• その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
白石達也と市場健佑の経歴やサービスを比較してみた!

こんにちは!

本日は白石達也と市場健佑のプロフィールやサービスなどについて取り上げてみます。

読者の皆様はそれぞれのサービスについてどんなイメージを持たれているでしょうか?

白石達也のリバティーレジデンツは主に居住地の自由を目的としたサービス、市場健佑はFXや仮想通貨に関連したサービスの提供を行っています。

どちらも仮想通貨が関わっているのですが、それぞれのサービスにはどのような違いが見られるのでしょう?

今回は白石達也と市場健佑それぞれのプロフィールから上記サービスの特徴を比較してみます。

白石達也と市場健佑の情報商材に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

白石達也のプロフィールと経歴

白石達也は若き実業家としてビジネス界で異彩を放ち続けています。

若くして成功し億単位のお金を稼ぎだしている彼は、どのような人生を歩んできたのでしょうか。

彼が成功を手にするまでの道筋について、生い立ちから順に紹介していきましょう。

 

白石達也の生い立ち

白石達也は昭和61年に東京都で生まれています。

ちょうどバブル経済が始まろうとしていた大都会・東京に生まれた彼は、大手航空会社に勤める父と外資系企業のキャリアウーマンとして活躍していた母、そして兄という家族構成の中で育ちました。

インテリな両親、裕福な家庭、世の中が豊かさを享受しているという環境が、彼の幼少期のバックボーンです。

兄がいますが、革命児と呼ばれている白石達也の兄もなかなか型破りな性格だったようです。

既存の価値観に囚われない考え方は兄弟で似ていたのかもしれません。

ただし、彼の兄は両親と度々喧嘩をしており、そんな時の白石達也は喧嘩の場をそっと離れるような子どもだったそうです。

両親の世代は土地が投資の対象で、大きな企業に務めれば年功序列で給料が上がるのが当たり前と考えられてきました。

しかし、白石兄弟が育ってきた時代は土地神話が崩れ、株券が一夜にして紙くずと化すバブル崩壊を経験しています。

これらの出来事は幼心にも強烈なインパクトだったはずです。

既存の価値観に囚われない型破りな性格となるのも頷けます。

白石達也は小学生の頃から読書家で、論語などにも親しんでいました。

書籍などを通して知識を得るという原体験も小学生時代からのものでしょう。

 

高校時代の白石達也

高校に入学すると、同級生とそりが合わないことが増えたようです。

白石達也は、自分に必要がないと思う事には関心を示さないようなタイプだったため、オシャレや身だしなみには無関心でした。

今の洗練された彼の姿からは想像できませんが、同級生からはひどい言葉をもらうこともあり、容姿に関する蔑称までつけられていじめられていました。

いじめを受けながら過ごした高校生活で、彼の自尊心は傷つき、次第に自信を失ってしまうというトラウマにも陥りました。

白石達也にとって高校時代は暗黒の時代ともいえそうです。 

大学在学中の白石達也

一念発起し大学へ進学を決意した白石達也は、早稲田大学商学部へと入学します。

早稲田大学商学部と言えば、各界でトップランナーとして活躍する人材を数多く輩出している名門です。

白石達也は大学の授業だけでは飽き足らず、ビジネスのセミナーや自己啓発セミナーなどに積極的に参加し研鑽を積みました。

そんな中で伊勢隆一郎氏や村上むねつぐ氏の存在を知り、彼らとつながりを築いていきます。

伊勢隆一郎氏に認められ、彼とは「神龍クラブ」を開発し販売、大きな成功を収めました。

彼の大学在学中にはサブプライムローン危機に端を発した連鎖的な世界規模の金融危機が発生しています。

長期的な不況の最中にあった日本は直接的な影響は少なかったものの、軽微で済んでいたはずのダメージが輸出産業を中心に深刻化し、結果的に景気後退への道を進んでいました。

そのような時代背景の中で、白石達也は不確実な世の中で成功していくには、正しい知識や正確な情報、そして自分の力で稼いでいく覚悟が必要であると考えるようになったようです。

父が勤務する大手航空会社も世界的な金融危機のあおりで、次第に業績が悪化しており、エリートの父が苦労をする姿を目の当たりにしたことも、その後の彼の生き方に影響を与えたことでしょう。

