• ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨投資の特徴や現状

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツと仮想通貨投資の特徴や現状についてご紹介していきます。

読者の皆さんは白石達也が提供しているリバティーレジデンツについてどのようなコンテンツかご存知でしょうか?

リバティーレジデンツでは仮想通貨投資をメインに様々な情報を提供するコンテンツとなっています。

リバティーレジデンツでも注目されている仮想通貨投資ですが、他の投資方法とどんな違いがあるのでしょうか?

また、仮想通貨投資は将来的にも利益を生める投資方法と言えるのでしょうか?

今回は、白石達也のリバティーレジデンツと、仮想通貨投資の特徴や現状についてご紹介していきます。

現在、仮想通貨投資に興味を持っていて、始めてみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.リバティーレジデンツとは

白石達也が手掛けるリバティーレジデンツは、様々な分野の知識や情報などを提供しているプログラムです。

IROAS会員向けのサービスとして利用できるコンテンツですが、IROASに加入していなくてもプログラムを購入することができます。

投資方法として注目されている仮想通貨についての最新の情報を入手することができるので、仮想通貨をこれから始めようとしている方、仮想通貨で取引している方に有効なコンテンツと言えるでしょう。

では、リバティーレジデンツとは具体的にどのようなサービスなのか解説していきたいと思います。

 

 

■リバティーレジデンツとは

 

白石達也が考案したリバティーレジデンツは、最終的には全ての人が「自由人」になることを目指しています。

彼は「何からも縛られることなく人生を切り開き、思うままに生きていける」、このような仕組みで構成していけるようサービスを提供しているのです。

リバティーレジデンツでどのようなことが学べるのかというと、メインとなっているのは仮想通貨のことです。

初心者でもすんなりとサービスが受けられるように仮想通貨とはどんな投資なのか、運用の仕方や節税テクニックなどを学ぶことができます。

また、リバティーレジデンツはYoutubeATMシステム、LINEATMシステムと連動させているので、サービスを開始した時点からお金を稼ぐことができます。

最近話題のLINE@は、シェアするだけで億り人になれるシステムになっているので、余剰資金を毎月増やせるようになることでしょう。

 

 

■リバティーレジデンツで仮想通貨を成功させる

 

リバティーレジデンツでは、仮想通貨を成功させるために具体的なポイントをアドバイスしています。

 

・投資は余剰金だけを投資すること

・堅実タイプか一発逆転タイプかを選定すること

・正確な出口を決めておくこと

・投資スタイルはポートフォリオを組んでおくこと

 

この4つのポイントが仮想通貨を成功させるために必要な重要項目です。

リバティーレジデンツは長期的に資産を増やしていくために、オプトインATMシステムを導入しています。

誰でも簡単に手続きできるような仕組みになっているので、リバティーレジデンツを利用する際はオプトインATMシステムで収入を安定させてみてください。

 

 

■リバティーレジデンツの仕組みについて

 

リバティーレジデンツは専用サイトから会員登録手続きを行うだけで、様々な講座を受講することができます。

現代はパソコンとインターネットが切っても切り離せない環境となっています。

白石達也はこの側面を活かし好きな時間に好きなだけコンテンツを受けられるよう利用しました。

講座を受けるためにわざわざ会場まで足を運ぶことなく、自宅や職場などで受講することができるので忙しい方でも気軽に利用できるでしょう。

リバティーレジデンツではこの他、ビジネスアイディアが毎月配信されるサービスや、オプトインATMシステムの稼働ポイントを確認できるサービスも用意されています。

毎月のレポートや投資関係のノウハウや経済情勢などリアルな情報を入手できるので、仮想通貨に詳しくなれることは間違いありません。

投資の取引は情報社会の中で成り立っているものなので、常に変化していきます。

それに対して柔軟に対応していくには、少し先の情報もキャッチしておくことが必要になるでしょう。

リバティーレジデンツでは、高品質な情報だけにとらわれず鮮度の良い情報も併せて公開しています。

数多くある情報商材の中でも仮想通貨に関する具体的な技術や知識を提供しているため、利用者はどんどん増え続けています。

 

 

白石達也がリバティーレジデンツを始めたきっかけはより多くの人に「自由人」になってもらいたいからです。

世界中どこにいても安心して暮らしていける投資方法で、生活をより豊かなものにして欲しいと考えています。

 

 

2.投資の種類

仮想通貨は資産運用として現在最も利益を上げることのできる投資方法として知られています。

しかし、これはごく最近の出来事でこれまであらゆる投資方法によって取引されてきました。

では、投資にはどのような種類があるのでしょうか?

