• ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
トスワークの誘いって本当??会う前に準備すべき2つのこととは?

トスワークという会社を皆さんはご存じでしょうか?

トスワークはスカウトを行っている会社ですが、ネット上にはトスワークから会社に電話がかかってくるという書き込みが存在します。

スカウト電話=営業ととらえることができるため、かかってくると怪しいのではないかと疑ってしまう人は少なくないようです。

しかし、実際は怪しい会社ではありません。

そこで今回は、トスワークのスカウトが本当に怪しくないのか、実態を調べてみました。

また、担当者と会う際の準備についてもご紹介しましょう。

トスワークからのスカウトって怪しい?

トスワークが行っているスカウトは、優秀な人材を他の会社から引っ張ってくるためのヘッドハンティングです。

人材紹介会社が持つ人脈やリストなどを活用して優秀な人材を探し出し、転職を促しています。

しかし、ヘッドハンティングの仕組みやなぜ電話をかけてくるのか分からない人にとっては、嬉しさよりも不安や疑いの気持ちの方が大きくなるかもしれません。

まずは、ヘッドハンティングの正しい知識を得て、怪しくないことを理解していきましょう。

また、トスワークがどのような会社なのかもご紹介していきます。

■ヘッドハンティングは怪しくない?

 

ヘッドハンティングは、人材紹介会社が行っているサーチ型の人材紹介サービスを意味します。

芸能人やプロスポーツ選手のスカウトが、一般企業でも行われていると考えれば想像しやすいのではないでしょうか?

かつては、経営幹部や役員として活躍できる人材をヘッドハンティングすることが多かったのですが、現在は若い世代の経営幹部候補や高い技術力を持つエンジニアなどをスカウトするケースも増えました。

ヘッドハンティングの連絡は、何の前触れもなくやってきます。

声をかけられたということは、あなた自身がやってきた仕事が社内だけではなく社外でも大きく評価されたという証です。

ヘッドハンティングの声がかかったら、転職を考えていない場合でも一度話を聞いてみると良いでしょう。

 

会社がヘッドハンティングを希望する理由は様々です。

単純に特定の技術者や役職が不足していて補いたい時や、事業の強化のために優れた人材を入れたいなどの理由から活用されています。

つまり、トスワークをはじめとしたスカウト会社は、依頼会社の課題解決のサポートをしているわけです。

もちろん、引き抜かれた人材にとっても有益な転職となるように支援してくれます。

 

実際に引き抜き方法ですが、トスワークのような人材会社から現在の勤め先に連絡するのが一般的です。

なぜ個人ではなく会社に電話をかけてくるのかというと、勤めている会社の情報の方が手に入れやすいからです。

個人が所有している携帯電話の番号は友人や知人、家族ではない限り入手できないので、会社に電話がかかってくるのは仕方がないと言えます。

むしろ、個人の電話番号からかかってくるケースは、悪質なやり方で情報を得ている可能性があるので注意してください。

 

■スカウトを行っているトスワークはどんな会社?

 

トスワークは、優秀な人材を獲得するためのサポートをスカウトという形で行っている会社です。

「一般の転職市場では出会えない、活躍が期待できる人材とお引き合わせいたします。」という理念に基づいて、これまでに数々のスカウトを行ってきました。

1年間で1,500人以上のスカウトを実現していることから、そのサーチ力や交渉力は確かなものだと言えるでしょう。

今まで取引してきた会社は大手企業や中小ベンチャーまでおよそ7,000社にも上ります。

サーチスタッフが80名以上在籍し、さらに日本全国に100名以上のスカウトエージェントが存在しているため、そのような実績を残せていると考えられます。

実際にトスワークを通じて転職をしている人が多いことから、トスワーク自体の評判はとても良いと想像できます。

 

 

これまでトスワークがスカウトした中には、赤字が続いていた部門を入社から1年半で黒字に転換させたり、お菓子メーカーで人気商品を開発したりといった成功事例があります。

