• ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
オプトインキュベートはオプトとダイマーズラボの共同出資?採用/評判/年収は?

本日は、オプトインキュベートのFAKE情報を調査してみました。

オプトのグループ会社である同社について会社概要から事業内容、評判や採用の情報まで見ていきましょう。

 

投資育成事業を展開

オプトインキュベート

株式会社オプトインキュベートは、東京都千代田区に本社を構えるインターネット事業者であり、株式会社オプトホールディングのグループ会社の一つでもあります。

 

オプトグループ全体の売上高としては698億円、従業員数は1488名と大規模なものです。(双方とも2016年12月期連結)

 

事業開発および育成に特化したインキュベーターとして、株式会社オプトホールディングとダイマーズラボ株式会社の共同出資により2015年3月に設立されました。

 

人材・資金・技術などオプトグループの持つ資産およびノウハウを用いて、新規事業の量産、雇用機会の創出など、企業の成長のための社会貢献を実現していくことを理念としています。

 

主に投資育成事業を展開し、インターネットを活用したシェアリングエコノミーを中心に据えた事業開発を行っています。

 

現在、独自の主なサービスとしては「SNAPMART」、「PRIME CHEF」、「OFFICE PASS」、「DOT METRIX」などを展開、運営しています。

 

4つのサービスを展開

オプトインキュベート

オプトグループ傘下として、主に4つのサービスを展開している模様です。
1つ目は「PLIME CHEF」です。

これは、最寄りの駅などからシェフを選択予約して自宅で調理してもらえるサービスです。
ホームパーティーなどで料理を提供してもらえます。

 

2つ目は「SNAPMART」です。

スマートフォンのアプリを使って写真の売買が手軽に行えるようになるサービスで、その商品は高校企業などに購入されてネット広告やメディアの素材に利用されてることもあります。

フォロワーを多数持つフォトグラファー系インスタグラマーに撮影を依頼できるようにもなっています。
ただし、現在の運営は本社ではなくスナップマート株式会社が行っている模様です。

 

3つ目は日本経済新聞社と共同運営している「OFFICE PASS」です。

外出先で作業を行わなければならない場合、プライバシーやセキュリティの問題がありました。
それを避けるためのシェアオフィスを、複数事業者でネットワーク化したのがこちらのサービスです。
電子チケットを購入することで加盟オフィスのサービスを自由に使用できます。

 

4つ目は「Dot metrix」です。

こちらは株式会社イロドリとの合同出資から設立された株式会社Dot metrixが運営しているもので、Googleアナリティクスと連携してサイト分析を簡単に導入できるようにするものです。
中小企業やベンチャー企業に向けて開発されました。

 

出張シェフサービス、「PRIME CHEF」についての口コミ

ここではオプトインキュベートが提供する出張シェフサービス、「PRIME CHEF」についての口コミをご紹介していきましょう。

 

■肯定的な口コミ

ケータリングにちょっと飽き始めていたのでプライムシェフを知った時はすぐに予約してしまいました。 シェフを選べるのが新鮮。 作っている過程を目の前で見られるのも今までのケータリングとは違ってかなり気に入りました。 個性的なシェフが揃っているようなので、しばらくはケータリングよりもプライムシェフを利用しようと思います。

料理を作ってほしいシェフが選べるという点に好感を抱く方がいるようです。

それに加えてプロの料理人が造るところを見ることができるというのはそれだけで魅力度が高いのではないでしょうか。

普通のケータリングとは一味違う感覚で、新鮮な経験になるのだと思われます。

楽しい親睦会になりました。 ただ食事するだけでなく、料理を教えてもらえるシェフがいたので利用してみました。参加募集をしたら男性社員の希望もあり楽しい会になりました。小さい部署の親睦会なので、最低利用条件のあるケータリングを使っている大人数の部署が羨ましかったのですが、あきらめていたケータリングよりもさらによかったと思います。いろんなシェフがいるみたいなので、来年もお願いしてみようかと話しています。

 

