• めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
白石達也と東晃慈、それぞれのサービスを徹底比較!

こんにちは!

本日は白石達也のリバティーレジデンツと東晃慈のサービスを取り上げてみます。

読者の皆様はそれぞれのサービスについてどんなイメージを持っているでしょうか?

白石達也と東晃慈のサービスはどちらも仮想通貨が関連しているコンテンツとなっています。

しかし、その提供方法であったり内容というのは大きく異なっているのです。

今回はそんな白石達也と東晃慈のサービス内容を徹底比較し、さらに人物についても迫ってみたいと思います。

それぞれのサービスにどんな違いがあるのか気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

白石達也のプロフィールと経歴

若手の実業家として成功している白石達也は、順調に成功までの道のりを歩むことができたのでしょうか?

まずは、若くして実業家として成功することができた白石達也のプロフィールや経歴を見ていきましょう。

 

 

白石達也のプロフィール

白石達也は、1986526日に東京都で某大手航空会社に勤めるサラリーマンの父と外資系の会社に勤める母親との間に生まれたました。

過程環境は比較的裕福で、育ち母親の厳しい教育のもと成長していきました。

白石達也には兄が一人いるようですが、破天荒な性格のため親との喧嘩も多かったようです。

小学や中学時代には論語の本に興味を持ち、中学では生徒会長になるなど学生時代から真面目に生活していたようですが、高校時代ではオシャレもしない真面目な性格だったために同級生から「キモイマン」というあだ名でからかわれていた時期もあったようです。

そういったことから自分に自信を持つことができない時期が長く続きましたが、リセットする気持ちを込めて自ら浪人生となり、早稲田大学へと進学しています。

そんな白石達也は、卒業して就職をするという一般的な道のりに疑問を感じ、中退を考えていた時期もありました。

しかし、両親に泣いて止められたことでそのまま卒業することになりました。

卒業までの期間は、勉強にも身が入らず就職活動にも疑問を感じていたために活動はしていなかったのですが、個人で稼ぐことを考えて学生時代に起業することを決意しました。

その流れから自分自身でブログを立ち上げ、アフィリエイトやFX取引の予測システムなどを販売し、成功を収めるようになりました。

 

 

白石達也の経歴

学生時代から起業をして成功していた白石達也は就職をせずに卒業し、個人での活動を続けていました。

そんな中でも伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏とは白石達也をさらなる成功への道につないでいく人物でした。

伊勢隆一郎氏とは、「神龍クラブ」というプログラムを一緒に立ち上げ、様々な学びを提供していました。

「神龍クラブ」は、ユーザー全てを成功に導くことを目的に、年商1億円を超える人物や年収1000万円を超える人物を生み出したことでさらなる注目を集めます。

そして、その後も様々な経験を積んだ白石達也は、28歳にして有限会社Enhanceの取締役になりました。

有限会社Enhanceでは、情報コンテンツの販売やコンサルティング事業、映像制作など、様々な事業を行ってきました。

有限会社Enhanceのサービスの中でも「ランドオブハンモックYouTuber」は有名です。

インターネットビジネスは動画の時代であると早い段階から考えていた白石達也は、ランドオブハンモックYouTuberという100年以上もの歴史のあるマーケティング手法を教える教材によって、数々の人物を成功させることができたのです。

そして、2015年の時点で年商5億円規模の会社へと成長させました。

 

 

白石達也の現在

白石達也は現在、株式会社ALCHEMATIONの創設者としてビジネスについて学ぶことができるサイトを運営しています。

株式会社ALCHEMATIONalchemiでは、誰でも手軽に登録することができ、自宅でオンライン学習ができるコンテンツで世界最高水準の教育を受けることが可能です。

日本でもトップの専門家によるコンテンツやリアルで学べる講習会など、様々な学び方があるので自分に最適な方法を見つけて学習ができます。

また、IROASでは学びで自由を手に入れることをコンセプトに6つの自由を手に入れる旅路を提供しています。

 

このように、白石達也は幼少期から様々な経験をして成功を収める人物へと成長してきました。

今後も日本だけではなく世界に羽ばたいていく人物となり、さらなる成功を収めることが予想できるので動向に注目していきたいと人物の1人と言えるでしょう。

 

 

白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也は様々なサービスを提供していますが、その中に「リバティーレジデンツ」と呼ばれるものがあります。

今までの教材とは全く違うものとなり、新しい収入スタイルを確立できるよう学べるプログラムです。

リバティーレジデンツは、IROASで学べるプログラムですがIROAS会員でなくても購入することは可能なので、興味があればチェックしてみると良いでしょう。

ここでは、そんなリバティーレジデンツについて説明します。

 

 

リバティーレジデンツとは?

