• ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
RSアセットマネジメントは注目される事業を展開!その実績をリサーチ!

近年、地球温暖化などの環境問題が大きな問題として取り上げられるようになってきました。

そんな中で、太陽光発電や風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電といった再生可能エネルギーへの注目度がかなり高まっています。

自家用で導入することもできますし、売電して利益を得ることもできるため、再生可能エネルギーを活用した発電はとても魅力的でしょう。

そのような状況の中で、再生可能エネルギーを活用したファンドやアセットメント会社も増えつつあります。

その1つが、今回紹介するRSアセットマネジメントです。

今回は、RSアセットマネジメントの基本情報や再生可能エネルギーが注目されている理由、RSアセットマネジメントの実績についてご紹介します。

RSアセットマネジメントの会社概要や事業内容

 

RSアセットマネジメントは、太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーに関する事業を行っている会社です。

まずは、RSアセットマネジメントの会社概要や事業内容から見ていきましょう。

 

RSアセットマネジメントの会社概要

 

RSアセットマネジメントは、2013年3月に設立された会社です。

本社は、東京都港区赤坂にあるビジネスビルの中にあります。

東日本大震災を機に、再生可能エネルギーの重要性に気が付いたことがきっかけとなり、再生可能エネルギーファンドの資産や運用を行うアセットメントマネジメント会社として設立されたのです。

太陽光発電を含む再生可能エネルギーは、環境に優しい電力供給方法として注目を集めています。

そのため、RSアセットマネジメントは日本のインフラ改革に貢献しようと考えれいる可能性があります。

 

RSアセットマネジメントの事業内容

 

再生可能エネルギー投資の管理や運用を代行しているRSアセットマネジメントが行っている事業についてもご紹介しましょう。

 

・アレンジメント事業

アレンジメント事業は、太陽光発電投資をしたいと考えている投資家向けに、ファンドストラクチャー(投資基盤)の構築や資産管理を行っている事業です。

資産運用を行うための特別目的会社を立ち上げ、太陽光発電機器を取得します。

そして、発電した電力を売電することで利益を得るという仕組みです。

ファンドストラクチャーを構築することによって、投資家は安定した利益を最大限に実現できるようになっています。

それだけではなく、「安定かつ安定した電力供給への貢献」という理念を実現するために、社外の弁護士や会計士といった専門家からの意見を取り入れ、出資者と協議を行うことも大切にしています。

このような事業を行っているRSアセットマネジメントは、太陽光発電設備の設置候補地の選定から設置工事の施工、運用中のメンテナンスまで連携会社がトータルでサポートできるような仕組みを整えている点も強みです。

特別目的会社が行っている資産の運用状況やメンテナンスの状況も、レポートとして報告してくれます。

レポートはとても透明性に優れているので、投資家の安心感につながるでしょう。

 

・インベストメント事業

インベストメント事業は、太陽光発電設備を持っている特別目的会社に対し、糖久米井組合出資を行います。

匿名組合出資は、不特定多数の出資者が特別目的会社に出資して、それを資金に発電設備を設置したり、運用費用に活用したりします。

それによって、安定した発電と売電収益を実現されています。

出資者には、売電収益に応じた利益が還元されるという仕組みです。

出資にはリスクが伴うものですが、匿名組合出資の場合は投資持分だけがリスクなります。

そのため、太陽光発電投資のハードルはかなり低くなっていると考えられるでしょう。

 

この他にもRSアセットマネジメントは、コンサルティングや市場調査、海外環境ビジネスなど幅広い事業を展開しています。

環境問題を解決へと導くために、幅広い視点で世界を見ている会社だと言えます。

 

再生可能エネルギーが注目されている理由

 

再生可能エネルギーは、太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスのように自然環境に存在しているエネルギー源です。

地球温暖化が世界的な問題として注目されたり、自然災害によって原発事故や停電が起こったりする中で、再生可能エネルギーの魅力に気が付く人が増え始めました。

RSアセットマネジメントもその魅力に気が付き、再生可能エネルギーを活用した投資に関する事業をスタートしました。

そこで続いては、実績を残しているRSアセットマネジメントも活用している再生可能エネルギーが注目されている理由について見ていきましょう。

 

・再生可能エネルギーは枯渇しない

再生可能エネルギーの最も大きな魅力は、枯渇しないということです。

私たちが使ってきたエネルギーは化石燃料を消費していたため、いつかエネルギー源が枯渇してしまいます。

しかし再生可能エネルギーの場合は、自然界が生み出したものをエネルギー源としているため枯渇することがありません。

また日本は石油や化石燃料を海外からの輸入に頼っているため、自給自足の発電はできません。

そのため、石油や化石燃料を使った発電はメリットが小さいと言えるのです。

バイオマス発電は木材などの燃料を燃やすため、いずれ枯渇するのではないかと思うかもしれませんが、不要になった木材や家畜の排せつ物、生ごみを活用できるので資源が枯渇してしまうリスクは非常に低いと言えます。

 

・環境に優しい

再生可能エネルギーを活用した発電は、化石燃料を使った発電よりも有害物質を放出しにくいという特徴もあります。

有害物質を放出しにくいということは、環境汚染や地球温暖化をさらに悪化させるリスクが低いと考えられます。

そのため、環境のことを踏まえた事業を行うのであれば、再生可能エネルギーの方は魅力的と言えるでしょう。

RSアセットマネジメントが実績を伸ばしているのは、環境に優しい再生可能エネルギーを活用した事業を展開し、多くの人から支持されているからだと考えられます。

 