 

白石達也の現在

「ランドオブハンモックYouTuber」で成功し、年商5億円規模の会社を育て上げた白石達也は、現在ではYouTuberという肩書というより、株式会社ALCHEMATIONの創立者であり、はIROAS(イロアス)の総責任者です。

インターネット社会に合致したオンライン学習ビジネスの革命児として、今後の活躍にも注目が集まりそうです。 

白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也が手掛けた最新のプログラムが「リバティーレジデンツ」です。

IROAS会員向けのサービスの1つという位置づけですが、非会員でもプログラムの購入が可能となっています。

その革新性からビジネス界でも話題となった「リバティーレジデンツ」について詳しくご紹介しましょう。

「リバティーレジデンツ」とは

「リバティーレジデンツ」は直訳すると自由(リバティー)な居住空間(レジデンツ)を意味します。

白石達也が「リバティーレジデンツ」に込めた理念は「何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」です。

それを実現する手法として仮想通貨での成功を含めトータルで収入に革命を起こし、資産を増やすテクニックを学ぶプログラムが「リバティーレジデンツ」となっています。

 

「リバティーレジデンツ」で学ぶ内容とは

新しい収入スタイルとして注目され始めた仮想通貨ですが、知識がないまま取り組んでも成功は望めません。

仮想通貨についての基礎知識は当然必要ですが、より専門的な知識を身に付けることが収益につながっていきます。

「リバティーレジデンツ」では、仮想通貨の概要から専門知識までを網羅し、その他にも投資におけるポイントや、節税の手法なども総合的に学べる内容となっています。

実践に使える知識のみならず、金融制度の歴史や株式市場の仕組み、仮想通貨の本質など、経済全体について幅広く学ぶ体験を通して、仮想通貨での収入革命が実現可能となるでしょう。

「リバティーレジデンツ」の特徴

会員サイトにアクセスするだけという手軽さで、専門的な知識を基礎から学んでいける画期的なプログラムが「リバティーレジデンツ」です。

インターネット環境とパソコンさえあれば、自由な時間に自由な場所で学びをスタートすることが可能です。

定期的に届くレターには、仮想通貨について徐々に理解を深める工夫が施されているため、初心者でもいつの間にか仮想通貨の達人へと成長できる仕組みとなっています。

オプトインATMシステム稼働の効率や、専門家が注目するビジネスアイデアなどについても定期的なレポートを受け取れるため、ビジネスを成功させる環境も整っています。

投資には正確な情報をタイミング良く入手することが非常に重要なので、「リバティーレジデンツ」からの情報提供が役に立つでしょう。

仮想通貨で成功するポイント

「リバティーレジデンツ」が仮想通貨で成功したい人に向け提唱する4つのポイントについて特別にご紹介します

まず、仮想通貨にて運用する金額は失っても困らない金額を限度とします。

次に、冷静な判断ができるように出口戦略を明確にしましょう。

また、自分自身の投資スタイルは堅実タイプなのか、一発逆転タイプなのかをはっきりさせるようにします。

そして最後のポイントとして、適切なポートフォリオの組み方を知ることが大切です。

かいつまんで説明しましたが、実践で忘れてはいけない最低限のポイントが上記の4点となります。

詳しい内容は「リバティーレジデンツ」で学べるので、仮想通貨で成功したい場合はプログラムへの参加をおすすめします。

また、仮想通貨で得た収益を長期的に運用し資産として増やしていくためにオプトインATMシステムも導入しています。

収益の安定化も「リバティーレジデンツ」がサポートします。

気軽に、確実に仮想通貨を始めよう

働き方革命が叫ばれる中、サラリーマンとして一生を終えるのも人生ですが、仮想通貨で革新的な収入システムを構築できるのも、現代だからこそ選択できる人生です。

サラリーマンでも、主婦でも、誰もが自由に「何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」が可能な世界が存在しています。

「リバティーレジデンツ」での学びを通して、これからも多くの人が新しい人生を手に入れることができるでしょう。

 

市場健佑のプロフィールと経歴

白石達也と同様に情報商材を手掛けている人物を紹介していきたいと思います。

今回は、市場健佑についてご紹介していきましょう。

市場健祐はどういった人物なのでしょうか?

