• ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日

こんにちは!

本日は、TATERU(タテル)の不動産管理について取り上げてみます。

皆さんは、不動産管理というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

不労所得を得られるのは魅力的ですが、入居者からの苦情に対応したり、物件の価値を落とさないために管理したりする必要があるため、意外と大変だと感じている方が多いかもしれません。

そんな不動産管理の利便性を高めたサービスが、TATERUのスマートホームになります。

TATERUのグループ会社であるRobot Homeが開発しているスマートホームにはIoT技術が活用されているのですが、具体的にはどのようなサービスとなっているのでしょう?

今回はTATERUのスマートホーム、新しい不動産管理についてご紹介していきます。

IoT技術を取り入れた住宅に興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

不動産管理はオーナーにとって悩みのタネ

不動産管理は、オーナーに多くの負担がかかると言われています。

ここでは、そんなオーナーにとっての悩みについて取り上げていきましょう。

 

■賃貸管理における悩みとは?

実際にオーナーが抱える悩みというのはどのようなものなのでしょうか?

例えば、空室が何ヶ月も埋まらない・入居者の家賃滞納・苦情対応・管理会社への不満など様々です。

不動産管理において、オーナーは会計業務や建物設備の保守、定期的な清掃など、幅広い仕事を抱えています。

そのため、日々の業務だけで非効率になっているケースがあるのです。

また、賃貸住宅を定期的に回っていたとしても、専門知識がなければどの部分が破損しているのか分からないので、常に勉強する必要があるでしょう。

このように、オーナーにとって不動産管理はあらゆる業務をこなす必要があり、中には運営が軌道に乗らず失敗してしまうというケースもあります。

物件の維持管理・入居者への対応などは、決して簡単なものではないのです。

 

■TATERUの不動産管理サポート

TATERUでは、不動産管理に悩むオーナーに、IoTを活用したアパートを数多く手掛けています。

これまでに数多くの不動産管理実績を持っており、ネットとリアルを融合させたサービスを提供しているのが特徴です。

具体的には、IT分野と不動産事業とを結び付けたサービスで、オーナーにとって利便性の高いものとなっています。

TATERUが手掛けるアパートオーナーは、コンシェルジュと相談して土地購入やアパート計画を密に進めていくことから始まります。

管理したい不動産を立地条件や周辺環境などを厳選して選択できるので、コストも抑えつつ管理できるのです。

また、TATERU Apartmentではオーナー用のアプリを導入しており、物件や空室状況などを細かく確認しやすくなっています。

不動産管理において必要なサポートも随時受けられるため、管理会社とのやり取りもスムーズで効率良く進めることができます。

TATERUでは空室リスクを減らせるよう、空室における保証も設けられているため、安心して管理できるでしょう。

 

 

オーナーだけでなく入居者にとっても安心した不動産管理を提供して欲しい

TATERUは、不動産管理をするオーナーだけでなく、入居者にとっても安心した快適な暮らしができるよう配慮されています。

ここでは、IoTアパートのニーズについて解説していきましょう。

 

■TATERUのIoTアパートとは?

オーナーは、入居者が満足できる住まいを提供するために様々な工夫をするかと思います。

しかし、それが入居者のニーズに伴っていないと不動産管理が厳しい状況になるケースがあります。

TATERUでは、デザインアパートを多く取り扱っており、IoTデバイスを用いて最先端のアパートを提供しています。

IoTデバイスを用いて、アパート全体の安全性や利便性を高め、入居者にとって住みやすい環境を整えているのです。

現在は、多くの場面でデジタル化が進んでおり、IoTアパートに関心を寄せる方も少なくありません。

TATERUはそこに着目し、入居者のニーズを掴んで快適な空間を実現しているのです。

IoTプラットフォームを活用して、不動産管理を効率良く行えるよう配慮されているので、オーナーにとっても利便性が高いサービスを提供しています。

オーナーや入居者の満足度が高くなると、TATERUが提供するサービスも満足度が高くなります。

オーナーと入居者の利便性を向上させているTATERUのIoT技術は、現在多くの方が注目しています。

 

■IoTアパートが注目される理由

そもそも、なぜIoTアパートが注目されているのでしょうか?

IoTを日々の暮らしに用いると、利便性や安全性が大きく向上する可能性があると言われています。

近年では、若い世代の単身者が増えているため、特に若年層から支持されるような住まいが注目されているのです。

今後、IoTアパートは賃貸住宅の新しいトレンドになるのではないかとも言われています。

IoTは、身の周りにある様々なものがインターネットにつながり、自動的にコントロールできます。

アパートに室内のネットワークがあれば、あらゆるIoTデバイスを操作できるようになるのです。

例えば、テレビやエアコン、照明、玄関の鍵など、様々なIoTデバイスとつながります。

普段は部屋に備えてあるタブレットによってこれらをコントロールできますが、スマホと連動させれば外出先からでも操作できるのです。

住まいの安全性を重要視する方は非常に多いため、このように安全性の高いアパートの需要は今後も高まると予想されています。

TATERUは、入居者のニーズに沿いながら、オーナーにとっても管理しやすいシステムやサービスづくりを提供しています。

どちらか一方に配慮されたサービスが多い中で、TATERUの取り組みは賃貸アパートに関わる誰もが恩恵を感じやすいと言えるでしょう。

 

 