リバティーレジデンツとは、居住地の自由を手にすることがテーマの教材で、自由を手にするために質の高い情報を手に入れることができるコンテンツです。

詳しい内容としては、仮想通貨に関する専門的な知識を学べるサービスとなり、投資する方法や節税するためのポイントなど幅広く学べるので、仮想通貨に対する知識がゼロであっても安心して知識を習得することが可能となっています。

また、リバティーレジデンツの柱は、インターネットビジネス・投資・旅行・移住・節税・語学の6種類で、特にインターネットビジネスと投資には力を注いでいるため、興味を持っている方は活用してみると良いでしょう。

 

 

専門的な知識を学ぶ方法とは?

上記のような幅広い知識を習得するためにリバティーレジデンツはどういった教材を利用しているのでしょうか。

仮想通貨に関する専門的な知識を学ぶための教材には、100ページほどのPDFファイルを用意しています。

専門的な知識や基本的な事柄もまとめてあるので、仮想通貨初心者の方でも読むだけで知識を習得できます。

その他にも、3時間ほどのビデオトレーニングコースも用意しています。

読むだけではなく、目で見て耳で聞きながら学べるので、より知識を習得しやすくなっていると言えるでしょう。

さらに、毎月配信されるニュースレターでも学ぶことが可能です。

仮想通貨に関することや投資に関することなど、自由を手に入れるために役立つ情報が満載なので様々な方法で成果の出る学びを深めることができます。

 

 

リバティーレジデンツで学べる仮想通貨を成功させるためのポイント

リバティーレジデンツでは、仮想通貨の投資を成功させるために4つのポイントを学ぶことができます。

それは、なくなっても良い金額を投資に充てること、出口をしっかり決めておくこと、堅実タイプか一発逆転タイプか投資スタイルを決めておくこと、投資のスタイルに最適なポートフォリオを組むことの4つです。

そして、リバティーレジデンツではその他にも長期的に資産を増やすことができるオプトインATMシステムを導入しているため、収益が徐々に安定していくことが見込めます。

 

 

リバティーレジデンツはどんな仕組み?

リバティーレジデンツは、専用のサイトに会員登録することで、様々な講座を受講することができます。

パソコンとインターネットがあれば、自分の好きな場所や時間に学ぶことができるので、仕事や家事の合間にも受講可能です。

また、リバティーレジデンツでは毎月ビジネスアイデアやオプトインATMシステムの稼働ポイントなどを知ることができるレポートを毎月受け取ることができるので非常に役に立つでしょう。

それだけではなく、投資関係の情報や株式を売買するタイミングなど、今後の動きに関するアドバイスも入手できます。

そんなリバティーレジデンツでは、このようにお金を稼ぐために知っておきたい経済の仕組みを好きなタイミングで学ぶことができるだけではなく、仮想通貨に関する正しい知識を身につけることができると言えます。

 

 

リバティーレジデンツのプログラムは、オンライン講座で学習することができるため、ちょっとした空き時間を活用することもできます。

仮想通貨や経済に関する正しい知識や自由に生きていくためのポイントを知ることができれば、世界のどこにいても不自由なく充実した生活を送ることができるでしょう。

 

 

東晃慈のプロフィールと経歴

フルタイムビットコイナーとして知られている東晃慈をご存じの人はどのくらいいるでしょうか。

ここでは、フルタイムビットコイナーとして知られている東晃慈のプロフィールや経歴を見ていきましょう。

 

 

東晃慈のプロフィールと経歴

東晃慈は、1988年に茨城県つくば市に生まれました。

高校を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校環境経済学科に進学し、卒業しています。

大学卒業後1年半くらいは、企業に勤めてマーケティングやリサーチなどを担当していました。

2014年、ビットコインの技術やコンセプトなどに衝撃を受けた東晃慈は、フルタイムビットコイナーとしてビットコインを専業にするようになりました。

そんな東晃慈は、金融機関のブロックチェーンを応用したプライベートブロックチェーンではなく、ビットコインなどが利用しているパブリックブロックチェーンに本質があるという考えを持っています。

