• ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
白石達也の「情報ビジネスで1年で8億円を稼いだ全体像」とは?

こんにちは!

本日は、白石達也の「情報ビジネスで1年で 8億円稼いだ全体像」について取り上げてみます。

皆さんは、白石達也についてどんなイメージを持っているでしょうか?

白石達也はこれまで数多くの情報商材を世に発表し続けており、その度に多くの方を惹きつける内容、そして有益な情報を提供することで利益を得ています。

そんな彼がどのように資産構築を果たせたのか、示されているのが「情報ビジネスで1年で 8億円稼いだ全体像」になります。

内容はどんなものになっているのでしょうか?

今回は、白石達也の経歴と共に、「情報ビジネスで1年で 8億円稼いだ全体像」について詳しくご紹介していきます。

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

白石達也の経歴について

白石達也は20代で起業に成功し、わずか1年で億の資産を築き、若き実業家として活躍しています。

ただ、成功に至るまでに白石達也は多くの経験や苦労をしてきました。

これまでの白石達也の人生についてご紹介しましょう。

白石達也の生い立ちから学生時代まで

白石達也は1986526日生まれ、東京都出身。

某都内大手航空会社で働く父と外資系企業に働く母の間に次男として生まれ、父、母、兄と4人家族で育ちました。

兄は破天荒な性格で問題児であったため、母は白石達也に厳しい教育をしました。

そんな母の厳しい教育によって、白石達也は勉強や高い学歴だけに執着するようになり「名門大学へ進学し、大手企業に勤めることが安定」と彼は考えるようになります。

幼い頃から古典や論語などの難しい書籍に興味を持ち、周りからは変わり者だと言われてきました。

真面目で勉強に励んでいた白石達也は中学で生徒会長という役職に就きます。

高校生になっても白石達也は勉学に励み、オシャレや友人と過ごす時間などに全く興味がなく、真面目すぎる性格や見た目からいじめのターゲットにされてしまいます。

精神的に大きなダメージを受け自殺願望を抱き、こんなにも苦しい中で勉強をしなくてはいけないのかと疑問を持ち始めましたが、いじめのストレスをばねに大学受験に励むことに成功し、浪人しながらも早稲田大学商学部に見事合格しました。

名門大学へ入学し、大手企業への就職を夢見ていましたが、大学での学びの量や質に限界があると感じ始めます。

そんな時、リーマンショックが起こり、多くの起業に多大なダメージが与えられました。

父が勤務する大手航空会社が倒産の危機に見舞われたことや周りが就職困難に陥っていることを目の当たりにしたり、大学で学べることでの限界を感じたりしたことから、大手企業に就職することができてもいつ崩壊するか分からないと思い始めたのです。

そんな時、伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏との出会いが白石達也の転機となり、お金を安定に稼ぐのは自分自身で起業することだと考えます。

自己啓発セミナーやビジネスマナーの講習会などに積極的に足を運び、大学では学べないことを学びました。

伊勢隆一郎氏とタッグを組み開発した「神龍クラブ」や、大学在学中に携わったFX取引予測システムなど、どれも成功に収めます。

そのため、白石達也は就職をせずに大学を卒業しました。

 

大学卒業後から現在の白石達也

大学では学べなかったことを、自己啓発セミナーやビジネスマナーの講習会で学び、ビジネス運営を目指します。

「神龍クラブ」はユーザーたちを成功に導き、年商1億円や年収1000万円を超える多くの成功者を出し、さらに注目されました。

その後も白石達也1人でも実績を重ね、28歳という若さで有限会社Enhanceの取締役に就任、コンサルティング業や情報コンテンツの販売など、様々な事業を行いました。

中でも「ランドオブハンモックYouTuber」という100年以上の歴史あるマーケティング手法を学べる情報商材が爆発的なヒットを起こし億の資産構築に貢献しました。

彼の商材はどれも「豊な人生を歩んでいくために必要な情報」であり、現在も株式会社アルケメーションの創造者として、世界最高水準の知識が提供できるようサイト運営に励んでいます。

自宅に居ながらも、気軽にオンラインで学習できるコンテンツが人気を集めています。

会員向けの専門的な教育コンテンツイロアスは、学びから自由を手に入れることがコンセプトであり、そのために行うべきことを学ぶことができます。

 