・電気を自給自足したり、予備電源として活用したりできる

再生可能エネルギー発電の設備を設置すると、電力を生み出せるようになります。

太陽光発電の設備は、自宅やオフィスビルでも設置することができるだけではなく、電気を自給自足できます。

さらに、蓄電池もあれば、予備電源も確保可能です。

予備電源があれば、万が一停電してしまった場合でも電気を使えるので安心です。

また、停電していても太陽さえあれば停電中にも発電し、蓄電池に電気を貯めておけるという点も、再生可能エネルギーならではのメリットです。

RSアセットマネジメントの実績

 

RSアセットマネジメントは、これまでに多くの実績を残してきました。

全国各地に再生可能エネルギー発電の設備を全国に設置し、400MWを超える発電容量を実現しています。

最後に、RSアセットマネジメントの実績について詳しくご紹介しましょう。

 

太陽光発電の実績

 

・北海道・東北エリア

北海道・東北エリアには、およそ10ヶ所に太陽光発電設備が設置もしくは設置予定となっています。

北海道沙流郡には、46,000㎡もの敷地面積を持つ設備が設置されていて、出力規模は2.7MWという発電能力が高い設備も設置されているのです。

また宮城県加美郡には、18.501㎡の敷地面積で1.2MWの出力規模を持つ設備も設置しています。

それ以外にも、福島県や岩手県に太陽光発電設備を設置しています。

さらに、2022年や2023年に完工予定となっている設備もあるので、さらに大きな電力供給が期待できるでしょう。

 

・関東エリア

関東エリアには、30ヶ所を超える再生可能エネルギー発電設備が設置もしくは設置予定となっています。

栃木県那須郡にある設備は、敷地面積が36,496㎡、出力規模は2.4MWと比較的規模が大きいです。

茨城県にも多くの設備を設置していて、常陸太田市や高萩市、神栖市、行方市などにあります。

中には、2022年に完工予定の設備もあります。

 

・中部・北陸エリア

中部・北陸エリアには、10ヶ所以上の設備が設置もしくは設置予定とされているのです。

山梨県北杜市の設備は敷地面積が17,832㎡、出力規模が0.8MWとなっていて、富山県富山市の設備は敷地面積が7,421㎡、出力規模が0.5MWとなっています。

静岡県湖西市や三重県津市、愛知県知多郡、石川県咋郡、新潟県新発田市などにも太陽光発電設備を設置しているため、かなり大きな発電を実現できていると考えられるでしょう。

 

・近畿・中国・四国エリア

近畿・中国・四国エリアには、およそ15ヶ所の発電設備が設置もしくは設置予定とされています。

山口県下関市や熊毛郡、岡山県岡山市、津山市などに設置されていて、兵庫県姫路市にある設備は敷地面積が30,743㎡、出力規模が2.8MWと大きめの規模となっているのです。

今後も完工予定の設備がいくつかあるので、より広いエリアにRSアセットマネジメントが手掛けた設備が設置されるでしょう。

 

・九州エリア

九州エリアには、およそ15ヶ所に発電設備が設置もしくは設置予定となっています。

福岡県直方市にある設備は、敷地面積が48,949㎡、出力規模が2.0MWとなっているので規模が大きい設備も設置していることが分かります。

2021年以降に完工予定の設備もあるので、九州エリアでもさらに大きな発電量を実現できると考えられるでしょう。

 

バイオマス発電

 

バイオマス発電は、現在完工年月日を協議している段階ですが、茨城県内に2ヶ所設置予定となっています。

家畜の排せつ物や生ごみ、不要になった木材などを活用するため、環境に対する負荷が少ない発電方法として注目されています。

そのため、茨城県以外にもさらに増えていく可能性が高い発電設備だと言えるのです。

 

風力発電

風の力を使って発電する風力発電は、太陽光と違って夜でも発電ができます。

発電コストも抑えられるため、今後は増えていく可能性が高い発電方法でしょう。

RSアセットマネジメントは、小型風力や洋上風力の開発に力を入れているため、全国各地に風力発電設備が設置される日もそう遠くはないと言えます。

現段階では、2021年に石川県に設置予定となっています。

 

RSアセットマネジメントは、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーを活用した投資をサポートする事業を行っています。

環境問題や自然災害をきっかけに再生可能エネルギーに関する注目度が高まっているため、RSアセットマネジメントに着眼点は素晴らしいと言えます。

そんなRSアセットマネジメントは、これまでに多くの実績を残して決ました。

これから完工となる設備も多数あるため、さらに大きな実績を残していくことでしょう。

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 「検察庁法改正案」って結局何だったの?政府が国民に吐いた嘘とは?
  • 自分に嘘を吐けば仕事は苦痛になる?やり甲斐にこだわらずモチベーションを維持する方法
  • 正しいルールを身に付けてオフィスと社員を守ろう!
  • 坂本よしたかさんがおススメするビットコインボルトは画期的?安全?
  • 「子供だから」はもう古い?コロナ流行下と向き合った10代の今とこれから
  • 1484内科
    予防医学を行う広畑センチュリー病院とは?全ての人を健康に導く人気の秘密をご紹介!
おすすめの記事