異色企業【ベンチャーコントロール社】の事業内容を深く掘り下げ!

ベンチャーコントロール社は、ベンチャー企業を支援している会社です。
企業を再生・支援事業とインキュベーション事業を展開しており、様々な角度から事業と起業家の支援を行っています。
それぞれ、どのような事業となっているのでしょうか?
この記事では、異色企業である【ベンチャーコントロール社】の事業内容を深く掘り下げて紹介していきます。

こんな人におすすめ
・ベンチャーコントロール社がどんな企業か知りたい人
・ベンチャーコントロール社への就職を検討している人
・ベンチャーコントロール社が、なぜ異色企業と言われているのか興味がある人

ベンチャーコントロール社の経営理念

まず始めに、ベンチャーコントロール社の経営理念からご紹介します。
ベンチャーコントロール社の経営理念は、常に高いモチベーションを持ち、ベンチャー魂を忘れないことです。
新しいビジネスに挑戦することを恐れず、必ず勝ち抜くことも理念の1つとして大切にしています。
また、その理念を通すために、社員はチャレンジ精神を忘れずに仕事に挑んでいます。

ベンチャーコントロール社の企業再生・支援事業

ベンチャーコントロール社の「企業再生・支援事業」では、企業の再生や新しいビジネスの展開を支援しています。

【JVI事業】

「事業家の育成」と「新規事業の展開」を同時進行しており、相乗効果「JVI」を狙っています。
JVI事業は、「日本の風土に合うベンチャー支援」です。
ベンチャーコントロール社では、「ジョイントベンチャーインキュベーションJVI -Joint Venture Incubation- 」という事業形態をしています。
ベンチャーコントロール社ならではの独自の事業形態となっており、ベンチャーインキュベーションのノウハウが活かされています。
JVA戦略による「新規事業の創出」、そしてM&A戦略による「事業基盤の拡大」でJVI事業が相乗効果で成長出来る形態となっているのです。
この事業の輪が、ジョイントベンチャーインキュベーションです。
ベンチャーコントロール社のJVI事業では、あらゆる企業のニーズに合わせた人材の育成を行いながら新しいビジネスを成功させるスタイルを提案しています。

【JVA戦略】

ベンチャーコントロール社では、JVA戦略を行っています。
JVA -Joint Venture Alliance-は、依頼した企業とベンチャーコントロール社のどちらもメリットを得られる戦略となっています。
依頼した企業にとってのメリットは、起業家に相応しい人材を育成してもらいながら人材不足を解消できることです。
ベンチャーコントロール社にとってのメリットは、ノウハウの蓄積や企業の成長です。
これから新しいビジネスを始めたいというニーズを持った法人とアライアンスを結び、共に新規事業を立ち上げます。
ベンチャーコントロール社のJVA戦略では、社内の起業家候補と依頼した企業の相乗効果で安定した経営が可能です。
新事業を立ち上げる際の起業家不足が深刻となっているため、多くの企業からベンチャーコントロール社のJVA戦略は賛同されています。

【M&A戦略】

ベンチャーコントロール社では、JVA戦略だけでなく事業を活性化させるためのM&A戦略も行っています。
自分の力だけで新しいビジネスを始めるには時間がかかりがちです。
ビジネスで成功するためには、タイミングも重要です。
新規ビジネスを構築している間に、タイミングを逃してしまうこともあります。
そこで、M&A戦略の出番です。
買収とビジネスの開発(A&D-Acquisitions & Development)視点を持って、事業を活性化させるのです。
これまでに集めた情報を活かして、対象となる企業の利益成長を見極めます。
両社事業のシナジー効果を熟視することで、適切なタイミングで新規ビジネスを始められます。

ベンチャーコントロール社のインキュベーション事業

次に、ベンチャーコントロール社のインキュベーション事業について深く掘り下げていきます。
インキュベーション事業では、起業家の育成・新規事業の立ち上げを行っています。
インキュベーション事業のサポート体制は以下の通りです。

【ビジネスモデルの策定と精査】

新規事業の立ち上げに携わる権利を得た社員は、ベンチャーコントロール社の役員会もしくは「ビジネスコンテストbirth」にてビジネスモデルをプレゼンすることになります。
実際に新規事業を手掛けたことがある経験者が、権利を得た社員にアドバイスを行います。
こうして、経験者が経営のノウハウやプレゼンの方法までを丁寧に教えることで、新たなビジネスを洗練化することが可能です。

【資金の支援】

社内事業では役員会で承認、社外事業では「ビジネスコンテストbirth」を通し、資金の提供をしています。
新規事業を立ち上げた段階から必要な分の資金を支援します。

【業務の提携先を紹介】

インキュベーション事業では、必要な企業・人材に応じた業務の提携先を紹介可能です。
業務を提携することで、効率良く業務を拡大させられます。

【間接部分のアウトソーシング】

法務・労務・財務では、専門的な知識が必要になるケースが少なくありません。
そういった関節部分のアウトソーシングを請け負うこともできます。
関節部分をアウトソーシングして負担を抑えることにより、事業を拡大するスピードを落としません。

【案件精査】

ベンチャー企業は数多くあり、投資のリスクが複雑になっています。
ベンチャーコントロール社では、案件を多面的に精査します。
・ビジネスモデルの検討
・財務内容
・技術の評価
・事業の将来性
・経営者の素質
・ポテンシャル
このように、様々な角度から精査することで、投資のリスクを最小限に抑えられます。

【起業家の教育】

ベンチャーコントロール社では、教育機関を設置しています。
教育機関を設置することで、経営者になる心構えからビジネスモデルの構築の仕方などのビジネススキルを向上可能です。
起業家や事業家、経営者を目指している人を育成できます。

ベンチャーコントロール社の今後の戦略

新しい事業を立ち上げる際に深刻となっているのが、起業家不足です。
ベンチャーコントロール社では、そんな深刻な事態を抑制・改善していくために起業家の育成や支援に力を入れています。
日本経済の構造を変革させ、起業家を増やしていくことが事業の目的です。
企業再生・支援事業では、新しいビジネスの展開と企業の再生のため、JVA・M&A戦略でJVI事業をしています。
インキュベーション事業では、起業家の育成や新規事業の立ち上げを行っています。
2022年時点で、5つのグループ会社が事業家として旅立ちました。
ベンチャーコントロール社では、今後もJVA・M&A戦略により相乗効果を狙ってJVI事業を展開していくことが考えられます。
経営理念にあるように、今後も高いモチベーションでベンチャー魂を持って、ビジネスに果敢に挑戦して勝ち抜く企業であり続けるのではないでしょうか?
日本経済構造の変革を推進するため、グループが持っている力を集結させて目的を達成していくことでしょう。

この記事のまとめ

・日本経済の構造を変革させ、起業家を増やしていくことが事業の目的
・新たなビジネス展開や企業の再生、起業家の育成や新規事業の立ち上げを行っている
・今後もJVA・M&A戦略により相乗効果を狙ってJVI事業を展開していくことが考えられる

おすすめの記事