 

市場健佑の人物像

市場健佑の詳しい人物像については調べても出てきませんでした。

ただ、経歴は少し出てきたのでご紹介していきたいと思います。

市場健佑は大学生の頃から携帯販売などを手掛けており、学生時代からお金を稼ぐ方法を身に付けていたようです。

その後は独学でFXを学び、トレーダーへと転身しています。

2015年頃から独自のトレードルールが確立され、そこから勝てるようになったと言われています。

FXで稼いだ資金を使って会社を設立し、現在は自身が確立させたFXのトレードルールや仮想通貨に関する情報商材を販売しているようです。

Facebookなどでプライベートの写真を載せていることがあるのですが、その中には肉料理の写真や甘い物の写真が多いように見受けられます。

恐らく、市場健佑は肉料理と甘い物が好物なのではないかと考えられます。

また、神社の写真やおみくじを引いている写真も残っており、日本の伝統的なもの、神聖なものを好んでいることも考えられるでしょう。

市場健佑が用いるFX手法

市場健佑が確立させたFXの手法は、詳しくは分からないものの、「ウォルフ波動」を活用するトレードスタイルであることは分かりました。

ウォルフ波動とは、ビル・ウォルフが提唱した波動理論のことで、元々は物理学の理論として提唱されていた理論でした。

しかし、現在では相場でも効果があることが分かり、FXなどでも利用されています。

ウォルフ波動はトレンドラインを引いてトレードするスタイルなのですが、チャートを見た時にウォルフ波動に該当する動きが見られたら、トレンドラインを引き、その延長線上にあるポイントで売買すると利益が出やすいというものになります。

ウェッジやチャネル形成によって生まれる波動なのでチャート上でウォルフ波動が該当する動きが見られたとしても、実際にはかなり気付きにくいというデメリットが見られるのですが、市場健佑はそういったデメリットも解消する手法を確立したのではないかと考えられます。

市場健佑の代表的なサービスとは

市場健佑は、仮想通貨やFXに関する情報商材を手掛けています。

ここでは、市場健佑が手掛けている情報商材にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

FX INNOVATION CLUB

FX INNOVATION CLUBは、市場健佑が講師をしているトレードについて学べるFXコミュニティ商材の1つです。

市場健佑ならではのトレードのロジックやトレードに対する考え方、取り組み方などを教材の中で説明しています。

その中で、FX INNOVATION CLUBの特徴的なポイントがあります。

それは、チャットワークを利用したグループチャットによるサポートがあるということです。

そんなFX INNOVATION CLUBでは、5分足トレードをメインにしているため、特別なインジケーターなどを使うことはありません。

一般的に普及しているMACDなどを利用しているので、王道のトレード手法を身に付けることができます。

そのため、参加しているトレーダーの実力を底上げできる可能性が高い商材と言えるでしょう。

市場健佑がFX INNOVATION CLUBの中で説明している考え方を身に付けることができれば、今までなかなか勝つことができなかったトレーダーも成果を上げることができるはずです。

 

FX INNOVATION CLUBで学ぶことで勝てるようになるのは、トレードルールを理解することができるということが最も大きなポイントになり得るでしょう。

なかなか勝つことができないトレーダーは、トレードルールをあまり理解していないケースが多くなっています。

そのため、実力派トレーダーである市場健佑から王道のトレードルールを学ぶことで実力を身に付ける第一歩を踏み出せるというわけです。

 

FXトレードの実力を身に付けたいという方にとってFX INNOVATION CLUBは、学習手段として非常に有効だと言えるでしょう。

バブリー

バブリーは、市場健佑と松宮義仁が2人で販売した仮想通貨のトレードツール商材です。

松宮義仁は、ソーシャルでの影響力がかなり大きい人でもあることから、バブリーは注目の商材となっています。

バブリーが販売された時期は仮想通貨による投資がかなり注目されていて、松宮義仁自身もNAGEZENIという仮想通貨を販売していました。

バブリーのような高額ネットビジネス塾の評価はどうしても悪くなりがちですが、ソーシャルでの影響力がかなり大きい松宮義仁とコラボをしたバブリーは評価されるのではないかと考えられていました。

 