過去に辛い経験をした白石達也だからこそ、質の高い商品を作り大きな成功を掴めたのではないでしょうか。

これからも多くの人々が自由で幸せな生活が送れるよう、質の良い情報を提供し続けてくれることでしょう。

今後も、白石達也から目が離せません。

 

 

白石達也の「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」とは

 

白石達也はイロアス会員も利用できるリバティーレジデンツというサービスを展開しています。

そこでは居住の自由をテーマに仮想通貨やビジネス、海外での暮らしに役立つ情報が提供されているようです。

リバティーレジデンツで閲覧できるコンテンツの1つが「情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像」というものがあります。

このコンテンツはどういったものなのか、その概要をご紹介しましょう。

 

 

情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像の概要

白石達也は起業後、たった1つの教材で1年間に8億円の売上と達成しています。

「情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像」では、白石達也の経験を基に情報ビジネスで成功するための手法がまとめられています。

数ある手法の一部ではなく、全体像をそのまま伝授してくれるというので、何とも太っ腹なコンテンツでしょう。

ただ、情報ビジネスで稼ぐ手法は難しいというイメージを持つ方は多いはずです。

しかし、白石達也が伝授する手法は至ってシンプルなので、難しいことを考えずに稼ぐための初歩知識が得られます。

将来、情報ビジネスを通じて資金の構築を実現したいと考えている人に適したコンテンツでしょう。

 

そもそも情報ビジネスとは?

そもそも、情報ビジネスについて正しく理解している人はそれほど多くはないでしょう。

電子ビジネス系の学校では「情報ビジネス学科」というものがあります。

これはコンピュータに関する高度な知識と技術を得て、ビジネス活動で活かせる実践力・応用力を育てる学科です。

つまりITWeb系や技術系の仕事に就くことを目的にしている学科になります。

 

ネットで「情報ビジネス」と検索すると電子ビジネス系の学校がたくさん表示されますが、ここで提唱する情報ビジネスとはそれとは異なります。

情報ビジネスとは「情報」を商品として販売し、利益を獲得するビジネスのことを指します。

販売する情報はお金の稼ぎ方だったり、生活に役立つ情報であったり、有益性のある情報なら何でも構いません。

ネット上ではコラムサイトやキュレーションサイトなどがありますが、あれも一つの情報ビジネスでしょう。

無料で誰でも読めるものもありますが、経済系などは有料会員制にしていることが多いです。

有料にしている情報は無料で公開しているものよりも遥かに有益性が高いので、お金をかけてでも欲しいと思う人は少なくありません。

 

しかし、ただ情報を発信すれば稼げるのかと言えば、そうではありません。

生活する上で必要不可欠なお金を対価に提供する情報なので、購入者にとって確実にメリットのある情報が求められます。

また、情報ビジネスは悪質なものも多く、人々にとってなかなか受け入れにくい商品です。

それを確実に売るためには、稼ぐための知識が求められます。

情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像では、白石達也が実際に行った手法の全貌が記されているので、真似るだけで成功の確立がグッと上がるでしょう。

 

成果を早く出したい人に最適

インターネットが普及したことで、Webを主体にしたサービスで起業を果たす人が増えています。

ただ、リアルビジネスと同じくネットを通じたビジネスも確実に成功する保証はりません。

むしろ、様々な情報が拡散していて、情報に踊らされるリスクの高い場だからこそ、リアルビジネスよりも難しいところがあります。

気長に待っていても収入が得られないため、稼ぐための取り組みが必要でしょう。

しかし、誰だって最初は初心者であり、直感的に稼ぎ方を知っている人はまずいません。

白石達也は一人で多くの人を成功に導きたいと考え、情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像を通じて稼ぐ手法を包み隠さず紹介しています。

情報ビジネスで早く結果を出したい人はぜひ活用してみましょう。

 

「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」は誰でもできるものなのか?

