• ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch)でも熱い議論が交わされるアルテカとは

こんにちは! 今回はアルテカの野村紘一さんについて調べてみました。 時代の流れと共に変化していくニーズに対応するために情報収集を徹底し、他社よりも早く行動している野村紘一さん。彼が創業した株式会社アルテカは黒字経営が続いています。野村紘一さんは幅広い視野と挑戦する強い気持ちを持っている稀有な経営者です。 では、早速、詳細についてみていきましょう。

不動産会社の野村紘一さんについて

不動産会社の野村紘一さんは不動産や土地の売買に関する事業を行っており、時代の流れと共に変化していくニーズに対応させるためにも情報収集を徹底しています。2ちゃんねる(2ch)や5ちゃんねる(5ch)でも話題になっていますが、 具体的には、2019年の秋に台風19号による影響で、武蔵小杉周辺のタワーマンションが数多く売却される事態になりました。物件の価格が軒並み下がってしまい、災害のリスクも考慮した上で不動産の売買を行う必要が出てきたのです。しかし、これは2019年から始まったことではなく、西日本豪雨災害や東日本大震災などの災害からも地価や不動産価格の大幅な下落は見られていました。その情報を予め掴んでいた代表の野村紘一さんは事前にそれらの物件を早めに手放し、災害発生後の損失を低減させていたのです。 特に不動産を販売もしくは貸与する企業は入居や購入の希望者が現れない限り、利益を増やすことは難しくなります。希望者が現れない物件を数多く保有してしまうと、不動産会社は倒産してしまいます。野村紘一さんはこのような事態を避けるためにも、事前にリスクの高い物件を保有しないように務めるだけでなく、市場の相場や需要などを考慮した上での会社運営を行っています。 もちろん、武蔵小杉周辺のタワーマンションは台風が襲来する前までは人気のある物件の1つであり、タワーマンションは地震で倒壊するリスクは少ないので安全であると言われていました。しかし、近くに河川がある以上、停電や浸水などの被害は免れないのです。特に東京近郊は低地なので津波などの被害も考慮する必要があります。そして、今回の災害で安全だったエリアの価格が急騰しています。一過性ではあるものの、企業の収益を上げるためにも、これらのエリアを予め保有しておくことで、損失を最小限にすることができるのです。 情報収集は必要ですが、何よりも他社よりも早く行動しなければなりません。このように、代表の野村紘一さんが徹底している情報収集とすぐに行動を起こすことによって、盤石な会社経営が成り立っているのです。

掲示板で野村紘一さんについて熱い議論

2ちゃんねるの一隅で、野村紘一さんについて議論が交わされていました。野村紘一さんは優れた経営者と言えるのかそれとも言えないのかというテーマで、信者と否定派に分かれて激論になっていたのです。 私は信者というほどではないですが、野村紘一さんは優れた経営者だと思っているので、肯定派というようなポジションで参戦しました。私が野村さんを優れた経営者だと思うのには、先見の明があることや、決断力・実行力があること、そして常にオリジナリティを追及する姿勢をもっていることなどが主な理由としてあげられるでしょう。 先見の明があることの具体的事例としては、やはり日本で初めて高級マンションを発売したことがあげられます。日本にまだそんなものが存在しなかった時代に、時代の先を読み発売に踏み切ったことは、称賛に値するのではないでしょうか。 しかし否定派はそのことに関して、「てきとうにやったら当たっただけ」とか「単に運が良かっただけ」などといって反論してきます。たしかに運が良かったというのもあるかもしれませんが、しかし、野村さんは何も当てずっぽうに高級マンションを市場投入したのではないことは間違いないと私は考えています。そこには冷徹な経営者としての計算があったはずです。 野村さん自身もどこかのインタビュー記事で、日本の住宅事情は経済力に比べてまだ低く抑えられているのでいずれ高級マンションブームが来るに違いないと思っていた、というような趣旨のことを述べておられます。 この発言からも分かるように、野村紘一さんは適当にやったのではなく、確信を持ってやったのでしょう。だいたい、経営者たるものが、そんないい加減な気持ちで経営判断を下すはずがありません。否定派側の言っていることは、ほとんど言いがかりのようなものではないでしょうか。その時の掲示板での論争は、ほとんど肯定派が圧勝してしまったような状態になり、否定派は最後はほとんど発言をしなくなっていました。