現在は、IndieSquareの共同創業者となっていて、ブロックチェーンの技術をゲームやコンテンツクリエイションなど様々な分野に応用することに力を入れているのです。

IndieSquareは、特に暗号トークンの領域に力を入れていて、難しい内容やコンセプトであっても分かりやすい説明を心がけています。

また、ビットコインやブロックチェーン業界において、エキスパートの位置づけになっています。

個人ブログやオンラインサロンの共同運営、ポッドキャスト放送、イベント開催など様々なチャレンジをしていて、国内外に情報発信を行っています。

 

 

フルタイムビットコイナーとは

フルタイムビットコイナーは、ビットコインや仮想通貨に時間を使っている人のことです。

記事の作成や海外プロジェクトへの協力など様々なことをやらなければいけないため、常に勉強をしなければいけません。

日本にはまだまだフルタイムビットコイナーは少ないのですが、仮想通貨関連のビジネスも増えてきたことから、今後は本気で取り組む人も増えていくことでしょう。

フルタイムビットコイナーになることで、自分のやりたいことに専念する時間を作ることができたり、業界の最先端を走ることができる可能性があるなどメリットもたくあんあります。

フルタイムビットコイナーとして生計を立てることが難しくなってしまったり、周囲に誤解されてしまうなどリスクやデメリットも存在しています。

世界の最先端のビットコイン事情についていくためには、フルタイムビットコイナーとして活躍する東晃慈のような人が有利になることは確かでしょう。

 

 

東晃慈の代表的なサービスとは

東晃慈は、フルタイムビットコイナーとして様々なサービスを提供しています。

ここでは、東晃慈がどのようなことをやってるのか見ていきましょう。

 

 

仮想通貨ブログ『ビットコインダンジョン』

東晃慈は、『ビットコインダンジョン』というブログを運営していて、不定期に記事を更新しています。

ブログ記事には、仮想通貨に関する専門的な内容も含まれますが、初心者向けの記事やネタ系の記事も投稿されているため、読みやすい内容と言えるでしょう。

『ビットコインダンジョン』は、仮想通貨界で有名な人からも分かりやすいと評判になり、ツイッターなどで紹介されるほどです。

このことから、東晃慈が仮想通貨の世界で注目されていることがわかるのではないでしょうか。

 

 

オンラインサロン『ビットコイン研究所』

東晃慈は、仮想通貨の世界で有名になっている大石哲之という仮想通貨ブロガー兼エンジェル投資家と一緒に『ビットコイン研究所』というオンラインサロンを運営しています。

『ビットコイン研究所』は、有料会員のみが利用できるコンテンツになっていますが、仮想通貨の世界で有名な東晃慈と大石哲之が運営しているサロンなので、価値のある情報を得ることができると話題になっているのです。

有料会員に登録すると、ニュースのまとめや投資の判断材料になるもの、関連した技術に関する情報などが定期的に配信されます。

そのため、仮想通貨に関する様々な情報を得ることができます。

それ以外にも、今までの研究レポートを見ることができたり、質問に答えてもらうこともできるようです。

仮想通貨に関する知識を身につけたり、情報収集をしたいけどなかなか自分で時間を作ることが難しいという人にはぴったりなサービスと言えるのではないでしょうか。

 

 

動画配信『ビットコイナー反省会』

動画配信『ビットコイナー反省会』は、東晃慈が最も力を入れているサービスの1つです。

東晃慈はブログだけではなく『ビットコイナー反省会』でもトレンドや関連する技術の解説を行っています。

その他にも『ビットコイナー反省会』では、仮想通貨の世界で有名な人のインタビューを行ったりするなど、様々なコンテンツを配信しているのです。

非常に分かりやすく楽しめるコンテンツを配信しているため、ファンが多く、文章を読むのが苦手な人にもおすすめできるコンテンツと言えるでしょう。

動画だけでなく、ライブ配信も行われるため、リアルタイムで質問に答えてもらうこともできます。

 

 

