• めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ハルシオンインキュベーター FAKE情報を検証
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • FAKE情報を検証
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
IROAS(イロアス)から学ぶ、白石達也氏のマインド

こんにちは!

今日は、IROAS(イロアス)の生みの親である白石達也氏のマインドに注目してご紹介していきます。

白石達也氏は現在、情報商材業界においてその名前を知らない人はいないというほと知名度が高くなった人物です。

そんな白石達也氏は、世界各地を旅行して、色々な情報を発信してきました。

これまでの経験と世界で学んだことが情報商材にも活かされています。

白石達也氏の考え方は、これまでの日本の教育を覆すような物でもあります。

それについていきたいと思う人も少なくはないので、率先して行動をしているという側面もあるのです。

今回の記事では、白石達也氏のマインドについて詳しく見ていきます。

興味がある人はぜひ目を通してみてください。

 

イロアス(IROAS)で講師を務める、白石達也代表

イロアス(IROAS)の開発者で講師も務める白石達也氏は、若き実業家として有名です。

白石達也氏はどのような思いでイロアスを開発したのか、そして白石達也氏がどのような人物なのか詳しく知る人は少ないでしょう。

白石達也氏について詳しくご説明します。

 

1986年のバブルが最盛期だった頃に白石達也氏は誕生しました。

両親は、父親が大手航空会社に勤めており、母親は外資系コントローラーとして働いていたようです。

エリート一家に生まれた白石達也氏は、裕福な家庭で育ちました。

甘やかされて育てられたと考えてしまいますが、母親の教育は厳しいものであったため、難しい書籍を小学生で読破するなど学業に熱心であったそうです。

高校生になると学業に夢中になっていたせいかオシャレなどに気を使わなかったため周りからイジメられてしまいます。

イジメは辛いものであったそうで、白石達也氏は自殺を考えるほどに追い詰められたそうです。

しかし、白石達也氏はさらに学業に打ち込むようになり早稲田大学へと進学をします。

大学生時代には情報商材でビジネスを始めたり、ビジネスセミナーなどに積極的に参加をしていました。

そこで学校教育に対する疑問を抱くようになります。

学校の教育で社会を生き抜く力が身に付くのか疑問に感じた白石達也氏は、新たな教育システムを作ろうと動き始めます。

 

 

新たな教育システムを作ることを決心した白石達也氏

 

新たな教育システムを作ろうと動き出した白石達也氏は、情報商材に目を付けました。

大学生の間に、様々な情報商材を開発した白石達也氏は、教育システムにも情報商材が使えると考えたのです。

白石達也氏は、情報商材の人脈のパイプを作り上げていき、「神龍クラブ」という情報商材を開発しました。

この情報商材がヒットし、さらに研究を重ねていきます。

そして、28歳になった白石達也氏は、コンサルティングや情報コンテンツの販売を行う「有限会社Enhance」の代表へと就任したのです。

そこでマーケティング方法を学べる情報商材を売り出した結果、億単位の資産を築き上げることができました。

これにより、新しい教育システムへの開発へと本格的に乗り出したのです。

教育システムの名前は「イロアス(IROAS)」と言い、従来の教育では学べないことを自由に学ぶことをコンセプトに開発されました。

従来の教育システムは、進学するための学習が主軸となっていて進学からの就職という道がほぼ定まっています。

就職することは社会で生きるために必要なことですが、白石達也氏はそれが不安定であることを理解していました。

リーマンショックが起こり、世界同時不況へと陥った時に父親の大手航空会社も被害があり、倒産の危機にあったのです。

これを白石達也氏は、どんな大企業でもあらゆる影響によって安心することはできないと考えました。

そこで企業に頼らないお金の稼ぎ方をイロアスで学べるようにしました。

自身の力で利益を生み出すことができれば、世界中のどこでも生きていくことができます。

世界中のどこでも収入を得るためにインターネットを活用したビジネススキルを学ぶことが大切だと考えた白石達也氏は、イロアスで自由な学びを提供しています。

インターネットに繋がる場所なら収益を得ることができる力を身に付けることができれば、不況に怯える必要もなく自分の選択で人生を生きていくことができます。

白石達也氏は、イロアスで自由な学びを手に入れ、自由な生活を実現して欲しいという思いからイロアスを開発したのです。

 