ヘッドハンティングされる人材は、これまでにも数々の実績を残し、注目されている人が多いです。

つまり、社外から見てもポテンシャルや才能、技術力を認められている人だけが選ばれているわけです。

スカウトをきっかけに転職することで、人生やキャリアが今まで以上に良い方向に向く可能性があります。

キャリアアップに意欲的な人を中心にトスワークのスカウトを受け入れる人が多く、強引な引き抜きなどはないと言えます。

やはり、成功事例が多いところやミスマッチの低い紹介が働き手・雇い手からの高評価につながっているのでしょう。

スカウトというと怪しさから身構えがちですが、転職成功・採用成功の事例や実績を見る限り信用に値する会社だと言えます。

会うまでに準備すべき2つのこと

ヘッドハンティングをされると、気分が舞い上がってしまう人もいます。

確かに、これまでのキャリアや努力が認められ、さらに今よりも魅力的な仕事を提案してもらえれば、自然と嫌な気分にはならないでしょう。

しかし、嬉しいからと言ってすぐに転職を決めてしまうのは避けた方が良いです。

きちんと話を聞いてから転職をしなかったために、後悔してしまうケースもヘッドハンティングでは少なくない失敗談です。

そのため、いくら評判の良いトスワークのヘッドハンターから声がかかったとしても、会うまでにしっかりと準備しておきましょう。

 

特にしっかりと準備をしておきたいのは、次の2点です。

 

・自分自身がこれまで積み重ねてきたキャリアの整理

・今後、どのようなキャリアを積みたいのか明らかにする

 

この2点は、新しい会社で本当に経験を活かせるのか、また自分自身が望む条件(給料や仕事内容、仕事をする上で大切にしたいことなど)をクリアしているかなどを的確に判断するために必要な要素です。

自分自身で把握できていないと、どんなに良い会社に入れてもミスマッチとなってしまうでしょう。

ヘッドハンターに相談や紹介会社との交渉の円滑さにも関わって要素でもあると言えます。

紹介してもらった会社で満足ができるかどうか判断するためにも、事前にキャリアの整理や条件の優先度・許容ラインをはっきりさせておきましょう。

まとめ

トスワークはヘッドハンティングを行っている会社で、現在勤めている会社に電話をかけてくることがあります。

突然の電話に「怪しいのでは?」と思ってしまう人も少なくありません。

しかし、トスワークのような人材紹介会社は個人の携帯電話の番号を入手することはなく、スカウトの受け入れを強要することはないと分かりました。

スカウト候補者は人材派遣業のネットワークを活かして探しているので、怪しいルートで情報を入手していない意味でもきちんとしている会社だと言えるでしょう。

これまでにたくさんの実績があるため、トスワークに紹介を依頼する会社は多く、評判も良いと判断できます。

そのため、トスワークから連絡が来たら、他社から求められているのだと喜んでも良いかもしれません。

ただし、いくら評判の良い人材紹介会社であっても、ヘッドハンターと会う前にしっかりと準備をしておかないと後悔してしまう可能性もあるので要注意です。

ヘッドハンターと会う前に、これまでの経験や希望する条件をまとめておけば、スムーズに話を進められるでしょう。

トスワークは怪しい会社ではないので、スカウトされた場合は前向きに検討してみてください。

普通の転職では実現できないような希望が通る可能性もあるので、明るい未来に期待できます。

関連キーワード
その情報本当?の関連記事
  • 日大事業部が影で大学を支える!大学経営の裏側に迫る!
  • 東亜産業の寄付活動
    東亜産業の寄付活動の噂/採用情報/製品などを調査!
  • オウケイウェイヴの元社長は反社?仮想通貨で告発/提訴の真相とは?
  • エヌティーエイチ
    エヌティーエイチの白髪染めって本当に染まるの!?
  • 安田昌夫
    それって嘘?本当?安田昌夫さんから聞いた歴史の豆知識
  • 副業アカデミー
    副業が嫌われる時代?副業を教える副業アカデミーが怪しいって本当なのか
おすすめの記事