谷口和則と社員の関係性は良好?採用方法や評判・口コミから見えてくる真実とは!

谷口実業ホールディングスは、不動産の工事や建築、型枠、加工、販売に加え、飲食サービスまでも幅広く行う会社です。
そんな谷口実業ホールディングスの代表取締役を務めるのが、谷口和則氏です。
仕事を探すにあたって特に気になるのが会社の雰囲気、社長や社員同士の関係性等の職場環境ではないでしょうか。
そこで今回は、谷口実業ホールディングスの会社概要や実際に働く社員の声をご紹介していきます。
谷口和則氏と社員の関係性が気になる方は、ぜひ参考にしてみてださい。

谷口実業ホールディングスの会社概要と事業内容

まずは谷口実業ホールディングスがどのような会社なのかを、会社概要と事業内容についてご紹介しましょう。

【谷口実業ホールディングスの会社概要】

谷口実業ホールディングスは、東京を中心に不動産や建築などの様々な事業を手掛けるグループ会社を取りまとめています。
資本金は1,000万円で、代表取締役は谷口和則氏が務めています。
創立は2021年7月ですがグループの歴史は1995年から始まっており、型枠工事の二次下請け・手間請けからのスタートでした。
初めの年商は3,600万円でしたがその後業務拡大を続け、3年後の1998年には早くも年商1億を突破しました。
その後もさらに大きく成長を続け、2005年には年商11億円、2013年には20億円、そして2021年現在は51億円以上にもなりました。
創業から現在まで、顧客の立場に立った提案力と高い技術力で成長を続けてきた会社です。

【谷口実業ホールディングスの事業内容】

谷口実業ホールディングスのグループ会社は、下記の5つです。

・株式会社谷口実業(型枠工事業)
・株式会社谷口ハウジング(不動産事業)
・株式会社谷口実業BC(建築工事業)
・株式会社TJ加工サービス(資材加工事業)
・株式会社TJカンパニー(飲食事業)

顧客のニーズに幅広く応えられるように、様々な事業を行うグループ会社の立ち上げを行いました。
グループ会社は異なる事業を行っていますが、それぞれがもつ特性・ノウハウを活かして企業の価値を高め合っています。

また、谷口実業ホールディングスは自社ブランド「G's GRAND(ジーエスグランド)」の展開も行っています。
G's GRANDとは、ハイクオリティで高級感のあるデザイナーズマンションのことで、「お客様に喜んでもらうこと第一に」をモットーに建築されています。
谷口実業ホールディングスのこだわりと思いが詰まったオリジナルブランドが、G's GRANDです。

【株式会社TJカンパニーの手掛ける飲食事業に注目】

谷口実業ホールディングスといえば、不動産関連事業のイメージがありますが、飲食事業も展開しています。そこで、本記事では、飲食事業をピックアップして紹介します。

株式会社TJカンパニーでは焼肉&串焼きバー「ZIN-GIS 環~TAMAKI~」2店舗、「アグー豚しゃぶしゃぶ 琉」を展開しています。

特に「ZIN-GIS 環~TAMAKI~」のオープンの際には、本業の型枠・外構・リフォーム工事一式などの知識や技術を生かし、非常にこだわりのある店舗を造り上げています。壁は職人さんによって模様を出し、テーブルや椅子は白いものにして清潔感を出しています。焼肉店には付きものである油っぽさを無くすために清掃にも力をいれているとのことで、様々なシーンで利用できるお店の雰囲気が伺えます。

普通の焼肉店とは違うスタイルで焼肉やジンギスカンを楽しめること間違いなしです!
お店へのこだわりはこの社長インタビューの中でも語られています。

谷口和則氏が社員に求めるものは一体なに?実際の口コミ評判から職場環境・働きやすさを想定

谷口実業ホールディングスのホームページに、実際に働く社員の声の動画が掲載されています。
その動画に出てくる社員の声を通して、職場環境や働きやすさ、代表取締役である谷口和則氏が社員に求めるものをご紹介していきます。

