• ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
TATERU(タテル)が不動産管理で注目を集めた理由

こんにちは!

本日は、株式会社TATERU(タテル)が不動産管理で注目を集めた理由について取り上げてみます。

不動産管理というと皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

実は、不動産管理会社の多くは古い時代の仕組みを今も続けている状態です。

そんな中でTATERU(タテル)は新しい不動産管理サービスの提供を行っています。

どんな仕組みのサービスを提供しているのでしょうか?

今回は株式会社TATERU(タテル)の不動産管理方法や、これまでの不動産管理とこれからの不動産管理についてご紹介していきます。

 

 

今までの不動産管理の方法とは

不動産管理は長年に渡り伝統のような管理方法で不動産の運用を行ってきました。

他の産業は既に新しい技術を取り入れているにも関わらず、不動産業界ではなかなかそういった動きが見られません。

なぜ前時代的な不動産管理が続いているのでしょうか?

まずは不動産管理の古い仕組みと、なぜその古い仕組みが続いているのか解説していきます。

 

■不動産管理の古い仕組み

不動産管理は基本的に賃貸物件や分譲マンションなどを管理し、住宅の修繕やメンテナンス、家賃の受取、退去時の立ち会いなどを行います。

こういった管理業務はオーナーが積極的に行うこともあれば、不動産管理会社に全て任せている場合も多いです。

不動産管理会社が全て管理する形の場合は管理費で収益を得られますが、管理戸数が増えれば増えるほどその分コストも増えますし、逆に稼働率が低下してくるとオーナーからの要望が増えて管理会社側の一人ひとりの労力が増えていくことにつながります。

以前まではそれでも問題ありませんでした。

なぜなら働く人がたくさんいたからです。

しかし、現在は人手不足と言われており若い人も少子高齢化社会でなかなか入らなくなってきています。

こうした背景から、古い仕組みを取り入れ続けている不動産管理会社は人手不足に陥り、サービスのクオリティ低下という悪循環を招いてしまうのです。

 

■なぜ古い仕組みが続いているのか?

他の産業であればこうした今の時代に合わない仕組みであれば改善していこうとする動きが見られます。

ただ、不動産業界の場合はそういった動きが活発化されてきません。

なぜ古い仕組みに固執しているのでしょうか?

その理由として考えられるのが、過去の成功体験によるものです。

以前までは貸し手が有利な時代であり、不動産管理会社も借り手がすぐにつくため、物件を増やしコストが増えたとしても収支に問題はありませんでした。

こうした不動産管理の経営が比較的簡単だった時代に成功している企業が、成功していた仕組みをなかなか手放せずにいる状態です。

前時代的な仕組みがなかなか改善されない不動産業界ですが、徐々に企業でも見直しが図られてきています。

また、TATERU(タテル)のような新しい不動産管理サービスを提供する会社も現れるようになったのです。

 

 

IoTは不動産管理を効率化し、入居者にもメリットが大きい

IoT技術によって不動産管理を効率化すると、入居者にとってもメリットが大きくなります。

では、入居者のメリットを具体的に解説していきましょう。

 

■スマートホーム化で入居者が得られるメリット

日本政府は、国内においてスマートホーム分野を新しい成長領域として捉え、市場形成を構築するために準備を進めています。

上記でも述べた通り、スマートホームは住まいのあらゆる電化製品をネットワークでつなぐので、コントロールも簡単です。

スマートホームはデバイスや管理システムを組み合わせて生活を便利にするための技術です。

GPSやセンサーで自動コントロールも可能なので、自宅に近づいただけでエアコンを作動させ、照明を付けておくこともできます。

近年は、アパートに住むのは単身者や子育て世代・高齢者が多くなってきています。

それぞれの層にとって、アパートに求める条件は快適性だけでなく安全性です。

例えば、単身者や高齢者の場合は自宅を空ければ誰もいなくなる時間が多くなるため、空き巣をはじめとする犯罪が起こりやすいです。

これらの被害は、部屋の鍵や窓からの侵入を許してしまえば誰でも起こり得る可能性があります。

しかし、TATERU(タテル)のスマートアパートは部屋の鍵や窓にもIoT技術を駆使したシステムが取り付けられています。

外出先でも帰宅が遅くなるときにはカーテンを閉めておけるので、単身者や高齢者は安心して生活できるでしょう。

 

■オーナーとの連絡も取りやすい

TATERU(タテル)は、IoT技術を取り入れ、不動産管理を円滑に行えるような仕組みを構築しています。

それは、入居者が暮らしの中で生じる困り事や悩みを解決するサポートにも役立っているのです。

TATERU(タテル)が提供するアパートは、タブレットで入居者とオーナーとが簡単にやり取りできる機能を搭載しています。

生活トラブルや退去の連絡など、入居者は何かとオーナーと連絡を取る機会は多いです。

従来は、電話でしか連絡が付かないというケースが大半でした。

しかし、タブレットを介して簡単にやり取りができれば、入居者は毎日安心して過ごせるのではないでしょうか?

