り、株式公開や経営のノウハウをサポートしながらバックアップしていけるようになっています。

田中美孝氏の想いと挑戦

田中美孝氏は、自分自身の経験からベンチャーコントロール社を立ち上げ、多くの起業家を育成させるためのサポートをしています。
企業理念にも、「我々は常にモチベーションを高め、ベンチャースピリットを失わず、共にビジネスへ果敢に挑戦し続け、必ず勝ち抜く。我々は理念を貫く為に、常にチャレンジ精神をもって職務にあたる。」と掲げ、新たな挑戦に加えて、必ず勝ち抜くこととしています。
またチャレンジ精神を大切にしているため、何事も挑戦しやすいようにしていることも伝わります。
そのため、会社の目的として日本的経済構造の変革を推進すること、構造変革を推進するために必要な力を集結して目的を達成させることも記載されています。
これらのことから、田中美孝氏は今まで蓄積してきたノウハウを体系化して、外部に向けた展開を促進させ、国籍を問わずに起業家を応援していきたいと考えています。

起業家精神を持つ人の特徴

起業家は、やる気があればできるものではなく、ある程度のノウハウや土台があるとスムーズに進んでいくことができます。
それに加えて、起業家精神も求められます。
ここでは、起業家に適した精神を持つ人の特徴についてご紹介していきます。

自分で解決する力

起業した際に、何かが起こった場合は自分で解決しなければなりません。
どのような問題が起こったとしても、自分で考えて動き出さなければ解決へは進みません。
周囲からの助けや状況の変化ばかりを期待するのではなく、自分で解決することを目的に可能性を信じるのが大切です。
リスクを恐れてばかりでは、何も行動できなくなります。
自分で解決する力を身に付けることで、将来的に大きな成果も得られるでしょう。

自分で責任を負う力

問題が生じた場合、その原因は自分にあると考えなければなりません。
何かに失敗した時、環境や他人へ押し付けるのではなく、自分の行動から失敗の理由を考えます。
考えやその後の行動を変えることで、徐々に成功へと近づいていくことでしょう。

自己管理

自分の持っている能力を最大限に生かすためには、最高のコンディションを維持する必要があります。
そのためには、体調管理に加えてモチベーションを維持し続けることも重要です。
無理に頑張りすぎたり、働きすぎたりしては、資本となる体を壊してしまいます。
常に自分自身も管理対象にして考えてください。

自己評価

他人からの評価だけでなく、自分自身でも評価してみることが重要です。
納得できないことは、自分で納得するまで努力を重ねていき、満足できるラインまで追求する気持ちも求められます。
他人そして自分への競争心を持つことも大切です。

他者信頼

起業家精神を持つうえで大切なのは、他人を頼って信じる気持ちです。
そして、その人のために自分には何ができるかを考えて支援や協力する気持ちを持ちましょう。
自分に厳しく、他人には優しくできることもポイントです。
優しさだけでは起業しても成功するとは言い切れませんが、今後従業員を雇うような規模まで成長した際には、信頼する気持ちが大切です。

起業家育成をするベンチャーコントロール社

起業家はただ起業したい気持ちだけでなく、自分自身の健康やモチベーションの維持なども必要なことがわかりました。
さらに、新たな事業を立ち上げる際の豊かな発想力や柔軟な思考は、起業後も求められる内容です。
他にも、失敗を恐れることなくチャレンジしていく気持ちが必要です。
このような起業精神を持ちながら、起業に向けて進んでいきますが、それでも誰かのサポートを求めていたり、ノウハウをより知っておきたかったりする場合はベンチャーコントロール社で起業に向けてスピードアップさせることができます。
ベンチャーコントロール社は、事業家が事業家を育てられるような仕組みがあり、これが結果的に社会全体のメリットになると考えています。
未来を切り開きたいという目的を持っているため、新規事業に開拓においても積極的に行い、日本の産業構造について新たな一歩を進めるサポートをしています。
また、ベンチャーコントロール社から誕生した実業家は100名以上になり、会社を起業して日本経済の活性化にも貢献しています。
このことから、ベンチャーコントロール社や田中美孝氏は今後も日本の経済を活性化していくと考えられます。

この記事のまとめ

・田中美孝氏は苦労からベンチャーコントロール社を立ち上げた
・田中美孝氏は今も熱い想いを持ち続けている
・ベンチャーコントロール社で起業のチャンスを掴める

おすすめの記事