ここで、投資方法についていくつかご紹介していきます。

 

 

■株式投資

 

株式投資は企業が発行している株にお金を投資するものです。

日本で上場している企業は現在3,500社を上回っており、その中から投資したい企業を選定し株を購入する形になっています。

株式投資の良いところはよく購入する商品を取り扱っている企業やよく利用しているサービスを提供している企業など良いと感じて利用している企業の株を手軽に購入することができるという点です。

しかし、株式投資している企業が大暴落してしまった場合は、売りたくても売れない状況があるというデメリットも存在します。

企業側から発行している株は数に限りがあるので、売り注文が殺到してしまった場合はすぐに売ることができないということも知っておかなければなりません。

投資対象が3,500社以上もあると全ての株式を見極めることは難しいですが、あまり多くの時間をかけて選定できないのも株式投資の特徴とも言えるでしょう。

 

 

■投資信託

 

投資信託とは投資を自分以外の人に任せる投資方法です。

銀行や個人投資家たちからお金を預かり、その資金を使って投資することになります。

利益が出た場合はその一部を信託してもらった人に分配するという仕組みです。

自己資金で他の人が投資を行うため、投資に関する知識がなくても取引することができます。

手続きや動向なども全て信託するので手間をかけずに投資することができますが、その分手数料が高くつきます。

投資で利益が出なかった場合は自己責任とし、手数料の支払いで手元に資金が残らないといったことはよくある話です。

分散投資という意味で利用するなら問題ないのかもしれませんが、全ての資金を投資信託につぎ込むのは危険な方法と言えるでしょう。

 

 

■債権

 

債権は国や企業が資金集めをするために発行するものです。

同じく企業が発行する株は価格が変動しますが、債権の場合は事前に利率が決まっているため少し意味合いが違ってきます。

債権は満期日が決まっており、この期間までにお金と利息が返ってくることが約束されています。

ですから安定した収入が得られるというメリットが債権にはあるのです。

しかし、安全性が高い反面利回りが低いので、ほとんど儲けがないというデメリットもあります。

満期日までお金を引き出せないといった規定もあるので、期限が来るまでは資金を自由に動かすことはできません。

4年の満期日を設けている債権もあり資金に余裕がない人にとっては、ネックになってしまうと言えるでしょう。

 

 

■不動産投資

 

アパートやマンションなどの賃貸物件を他人に貸して、家賃収入を得ることを不動産投資と言います。

不動産投資は銀行から借りたお金でも投資することができ、資産価値が担保になるので銀行側もお金を貸しやすいといった特徴が見られます。

不動産投資はいかに良い物件を購入できるかがポイントで、空室状態になってしまうと家賃収入が確保できずリスクが発生してしまいます。

土地価格がどんどん上がってしまう昔に比べて、今の不動産投資は少し難があるといった印象が根付いているようです。

 

 

このように投資には様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットが存在しています。

どの投資も収益を得るために取引するものですが、投資対象が違うということを認識しておきましょう。

 

 

3.仮想通貨と他の投資方法との違い

様々な投資についてご紹介していきましたが、これらの投資と仮想通貨による投資にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

■仮想通貨による投資とは

 

仮想通貨とは、その言葉の通り「仮想の通貨」という意味を持っています。

硬貨や紙幣という現物がなく、発行媒体もないので国などが価値を保証することもありません。

最初に誕生した仮想通貨はビットコインであり、エンジニアがコミュニティでピザとビットコインを交換しないかと持ちかけ、それが成立したことが始まりとなっています。

仮想通貨はその種類も豊富で、デジタル通貨としても流通していて、それぞれの仮想通貨によって特徴も変わってきます。

本来仮想通貨ができた由来としては、世界中のどこでも瞬間的に低コストで送金できる画期的な決済通貨だったのですが、いつの間にか利便性の良さ以上に、株価や為替のように価値が変動していることから、金融商品ではないものの投資に対象に含まれていきました。