また、それは不動産賃貸のオーナーにも言えることです。

入居者とのスムーズなやり取りは、入居者の満足度にもつながっていくため、より良い不動産管理や経営につながるでしょう。

 

 

スマートホームを実現する技術を開発するRobot Home

Robot HomeはTATERU(タテル)の子会社で、IoTデバイスを開発している企業です。

最先端のIoTデバイスを開発しており、TATERU(タテル)ではTATERU ApartmentにRobot Homeを連携しています。

■Robot HomeのIoTデバイス

では、Robot HomeのIoTデバイスを詳しく見ていきしょう。
タテルが提供しているTATERU Apartmentでは、Robot Homeが手掛けているIoTデバイスを標準搭載しています。

セントラルコントローラー

生活の中で発生したトラブルや困り事の相談・退去の連絡などができるタブレット端末を指します。
このタブレットを家電やIoT機器と連動させると、それらの機器のコントロールができるようになり、入居者の生活に合ったサービスを使いこなせます。

ネイチャーセンサーリモートコントローラー

室内温度・湿度などを確認できるデバイスで、エアコンやテレビといった様々な家電のワンタップ操作が可能です。

外出先からの家電の操作を可能にする機能も持っているので、入居者の帰宅時間に合わせたコントロールができるのも特徴です。

スマートロック

玄関の扉が閉まると、自動的に施錠される機能を持つIoTデバイスです。

スマホのアプリやテンキー・交通系のICカード・通常の鍵の4つの方法で解錠可能で、不正に鍵が開けられたときには警報音やアプリ通知で知らせてくれます。

タグセキュリティ

窓に取り付けるIoTデバイスで、窓の揺れや異常を感知するとアラームで知らせてくれる仕組みになっています。

スマートライト

照明のオンオフと、調色や調光が可能です。

お好みの明るさや色味にすることができる上、電気の消し忘れに気づいた場合も外からオフすることも可能です。

このように、タテルはRobot Homeの様々なIoTデバイスをアパートに標準装備しており、入居者が暮らしやすい環境を提供しています。

■IoT賃貸住宅の魅力

近年は、不動産業界だけでなく様々な分野においてIT化が加速しています。

TATERU(タテル)やRobot Homeが提供しているIoT賃貸住宅も、今後はそれが通常になる可能性があるでしょう。

Robot HomeのIoTデバイスには、不審者の侵入を感知する機能はあっても、侵入を完全に防げるわけではありません。

また、IoTデバイスを導入する企業が増加傾向にあり、外出先からでも家電やIoT機器を自由に操作できる仕組みも浸透してきています。

このような背景もあり、TATERU(タテル)やRobot Homeは、今後さらなるサービス開発・提供が行われていく可能性が高いです。

IoTデバイスの機能拡張や、将来性を見据えた画期的なIoTデバイスが求められていくでしょう。

TATERU(タテル)やRobot Homeが提供するIoT技術を駆使したアパートは、今後も注目されていくでしょう。

 

 

今後の不動産管理や賃貸住宅の在り方とは

住宅のスマートホーム化において、IoT技術は欠かせないものです。

最近では、TATERU(タテル)のように賃貸住宅にIoTデバイスや最先端技術を導入した企業も出てきています。

しかし、TATERU(タテル)のTATERU ApartmentはRobot Homeと連携しており、従来の不動産賃貸では当たり前だった面倒な部分をなくしたサービスを提供しています。

実際に、賃貸住宅をスマートホーム化する取り組みは徐々に浸透してきていますが、不動産管理までをIoT技術でという発想はTATERU(タテル)以外にはありませんでした。

最先端のIoT技術を不動産管理に取り入れれば、入居者だけでなくオーナーにとっても画期的で便利なものになります。

TATERU Apartmentは、土地探しやアパート建設のための設計・施工、完成後の不動産管理・経営までをすべて網羅しています。

不動産管理や経営が初めての方でも簡単に行えるという特徴もあるため、今後はTATERU Apartmentを導入する方も増えていくのではないでしょうか?

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 「検察庁法改正案」って結局何だったの?政府が国民に吐いた嘘とは?
  • 自分に嘘を吐けば仕事は苦痛になる?やり甲斐にこだわらずモチベーションを維持する方法
  • 正しいルールを身に付けてオフィスと社員を守ろう!
  • 坂本よしたかさんがおススメするビットコインボルトは画期的?安全?
  • 「子供だから」はもう古い?コロナ流行下と向き合った10代の今とこれから
  • 1484内科
    予防医学を行う広畑センチュリー病院とは?全ての人を健康に導く人気の秘密をご紹介!
おすすめの記事