情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像を活用するにあたり、誰でも本当に実現できることなのか気になる方は多いでしょう。

実際に1年で8億円も稼げるのか、白石達也の実績や情報ビジネスの稼ぎやすさについて考察していきます。

 

白石達也が成し遂げた実績

白石達也は大学卒業後に情報商材を出し、有限会社エンハンスという名で起業を果たします。

起業後、「ランドオブハンモックYouTuber」という情報商材を販売しますが、白石達也はこの商材で8億の資産を構築しました。

ランドオブハンモックYouTuberは、「インフォトップ」という情報商材販売サイトにて販売されていました。

インフォトップは厳重な審査を設けており悪質とみなされた商材は省かれており、詐欺商材が一切ないことから顧客から厚い信頼を獲得しています。

ランドオブハンモックYouTuberは厳重な審査を通過して販売されているので、良質な商材であると分かります。

2014年にはインフォトップ内で人気商材ナンバーワンに選ばれた実績も持ちます。

白石達也は自身の商材を売るため、集客やセールスなどに力を入れていたのではないでしょうか?

販売を始めたからと、簡単にヒットするわけではありません。

ヒットさせるには宣伝や集客など何か購入に至るきっかけが必要です。

そのきっかけを掴む成功法則が分かれば、1年で8億円というのも実現可能だと考えます。

実現できる可能性は白石達也の実績から証明されていると思います。

 

情報商材は稼ぎやすいのか

情報ビジネスはリアルビジネスに比べると、ローリスク・ハイリターンと言われており、稼ぎやすいビジネスと注目されています。

なぜ情報ビジネスは稼ぎやすいのか、そのメリットをご紹介しましょう。

 

利益性の高さ

何か物を作るためには原料集めから始めなければならず、原価コストが発生します。

しかし、情報は基本的にお金をかけずとも入手は可能です。

自ら考えた情報なら利益率が高く、売上はそのまま純利益となります。

 

在庫がいらない

無形商品であるため在庫を持つ必要があります。

在庫があると品質管理や維持にコストがかかり、商品が売れず在庫に残ったままの状況が続くといったリスクを回避できるでしょう。

 

継続的な収入を得られる

情報ビジネスは月額会員制のスタイルでの販売もできるので、それを活用すれば継続的な収入が見込めます。

ただ、継続利用を維持するためには、常に新しい情報やサービスを提供し続けることが重要です。

 

小資本でも始められる

お店を開く必要はなく、起業に必要なのはインターネットの利用料金やレンタルサーバー代、コンテンツを作成するツールぐらいです。

これらは多額な資金でなくても確保しやすいので、小資本でもスタートできます。

白石達也はなぜ「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」を発信しているのか

白石達也が「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」を発信しようと考えるきっかけは、時代の流れに沿った学びを提供しなければいけないという考えが強くなったからです。

元々時代の流れに沿った学びをしていくことが必要だと考えていた白石達也ですが、どうしたらその学びができるのか、時代に沿った学びの重要性はどれほどのものかということはなかなか理解してもらうことが難しかったのです。

そこで、「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」というコンテンツを発信し、最先端の情報を手に入れ、情報ビジネスで成功していくためのポイントを伝えようとしました。

 

将来の不安を払拭するためにも必要な知識

白石達也は、リーマンショックを経験し、会社が必ず存続し続けるという保証はないということに気が付きます。

会社に勤め、定年退職したら年金がもらえるという時代は終わりを告げようとしています。

現在働き盛りの人が定年退職をしても、年金をもらえる保証はないからです。

それでは必死に働いたとしても不安が残ってしまいます。

そのため白石達也は、長期的に安定した収入を得るためにはどうしたら良いのかを考えるようになったのです。

今までのようにただ同じ仕事を続けているだけでは、収入を高めることはできないとも考え、収入を高めるためには時代の流れに沿った学びをしていくことが必要だと改めて思うようになります。

時代の流れに沿った学びをすることによって、自分自身の成長にもつながるため、必然的に収入アップにつながるというわけです。

 

白石達也の実体験が元になっている「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」

「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」は、白石達也の実体験を元にしたコンテンツです。

実体験が元になっているということは、コンテンツ自体の再現性が非常に高いということになります。

「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」では、情報ビジネスの基本的な部分から丁寧に解説されているため、情報ビジネスに関する知識がない初心者にとっても分かりやすい内容になっているのです。