 

仮想通貨の投資は、他の投資と比べていくつかの違いがあります。

 

・少ない資金から始めやすい

投資信託や外貨投資、株式投資などの金融商品は、リスクが低くその分リターンも低くなっていますが、最低でも購入しなければならない株の数が決められているため、株によっては多くの資金が必要になります。

これは単元という仕組みによって決まっているので、株の価格によっては用意する金額も異なってきます。

それと比べて仮想通貨は少数点以下の数量でも売買可能で、数千円からでも取引を開始することができます。

また値幅制限もないため、最初から資金を用意できない場合でも手軽に始められます。

 

・複利効果が活かせる

投資信託でもこの複利効果を活かすことができますが、得られるリターンが少ないためはっきりと効果を実感するまでに10年単位で時間がかかってしまいます。

しかし仮想通貨であればトレードと複利の相性が良く、結果的に複利の効果が活かしやすくなります。

 

・安い手数料で運用できる

外貨預金や投資信託などの投資は、基本的に手数料がかかる内容が多く、手数料によっての圧迫が大きな投資ということになります。

しかし仮想通貨であれば、他の金融商品に比べて手数料が安くなり、運用益をほとんどそのままの状態で手にすることができます。

 

・自由な取引が望める

金融商品に関しての投資は、平日だけが営業日となっているので必然的に平日にしか取引ができなくなっています。

でも仮想通貨は好きな時間に取引ができたり、24時間どの時間でもできる自由さがあったりするため、投資のために時間を作ることは必要ありません。

そのため、自由度の高い投資が可能となります。

 

 

4.仮想通貨に投資をするのは正解なのか

他の投資と比較しても仮想通貨への投資には多くのメリットがあると言うことが分かりましたが、仮想通貨に投資するのは正解なのでしょうか?

確かに最近は世界中で仮想通貨に対しての勢いが加速していて、2017年には仮想通貨元年とも呼ばれました。

ビットコインから始まった仮想通貨も、様々なアルトコインが市場に登場し、その勢いが増していることも分かります。

果たしてこれが正解となるのか、検証してみましょう。

 

 

■仮想通貨市場の発展はどうなっていくのか

 

まず、仮想通貨市場の発展についてです。

現在はまだ、日本国内において仮想通貨による決済は広まっていませんが、2017年の春に資金決済法が改正され、この改正によって正式に決済手段に仮想通貨を利用できることが法律で決定されました。

これにより、本来の仮想通貨の利便性が再確認されることとなり、さらに普及していくことが予想されます。

 

 

■利便性の高さに注目

 

仮想通貨はデジタル通貨となっていて、法定通貨にはない利便性の高さがあります。

法定通貨は、その国によって「円」や「ドル」「ユーロ」などがあり、それぞれの価値も異なってきます。

日本の場合は日本銀行によって発行管理が行われ、発行数の制限などを特に設けることもなく、社会情勢などを考慮して中央銀行によって発行数を調整していきます。

仮想通貨の場合は管理機関を設けることがなく、発行数は上限がそれぞれあるのでそれに従っていきます。

また国によって価値が変動することがないので、世界中どこでも同じ価値となるのも仮想通貨の特徴です。

管理機関がないことで不安に感じる人もいると思いますが、国によっては法定通貨よりも信頼されている部分もあり、偽札問題などが横行している国では積極的に取り入れていて、またコピー通貨を作ることもできないので安全な通貨となります。

世界中のどこの国に行っても、仮想通貨で決済できればわざわざ換金する手間もなく、これらに関してのコストを圧倒的に抑えることができます。

 

 

■取り入れやすい環境

 

仮想通貨を全面禁止措置などの規制の対象にしている中国やアメリカ、ロシアなどとは異なり、日本では仮想通貨を取り入れやすい環境になっています。

日本でも仮想通貨に対しての規制はあるものの、その規制内容は比較的クリアしやすいものであり、今後もどんどんと新規参入が増えていくことで利用者も増えやすい環境であることが分かります。