出張して料理を作ってもらえるだけでなく、料理を教えてくれるシェフまで存在するとのことです。 このようなサービスを利用することで、そのパーティーなどに参加した方同士でも交流が生まれ、親睦を深める良い機会になりそうです。

■否定的な口コミ

期待していた味ではありませんでした。 自宅にシェフを呼んで、フルコースのディナー。 料金も高めだったので高級レストランの味が自宅で堪能できると期待していたのですが、量が少なく味も微妙でした。 好みもあるのかもしれませんが、手離しでおいしいとはいえず残念。

 

高い料金を払ってフルコースのディナーをお願いして、それで満足できなかったとなると残念な結果です。

やはり食事については、味や量に対しての好みが千差万別ありますので、どうしても納得いかないサービスになってしまうこともあるようです。

各料理の具体的な量や味付けについても、シェフに依頼する段階で指定できるサービスなどがあればいいのかもしれません。

オプトの採用についての口コミ・評判を分析

オプトインキュベートについての口コミが見つけられませんでしたので、株式会社オプトホールディングの口コミをご紹介いたします。

 

■肯定的な口コミ

常に新しいことを行えるので、飽きることが無い。 手を挙げればやらせてもらえる環境は整っているので、自分から動くことが出来る人はやりやすいと思う。 前職ではルーチン業務が多く、社風に慣れるのに苦労したが、慣れてくると働くことを楽しめる環境だと思います。

自ら率先して動くことができる人材に対してはちゃんと新しいことに挑戦させてくれる、チャンスをしっかり与えてくれる場所のようです。

積極的に意見を出して関わっていきたい人には魅力的な企業に思えます。

 

平等を謳っているため全社員が受けられる福利厚生が多い。 有給に関してはフル、半休、4分の1休暇と複種類での消化可能。 また働く母親に関しては時短勤務可能。社内での弁当販売、ヤクルト販売、退勤以降カフェにある酒類飲み放題などを行っている。

 

全員平等の理念があるようで、福利厚生については徹底している模様です。
有給を時間ごとに区切って取得できるのは、幅広くスケジュールが組めてありがたいものです。
社内販売の種類も豊富で至れり尽くせりです。

 

■否定的な口コミ

オプトグループをまとめ上げるホールディングの手腕についてはまだ未知数。 役員も含めてになるが、経営についても決定したはずの話がコロコロ変わるので現場が振り回される時が多々あり、それが困るところでもある。

グループを纏め上げるホールディングスとしての存在に不安を抱く声が見られました。
今後の事業計画によりますが、オプトグループとしてどのような動きを見せるのか注目したいところです。

 

覚えなきゃいけない領域が広すぎて、網羅的に、かつ深い内容をカリキュラムとして作り込むのは不可能だと感じている。

 

自由度が高い反面、業務内容について身に付けなければならない知識が多すぎて困るということもあるようです。
上手にまとまった研修教材などが必要とされているのではないでしょうか。

口コミを見ていると、かなり一人ひとりの裁量が大きく、かつ自分からどんどん動いていく人が活躍している様子です。

そうして積極的に動いて、実力があればすぐに様々な仕事に挑戦できる環境だそうです。

おそらくオプトインキュベートも同じような社風であると予想されるので、自立して動ける、挑戦的な人材が求められているのではないかと感じました。

 

オプトインキュベートの口コミ&評判を総括

オプトインキュベートそのものに関する口コミは少なかったですが、「OFFICE PASS」や「PRIME CHEF」などの提供サービスを利用した方のコメントはいくつか見つかりました。

 

何件か詳しくレビューしているサイトもあり、それぞれ概ね良い評価がなされていました。

 

採用に関しての口コミは見当たらなかったものの、おそらく大本の会社であるオプトホールディングと似たような採用基準、社風であり、自ら積極的に動ける挑戦心のある人材を求めていると思われます。

今後も様々な新規インターネット事業を通してインキュベーターとしての役割を果たしていくことが期待されています。

おすすめの記事