動画配信『コインストリート』

東晃慈は、『コインストリート』という動画プラットフォームを仮想通貨ブロガー兼仮想通貨である平野淳也と共に運営しています。

『ビットコイナー反省会』は無料で見ることができるコンテンツですが、『コインストリート』は有料のコンテンツです。

『コインストリート』は、表で議論しにくい内容についても徹底的に議論を行い、解説しています。

それは、仮想通貨や関連するプロジェクトへの投資を考えている人にとっても有益な情報になるはずです。

それ以外にも、海外コミュニティーの新しい情報をレポートしているため、日本ではなかなか知ることができない情報も手に入れることができます。

仮想通貨の動向は、海外の出来事によっても大きく左右されてしまうため、海外の情報を手に入れることができるのは役に立つのではないかと考えられます。

 

 

IndieSquare社を共同創設している

東晃慈は、ブログや動画などで様々な情報を発信していますが、2015年には株式会社『IndieSquare』を共同創設しています。

創設者としてだけではなく、トークンエコノミーにおけるパイオニアとしても熟知されているのです。

IndieSquare』は、個人でもブロックチェーンを簡単に取り入れることができるようにすることを掲げ、深い知識がない人でもブロックチェーンができるようにするサービスを提供しています。

 

 

比較してみた結果

白石達也と東晃慈は、2人とも仮想通貨に関係するサービスを提供しています。

しかし、この2人は経歴も違えば、提供しているサービス内容も異なっています。

ここでは、2人が提供しているサービスなどについて比較してみましょう。

 

 

2人の経歴の違い

白石達也は、学生時代から起業をして成功していた白石達也は就職をせずに卒業し、個人での活動を続けていました。

そんな中でも伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏とは白石達也をさらなる成功への道につないでいく人物でした。

伊勢隆一郎氏とは、「神龍クラブ」というプログラムを一緒に立ち上げ、様々な学びを提供していました。

その後も様々な経験を積んだ白石達也は、28歳にして有限会社Enhanceの取締役になりました。

2015年の時点で年商5億円規模の会社へと成長させました。

 

東晃慈は、高校を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校環境経済学科に進学し、卒業しています。

2014年、ビットコインの技術やコンセプトなどに衝撃を受けた東晃慈は、フルタイムビットコイナーとしてビットコインを専業にするようになりました。

そして、個人ブログやオンラインサロンの共同運営、ポッドキャスト放送、イベント開催など様々なチャレンジをしていて、国内外に情報発信を行っているのです。

 

 

提供するサービスの違い

白石達也は様々なサービスを提供していますが、その中にリバティーレジデンツと呼ばれるものがあります。

今までの教材とは全く違うものとなり、新しい収入スタイルを確立できるよう学べるプログラムです。

リバティーレジデンツとは、居住地の自由を手にすることがテーマの教材で、自由を手にするために質の高い情報を手に入れることができるコンテンツです。

 

東晃慈は、フルタイムビットコイナーとして様々なサービスを提供しています。

仮想通貨ブログ『ビットコインダンジョン』やオンラインサロン『ビットコイン研究所』、動画配信『ビットコイナー反省会』、『コインストリート』、IndieSquare社を共同創設をして、ビットコイン界に影響を与えているのです。

 

 

2人は、仮想通貨に関するサービスを提供していますが、それぞれ切り口が異なり、始めたきっかけも異なります。

どちらのサービスが合っているかは人によって違うと思うので、仮想通貨について学びたいと考えた時にサービス内容を比較してみるとことをおすすめします。

もしも、居住地の自由を手にして収入を得たいと考えている場合は、どこにいても質の高い情報を手に入れることができると言われている白石達也のリバティーレジデンツを検討してみると良いのではないでしょうか。

関連キーワード
FAKENEWS特集の関連記事
  • テレビを見る子供
    悲しいニュースだけじゃないよ 今日も「虚構新聞」はコロナを笑いに変えるのだった
  • ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーションが怪しい?実態を調べてみた!
  • アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?
  • 坂本よしたかの稼ぐ方法で億万長者になれるのか検証しました
  • 【メディアでも話題】株式会社シロカの噂・口コミを徹底検証!
  • オープンハウスの採用情報を徹底分析|ブラック・年収・評判・クチコミなど
おすすめの記事