 

 

■仮想通貨の投資はどうなっていくのか

 

これらを考慮した結果、仮想通貨は法定通貨と並ぶ程の勢いがあるだけでなく、その利便性からも浸透していくことは間違いないでしょう。

そして、仮想通貨に関しての法案が成立したことで市場の透明性を保つことができるため、積極的に取り入れていく社会となることが予想されます。

つまり未来があるということは、投資の対象としても良い面が多いこととなり、この投資によって得られるものが多くなるでしょう。

日本は特に仮想通貨取引に恵まれている環境となっているので、さらなる仮想通貨の発展も望めます。

仮想通貨への投資が正解か?と問われたら正解という答えになると思いますが、仮想通貨に投資したからといって資産を増やすことになるとは言えません。

投資の対象としてはいいのですが、何事もそのための方法を間違ってしまえば正解になる答えも不正解になってしまうのです。

仮想通貨の投資においては、他の投資と異なる部分があるので、きちんと投資の方法や注意点、仮想通貨に関しての情報を知っておくことが大切です。

また投資商品として仮想通貨を扱ってしまうと、将来上手に活かせることができなくなってしまいます。

仮想通貨に関しての正しい知識や、取引におけるノウハウなどを習得してから保有することをおすすめします。

 

 

5.まとめ

今回は白石達也が手掛けているリバティーレジデンツによって、自由な人生の選択ができることや、リバティーレジデンツと仮想通貨の関係性などを紹介しました。

白石達也が手掛けているリバティーレジデンツでは、様々なコンテンツによって仮想通貨の専門的な知識から、仮想通貨を使った投資方法も学習することができます。

リバティーレジデンツとは自由人という意味も含まれていて、そのコンセプトになっているものは、居住の自由となります。

リバティーレジデンツで考えられている自由とは、時間や場所に限らずどこでも稼ぐことができることを言い、これによってどこでも自由を得られることになります。

どこでも稼ぐことができるノウハウを学んで知っていることで、豊かな経済力を持ちながら好きな場所で好きなように暮らせます。

自由を得るためにはそれなりの経済力を身に付ける必要がありますが、その経済力を維持する方法として仮想通貨投資を選択することもできるでしょう。

 

白石達也のリバティーレジデンツではIROASの会員もそうですが、専用サイトから会員登録をした人もコンテンツの利用が可能となります。

そのコンテンツも、インターネットとパソコンがあればどこでも閲覧可能で、ニュースレターや動画、PDFファイルやWebページなどを通じて学習が可能となります。

仮想通貨に関しても、約100ページにもなるPDFファイルから、仮想通貨の仕組みなどの基本的な知識から投資する意義、保有した仮想通貨を守るために行うことなど資産を得る方法だけでなく、基本的な知識からその通貨を活かす方法までを知ることができます。

投資の初心者であっても分かりやすい基礎知識を学ぶところから始められるので、全く仮想通貨に対して知識がなくても投資できるまでになります。

ニュースレターに関しては、仮想通貨の銘柄の紹介などもあるため、投資するための最新の情報を手に入れられるようになっています。

 

どの投資を行っても全ての投資を成功させる人はいません。

学んで投資して失敗して、ある程度の経験を重ねていくことも投資には大切です。

そのための重要なポイントをリバティーレジデンツで学んでいくことができるので、自由でありながら豊かな経済力を身に付けるために、リバティーレジデンツを取り入れてみましょう。

関連キーワード
その情報本当?の関連記事
  • 日大事業部が影で大学を支える!大学経営の裏側に迫る!
  • 東亜産業の寄付活動
    東亜産業の寄付活動の噂/採用情報/製品などを調査!
  • オウケイウェイヴの元社長は反社?仮想通貨で告発/提訴の真相とは?
  • エヌティーエイチ
    エヌティーエイチの白髪染めって本当に染まるの!?
  • 安田昌夫
    それって嘘?本当?安田昌夫さんから聞いた歴史の豆知識
  • 副業アカデミー
    副業が嫌われる時代?副業を教える副業アカデミーが怪しいって本当なのか
おすすめの記事