TATERUが開発したのはIoT住宅化ソリューション

TATERUのグループ会社であるRobot Homeでは、ネットとリアルを融合させた新しいサービスを開発しています。

画期的なIoT住宅化ソリューションによって、さらなる進化が期待できます。

ここではRobot Homeが開発したIoT住宅化ソリューションの内容についてご紹介していきましょう。

 

■IoT住宅化ソリューションの内容

TATERUでは、自社で提供しているアパートにIoT技術を導入しています。

このIoT技術を導入することで、入居と同時にサービスを利用できてそれぞれの生活をより快適に送ることができます。

IoT住宅化ソリューションを活用すると、以下のようなことも簡単に行なえます。

 

・外出先からでも室内を快適に保つ(NATURE SENSOR REMOTE CONTROLLER)

仕事や外出のする際には、エアコンなどの電化製品を切ることが多く、帰宅時に寒さや暑さを感じますが、TATERUが提供するIoT住宅化ソリューションなら、帰宅前に外出先からエアコンなどの電化製品に赤外線通信で遠隔操作ができます。

これにより、帰宅時でも室内を快適な状態にしておけるのです。

 

・タブレット型ゲートウェイで快適を堪能できる(CENTRAL CONTROLLER)

IoTデバイスの接続に関して、その全てを管理できるタブレットコントローラーがあります。

入居時に既に提供されているため、生活する中での困ったことや相談なども、このタブレットコントローラーからの連絡で済ませられます。

また、退去時の連絡もこのコントローラーで完了できます。

 

・万全なセキュリティ対策が可能(SMART LOCK)

IoT住宅なら、入居者専用のデバイスを利用して従来の鍵の使用をせずに、アプリやICカード、Apple Watchやテンキーなどで鍵の解錠ができます。

施錠に関してはドアが閉まったタイミングでされるので、鍵のかけ忘れもありません。

セキュリティ面でも安全性の高い対策が可能です。

 

このようなTATERUが開発したIoT住宅化ソリューションは、TATERUが管理しているIoTアパートに導入されていて、さらに入居者に向けたアプリも提供しています。

これによって入居者は、さらなる生活の利便性を感じられるだけでなく、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。

このIoT住宅化ソリューションは、入居者だけのメリットではなく、一括管理ができるという点においてオーナーや管理側にとってもメリットがあります。

現在は、そのライフスタイルにおいても多様化しています。

そこでIoT住宅化ソリューションを活用することが、どんなライフスタイルにも合い、誰もが快適な空間に変えていくことができる最大のメリットとなるでしょう。

 

 

Robot HomeTATERUが仕掛ける不動産革命

TATERUのグループ会社であるRobot Homeでは、IoT技術と不動産を融合させて今までにない新しい不動産革命を生み出しています。

TATERUは今まで不動産業を行っていましたが、リーマンショックにより業績が悪化し、この出来事がきっかけとなって今までのビジネスモデルを見直すようになりました。

そこで、IoTを活用したデザインアパートメントを行うことで、入居者だけでなくアパートの管理側やオーナー側の立場になって、煩わしさを解決できる方法やメリットがあると確信し、IoTを活用した技術を導入していきました。

 

IoT技術は常に進歩していき、現在では様々な製品に取り入れられています。

これらの技術を製品に取り入れることで快適な暮らしになります。

しかし、その製品に関する部分だけ快適になっても、豊かな生活になるとは限りません。

そこで、このIoTを活用したデザインアパートメントに変わることで、入居者にとって大きなメリットが生まれます。

しかし、そこではその分の負担は管理者やオーナーにかかってしまいます。

そのため管理者やオーナーの立場になり、効率良く管理状況の把握や連絡を取れる環境に整えることで、どの立場になってもメリットが生まれるようになったのです。

 

Robot HomeがこのようなIoT技術を取り入れていくことで、賃貸契約を交わした後でも、管理ツールを利用することで簡単なコミュニケーションを取ることができるだけでなく、チャットでのやりとりも可能になります。

そこから入居者の状況を知ることができれば、さらなる環境の改善点など、今後見直していかなければならない問題点も把握できます。

さらに、入居者が外出時に非常事態が起こっても、その異変をIoT技術によって知ることができ、これにより早急な対応も可能です。

現在の社会において高齢化がどんどん進んでいますが、その高齢化社会が進む中でIoT技術によって高齢者のサポートができると、生活を快適にするだけでなく、見守りと同じ効果も期待できます。

 

他にもこのRobot Homeが手掛けるIoT技術のメリットや効果はあります。

どの立場になってもメリットが得られるとすれば、このIoT技術の導入は不動産業界においても大きな革命となります。

Robot HomeとTATERUの不動産革命は、今後もさらなる進化が予想でき、ますます目が離せないでしょう。

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 「検察庁法改正案」って結局何だったの?政府が国民に吐いた嘘とは?
  • 自分に嘘を吐けば仕事は苦痛になる?やり甲斐にこだわらずモチベーションを維持する方法
  • 正しいルールを身に付けてオフィスと社員を守ろう!
  • 坂本よしたかさんがおススメするビットコインボルトは画期的?安全?
  • 「子供だから」はもう古い?コロナ流行下と向き合った10代の今とこれから
  • 1484内科
    予防医学を行う広畑センチュリー病院とは?全ての人を健康に導く人気の秘密をご紹介!
おすすめの記事