 

若き実業家である白石達也氏が開発したイロアスは、自由な学びを手に入れることができます。

イロアスでは、白石達也氏自身が講師を務めていることもあり、インターネットビジネスを学ぶには良い商材であると言えるでしょう。

白石達也氏は、自由な学びこそが自由な人生を手に入れるために必要なことだと考えています。

 

世界中の国から情報を発信

株式会社ALCHEMATIONの代表を務める傍ら、自らセミナーを開催したり、Youtubeを情報発信のツールとして利用して動画を配信するなど、積極的に世界に向けて情報発信をしています。

白石達也氏が、どのように情報を発信しているのかを詳しく知りましょう。

 

 

白石達也氏のセミナーとメルマガ

 

白石達也氏は数多くのセミナーを開催しており、Youtubeについてのセミナーが非常に高い人気を誇っています。

Youtubeを情報発信のツールとして利用してきた白石達也氏は、そのノウハウを学べるため、高い人気があるのだと考えられます。

さらに、受講料も2,970円と格安になっていることも人気の理由でしょう。

セミナーでは、Youtubeの視聴回数の増やし方やアクセス数の伸ばし方など、Youtubeで収益を得るためのノウハウを学ぶことができます。

さらに、Youtuberチームの効率的な利益の上げ方などを学べるようです。

Youtubeの動画は上手く扱えば継続して利益を上げ続けることが可能です。

そのためのノウハウを白石達也氏のセミナーで学ぶことができます。

白石達也氏は、セミナーのほかにメールマガジンを配信しています。

メールマガジンの内容は、白石達也氏が今まで経験してきたことや実績、その知識などが書かれています。

そのため、白石達也氏がどのように成功してきたかが分かります。

メールマガジンの購読は無料のため、だれでも利用することができます。

 

 

Youtubeでの白石達也氏の情報発信

 

白石達也氏は、情報を発信する際のツールとしてYoutubeを利用しています。

スマートフォンが普及したことによって誰でもお手軽にインターネットを利用することができるようになったためYoutubeを見る人が多くなりました。

現在では、YoutuberというYoutubeで広告収入や企業案件などで収入を得る人たちが続出しており、子どもがなりたい職業の上位に食い込むほど人気の職業です。

このような一般に普及される前から白石達也氏は、情報発信をYoutubeで行ってきました。

白石達也氏は、Youtubeの持つ可能性を一早くから察知して活動を続けてきたのだと考えられます。

Youtubeに多くの動画を上げる白石達也氏ですが、その動画の内容は白石達也氏自身を発信しているわけではありません。

Youtuberは、他社の商品を紹介したりする企業案件をすることがありますが、白石達也氏は自身が手掛けた情報商材の情報を発信しているのです。

情報商材の多くは、インターネットサイトで静止画や文章でアピールすることが多いのですが、動画ならば身振りや口頭で分かりやすく伝えることができるのです。

情報商材をYoutubeで活用する考えを白石達也氏は早くから着目していたということです。

インターネットが普及し世界中に情報を発信することができるようになった現在、白石達也氏は情報を世界へと分かりやすく伝えるためにYoutubeで動画を利用して人々へと情報を発信しているのです。

 

 

白石達也氏は、株式会社ALCHEMATIONの代表を務めており、教育システムのIROAS(イロアス)を開発し新たな教育の場を作りました。

そして、自身の成功のノウハウを情報商材として販売やセミナーで公開するなど精力的な活動が見られます。

文章や静止画では伝わりにくいことも動画で分かりやすく人へ伝えることができるという動画のメリットを情報商材に組み込むことで効率の良い情報発信をしています。

Youtubeでの動画公開も、インターネットが普及した今だからこそ真価が発揮されている手法であると言えます。

誰でもインターネットを使って情報を発信することも受信することもできる現代は、世界のどこからでも人々に情報を与えることができるのです。

白石達也氏が発信している情報は、これからの未来と人生を自由にするためのものです。

 

白石達也氏のマインドとは

白石達也氏が考える成功を目指す上での意識すべきことや成功するための心掛け、いわゆるマインドとはなんなのでしょうか?