つまり「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」は、これからビジネスを始めようとしている人や情報ビジネス業界に興味はあるという人におすすめのコンテンツだと言えます。

白石達也もそのような人が知識を深めるツールとして利用してほしいと考えているはずなので、まさに需要と供給が一致するケースがこれからビジネスを始めようとしている人や情報ビジネス業界に興味はあるという人の利用ということになるでしょう。

これからビジネスを始めようとしている人や情報ビジネス業界に興味はあるという人が「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」のコンテンツで学ぶことで、情報ビジネスに関する適切な知識を身に付けられるだけではなく、将来の不安を払拭するためにも必要な知識も身に付けられます。

また、そのような人に「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」の学びを提供すると、情報ビジネスに関する最先端の知識を身に付けた人が増えることにもなります。

白石達也は、そのような状態を望んでコンテンツを発信しているため、白石達也が望む生き方や考え方を肯定する人が増えることにもなるでしょう。

 

 

「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」は、白石達也の実体験が元になっているため、同じような考え方や境遇の人は理解しやすいはずです。

もちろんそうではない人にとっても、「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」のコンテンツで学べる内容は有益なもので、将来の不安を払拭させたいという人にとっては最高のコンテンツだと感じるでしょう。

 

 

白石達也のまとめ

白石達也は、たった1年で億単位の資産を築いた若い実業家です。

今でこそ成功者として知られていますが、白石達也は暗い過去も持っています。

学生時代にはいじめを苦に自殺を図ろうとしたこともあるほどでした。

しかし、その苦しみを糧に勉強に励んだ白石達也は、早稲田大学商学部を卒業し、卒業後は就職ではなく起業という道を選びました。

なぜ起業をしようと考えたのかというと、大学在学中に開発した「神龍クラブ」やFX取引予測システムなどで成功を収めたからです。

そして、28歳という若さで有限会社エンハンスの取締役に就任します。

有限会社エンハンスでは、コンサルティング業や情報コンテンツの販売など様々な事業を行いましたが、「ランドオブハンモックYouTuber」では特に大きな成果を上げました。

 

そんな白石達也が手掛けているイロアスの会員が利用できるリバティーレジデンツというサービスでは、「情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像」というコンテンツを発信しています。

これは、白石達也が起業してから1つの教材だけで、1年で8億円という売上を達成した実体験が元になっています。

そのため、再現性も非常に高く、内容もシンプルなので、難しいことを考えなくても稼げる知識を提供していると言えるでしょう。

情報ビジネスを活用して資金の構築をしていきたいと考えている人にとっては最適なコンテンツです。

また、リアルとネットを融合させたようなビジネスを展開していきたいと考えている人にとっても、有益な学びが得られるコンテンツとなっています。

ネット上には様々な情報があり、嘘の情報に踊らされてしまうというリスクももちろんあります。

しかし、白石達也が発信している「情報ビジネスで1年で8億円稼いだ全体像」で学ぶことによって、そのリスクを回避する方法も身に付きます。

なぜそこまでの内容を白石達也は発信しているのかというと、白石達也自身の経験から1人でも多くの人のサポートをしていきたいという思いがあるからでしょう。

「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」は、数々の実績を残している白石達也という実業家が発信しているコンテンツであるため、正しい情報を発信していることは確実です。

そのため、「情報ビジネスで1年で 8億円を稼いだ全体像」での学びは、これからの時代にも必要なものだと言えます。

そして、情報商材自体のイメージを良くするためにも、正しい情報を取り入れたコンテンツを発信しているのではないかと考えられます。

関連キーワード
その情報本当?の関連記事
  • 日大事業部が影で大学を支える!大学経営の裏側に迫る!
  • 東亜産業の寄付活動
    東亜産業の寄付活動の噂/採用情報/製品などを調査!
  • オウケイウェイヴの元社長は反社?仮想通貨で告発/提訴の真相とは?
  • エヌティーエイチ
    エヌティーエイチの白髪染めって本当に染まるの!?
  • 安田昌夫
    それって嘘?本当?安田昌夫さんから聞いた歴史の豆知識
  • 副業アカデミー
    副業が嫌われる時代?副業を教える副業アカデミーが怪しいって本当なのか
おすすめの記事