では、バブリーがどのような内容の商材なのか見ていきましょう。

バブリーは、仮想通貨の投資に関連する情報を発信するWEBセミナーです。

仮想通貨のトレードを行うのは比較的勝ちやすいからだと市場健佑は語っています。

仮想通貨のトレードを行う場合は、市場健佑がツールでシグナル配信した通りにトレードをするだけという簡単な方法を取り入れています。

シグナル配信はメールで行われ、110分くらいで完了するというものです。

1日の利益はなんと1020%くらいまでいける仕組みになっているので、手軽に稼ぐことができると言えるでしょう。

バブリーを始める際に必要な費用は30万円なので、他の情報商材と比べても安い価格設定になっています。

 

バブリーでは、ビットコインを扱っているのでボラリティ大きさが心配されますが、安定させるためのノウハウも学ぶことができるのではないでしょうか。

 

 

市場健佑が手掛けているFX INNOVATION CLUBとバブリーは、数ある情報商材の中でも実力を身につけることができたり、結果を出すことができるものだと考えられます。

どちらの商材も現在は配信が終了していますが、市場健佑は今後新たな情報商材の発表をする可能性もあるでしょう。

多くの情報商材では、良いイメージを持たれないため新たな商材を発信することも容易ではないかもしれませんが、今までの経験などを活かした商材が販売されることに期待します。

 

比較してみた結果

白石達也と市場健佑はどちらもビジネスに関係する情報商材を販売している人物です。

しかし、2人の商材などには異なる部分ももちろんあります。

ここでは、改めて2人が手掛ける商材を振り返り、比較をしていきます。

白石達也が手がける情報商材について

白石達也は、リバティーレジデンツなどいくつかの情報商材をてがけています。

リバティーレジデンツは、自由な生き方を目指すためのノウハウを仮想通貨のトレードから学び、自由な生き方を手に入れようという考え方に基づいて作られました。

仮想通貨で収入を得るために必要な知識を学び、インターネット環境とパソコンがあれば誰でも取り組むことができる方法をレクチャーしています。

仮想通貨によるトレードの知識がない初心者にも分かりやすい内容になっているので、これからトレードを始めたいという人でも手を出しやすい商材と言えるでしょう。

そんなリバティーレジデンツでは、仮想通貨でトレードする際に忘れてはいけニアポイントもきちんと教えてくれるので、気を付けなければいけない点を意識しながら取り組むことができるのです。

長期的に安定した収入を得るためのオプトインATMシステムを導入しているという点においても、安心して利用できる商材だと言えるでしょう。

 

市場健佑が手がける情報商材について

市場健佑は、FX INNOVATION CLUBやバブリーといった情報商材を手掛けています。

市場健佑が手掛けている情報商材は、白石達也が手掛けている情報商材よりも学習の要素が強くなっています。

FX INNOVATION CLUBではトレードのロジックやトレードに対する考え方、取り組み方などを学ぶことができ、バブリーでは仮想通貨の投資に関連する情報を発信するWEBセミナーでシグナル配信した通りにトレードをするだけで利益が期待できるというものです。

市場健佑の情報商材は、充実した内容はもちろんですが、分かりやすい説明の中に結果を出すノウハウが詰め込まれているというイメージを持っていただければ良いのではないでしょうか。

また市場健佑は、影響力のある市場健佑とコラボしている点なども強みになっています。

市場健佑とのコラボによって、利用する人からの信頼を得ることもできますし、情報商材としての宣伝効果も大きいと考えられます。

 

 

白石達也と市場健佑は、お互いに仮想通貨に関係する情報商材を扱っていますが、このように異なる部分がたくさんあります。

仮想通貨のトレードをしながら、自由な生活を手に入れたいと考えている人の場合は、白石達也のリバティーレジデンツの方があっているかもしれません。

 

 

関連キーワード
FAKENEWS特集の関連記事
  • テレビを見る子供
    悲しいニュースだけじゃないよ 今日も「虚構新聞」はコロナを笑いに変えるのだった
  • ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーションが怪しい?実態を調べてみた!
  • アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?
  • 坂本よしたかの稼ぐ方法で億万長者になれるのか検証しました
  • 【メディアでも話題】株式会社シロカの噂・口コミを徹底検証!
  • オープンハウスの採用情報を徹底分析|ブラック・年収・評判・クチコミなど
おすすめの記事