誰もしなかったことをした野村紘一さんは凄い

後になってからはそれが当たり前のように感じても、存在がない時にそれをするというのは簡単なものではありません。成功をした人たちというのは、いつの時代も誰もがしなかったことをしています。野村紘一さんもその一人であり、何をしたのかと言えば超高級マンションを作り上げたことです。 億ションという言葉はよく耳にするものであり、富裕層の成功の証であるとともに庶民の憧れの存在です。これのどこが画期的なことなのかと思う人もいることでしょうが、野村紘一さんが超高級マンションを手掛けるまでは富裕層向けのマンションは存在していませんでした。 当時はマンションは限られたスペースの中で効率的に住居を作ることを目的としたものであり、お金に余裕がある富裕層がわざわざ購入をするものではなかったのです。アパートの延長線上にあり庶民向けの住宅でしかなかったのですが、野村紘一さんは富裕層であってもマンションという形態を求めている人はいるはずだと読みました。 富裕層がマンションを購入しないのは、あくまでも自分たちにあった物件が存在しないからであり、それらの人たちのニーズを満たす物件を作ればかならず成功をすると考え、超高級マンションを世に送り出したのです。現代の感覚で言えば成功は間違いと思えるものですが、当時の世相を考えるといくら立派なものを作っても所詮はマンションで富裕層は興味を惹かれないと考える人も多くいました。たしかに富裕層はステータスも重視しますから、庶民向けの住宅のイメージがあるマンションを購入しないのではと考えるのはおかしな話ではありません。 誰もが上手くいくわけがないと考えている中で、野村紘一さんだけは自分の読みを信じて億を超えるマンションを作り売り出したところ、たちまち多くの富裕層から反響があり、億ションブームを巻き起こすことになったのです。 野村紘一さんの億ションのエピソードから成功のチャンスは、実は何気ないところに潜んでいるということを学び取ることができるのではないでしょうか。

常に挑戦し続けている野村紘一さん

経営が順調な企業であれば、成功体験をもとにした経営を続けていくものではないでしょうか。新たな挑戦は事業拡大などプラスになる可能性もありますが、その反面失敗すると一気に経営を悪化させる原因ともなってしまいます。従業員たちやその家族の生活まで負っている経営者としては、出来るだけリスクは避けたいものです。 そのため堅実な方法で経営を行おうとします。そのことは悪いことではありませんが、今以上の成長は望むことが出来ないという側面もあります。 野村紘一さんが創業した会社は創業以来黒字経営を続けていることで有名ですが、それは常に彼が挑戦し続けているからだと言えます。野村紘一さんは日本で初めて「億ション」を販売して、不動産業界に革命を起こしたとも言える人物です。その後もずっと魅力的な億ションを販売し続けていて、不動産業界に新たな活況をもたらしています。 億ション販売の先駆者とも言え、そのノウハウにあぐらをかいて会社を経営していてもおかしくないはずですが、野村紘一さんはそのようなことをしていません。常に挑戦し続けるのが彼のポリシーで、会長職についている現在でもそれは変わっていないと言えます。 日本は少子高齢化がすごいスピードで進んでいて、今後もさらに進行が止まる気配がありません。そうなると国内の内需は減少してしまう一方です。内需が減少し続けてしまうと、景気が上向く可能性はますます低くなってしまい、希望が持てない国になってしまいます。そうならないよう、野村紘一さんは住宅産業が活性化することが大切だと考えています。住宅産業は設計や建築、インテリア業界はもとより家具、家電業界ともつながっています。 住宅産業が活性化すると多くの業界も恩恵を受けますので、日本経済への利益や貢献は計り知れません。野村紘一さんは自社の利益を上げることだけではなく、日本経済全体のことを考えるという、幅広い視野と挑戦する強い気持ちを持っている稀有な経営者です。

関連キーワード
FAKENEWS特集の関連記事
  • テレビを見る子供
    悲しいニュースだけじゃないよ 今日も「虚構新聞」はコロナを笑いに変えるのだった
  • ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーションが怪しい?実態を調べてみた!
  • アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?
  • 坂本よしたかの稼ぐ方法で億万長者になれるのか検証しました
  • 【メディアでも話題】株式会社シロカの噂・口コミを徹底検証!
  • オープンハウスの採用情報を徹底分析|ブラック・年収・評判・クチコミなど
おすすめの記事