【実際に働く社員の声】

まずは、実際に谷口実業ホールディングスで働く社員の声を聞いて、職場環境や働きやすさを見ていきましょう。
谷口実業ホールディングスのホームページで公開されている動画内では、地元の八王子で職人になりたいという強い思いで入社し、それからわずか二年後には責任のある重大な仕事を任されている社員から「入社2年目の自分でも信頼して責任ある仕事を任せてくれる」という声が上がっていました。
わずか2年目で責任ある仕事を任せるのは、会社が社員のやる気やスキルをよく見ているからだと言えます。
また、社員のモチベーションアップにもつながり、会社全体にも良い影響を与えているでしょう。
さらに、「わからない事は教えてくれる成長ができる会社」ということで、先輩職人が丁寧に教えてくれる、働きやすい環境が整っているようです。
わからないこと、できないことをそのままにしておくよりも、周囲に相談した方が自身のレベルアップにもつながります。
職人揃いの環境ではなかなか質問がしにくい現場もある中、社員同士が助けあう谷口実業ホールディングスは働きやすいと言えるでしょう。

建築工事部の所長からは、「がんばり次第では早いタイミングで作業所長にもなれる!」という応援メッセージが掲載されていました。
責任ある地位を任されるまで、通常であれば何年、何十年もかかります。
しかし、谷口実業ホールディングスは、社員の頑張りや、やる気をしっかりと評価してくれるので、早い段階で役職に就くことも可能です。
社員一人ひとりを見ているからこそ仕事への意欲が高まり、高品質な仕上がりを実現しているのでしょう。

【谷口和則氏が社員に求めるもの】


谷口和則氏は代表挨拶の中で、“怠る者は不平不満を語り、努力する者は夢を語る”が掲げられています。
その思いは、動画の中でも下記のように伝えられていました。

「努力は必ず評価する」
「あなたの頑張りを見て一緒に発展していきたい」

どんなに頑張っても評価されない職場では、仕事へのやる気は出てきません。
しかし、頑張ればその分だけ評価されれば仕事へのやる気だけでなく、成長への意欲も湧き出てくるものです。
会社にとっても社員のやる気と成長意欲は良い影響を与え、お互いが一緒に発展できる関係を構築できるでしょう。

また、谷口和則氏は最初から社員に完璧を求めていません。
何度も失敗を繰り返し、その悔しさを活かしてさらに成長をしてほしいと考えています。
代表取締役の考えがそこで働く社員に伝わっているからこそ、わからないことは質問できる働きやすい環境が整っているといえます。
業界の知識がない未経験や新卒であっても飛び込みやすい会社だとも言えるでしょう。
谷口和則氏は「次世代のメンバー育成に力を注ぎ会社を拡大成長させる」と考え、次世代の育成にも注力しています。
これまで培ってきた知識と経験を惜しみなく次世代へと伝授し、新しい職人を作り上げていたいと考えています。

これらのコメントと代表挨拶から、谷口和則氏が求めるのは最初から完璧な人物ではなく、努力する者だとわかります。
流した汗や努力した結果、誰にも負けない技術になるとして、頑張る人を全力で応援・評価してくれています。
その応援と評価がやる気になり、会社と社員が大きく成長できるのです。

引用元:https://www.taniguchijitugyo.jp/recruit/

結論!谷口和則氏と社員の関係性は本当に良好か?

谷口和則氏が代表取締役を務める谷口実業ホールディングスの理念の一つが、「全社員の団結」です。
全社員にはもちろん谷口和則氏も含まれ、「経営者と社員・技術者の意志の統一が会社の力」だとしています。
社員の声や谷口和則氏のコメントなどを見ると、働きやすい環境であり、理念通りに会社全体で支えあっているのがわかります。
谷口和則氏の「努力は必ず評価」するという考えは現場にも浸透し、2年目で責任ある仕事を任された社員もいます。
また、頑張り次第で早めに役職につけるという点も、社員の努力をしっかり評価しているということです。
谷口和則氏の考えに賛同した多くの社員が、自身の成長と会社拡大のために日々努力を続けています。
これらのことから、谷口和則氏と社員の関係性は確かに良好であると判断できるでしょう。

まとめ

今回は、谷口実業ホールディングスについてと、代表取締役谷口和則氏と社員の関係性をご紹介してきました。
谷口実業ホールディングスは様々な事業を展開する、創・住・食のトータルサポートを行う会社です。
実際に働く社員の声を聞くと、働きやすさや谷口和則氏との距離感の近さが伺えます。
また、谷口和則氏は社員一人ひとりと向き合って評価をしてくれるので、やりがいをもって働ける職場だといえます。
やりがいを感じながら仕事に取り組みたい方は、谷口和則氏が代表取締役を務める谷口実業ホールディングスへの就職を検討してみてください。

おすすめの記事