 

 

学びが人生を変える

 

白石達也は義務教育を真面目に行い、塾に通って日々勉強をし、早稲田大学へ入学しました。

幼いころから親に勉強をすることを強いられ、大学まで通っていた白石達也氏ですが、大手企業に勤めたとしても安心して暮らすことができないことを知ってから日本の教育に疑問を持つようになったのです。

それ以降、セミナーに通うなどして自己投資をしていきます。

白石達也氏は、日本の教育は時代遅れであるとの考えを持っています。

義務教育で9年間、毎日勉強することになりますが、白石達也氏の観点から見ると、労働者を増やすためだけの勉強です。

勉強をして多くの知識を身に付けることは大切ですが、今の日本の教育では労働者になるためだけの教育となり、自分自身で稼ぐ方法は身に付けられないということになります。

知識を持っていたとしても、披露する場がなければ意味のないことです。

難しい勉強をしても、お金を稼ぐこと方法を知らなければ生きていくことはできないでしょう。

そのため、多くの知識を習得するだけではなく、お金を稼ぐために必要な能力を身につける場も必要であるといった考えを持っているのです。

 

 

誰もが成功した人生を歩めるよう自らが率先し行動する

 

上記にように白石達也氏は成功するためには、知識を習得すると同時にお金を稼ぐ方法を学ぶことが大切であると伝えています。

しかし、現在の日本の教育システムでは学ぶことができません。

会社の歯車となり働き続けているだけでは自由を手に入れることもできません。

これからの時代は自分自身が会社を動かしていけるようにならなければいけないのです。

そのためにも、白石達也氏は自らが教育システムを変えるために動き出したのです。

時代が変わる中で、変化のない教育を続けていては日本は厳しい世の中になってしまうでしょう。

子どもだけではなく大人も学ぶことが大切な時代なので、多くの人たちに向けて自由な学びを提供できるよう開発に踏み切ったのです。

 

リバティーレジデンツなど、様々な事業に参加する白石達也氏

日本の教育システムに疑問を感じた白石達也氏は大学のころから自己啓発やセミナーなどに参加してきました。

そうした中で出会った人物に影響を受けて様々な事業に参加していったのです。

 

 

20代という若さで企業した白石達也氏

 

白石達也は、大学在学中からソフトウエアの開発や販売を行っていました。

その経験を生かして情報商材でビジネスを始めようと決意し、セミナーや講義に参加して自己投資に励みます。

そんな中で出会ったのが伊勢隆一郎氏と村上むねつぐ氏の2人です。

ビジネス業界で注目されている人物で、セミナーや商材を手掛けている人物です。

伊勢隆一郎氏とタッグを組んだ白石達也氏は、「神龍プログラム」の企画販売を行うことになりました。

 

・習慣化のスキル

・理想の人生を達成する方法

・トラウマを克服して結果を出す方法

・コピーライティングの極意

・時間管理術

 

これらの役立つ情報をマスターできるプログラムとなります。

その後、20代という若さで有限会社エンハンスの代表取締役に就任した白石達也氏は、「最強で最大のアフィリエイター集団を構築する」という経営理論のもと、事業を始めていったのです。

エンハンスのにおいては白石達也氏が自ら中心となり、セミナーや講演を行ってきました。

コンサルティング事業や映像制作なども行っていましたが、最も注目を集めたのが「ランドオブハンモックYouTuber」でしょう。

アメリカの企業では一般的な「ダイレクトレスポンスマーケティング」の手法を教える教材で、ビジネス展開をするために有力な情報が多く提供されていたのです。

ランドオブハンモックYouTuberをキッカケに白石達也氏は注目を浴び、ネットビジネス業界で数億円以上もの売り上げを達成することになりました。

 

 

居住の自由をテーマとするリバティーレジデンツ

 

日本人であれば日本で仕事を見つけて人生を終える人が大半でしょう。

しかし、リバティーレジデンツでは日本だけではなく海外にいたとしてもお金を稼ぐことができ、苦労せずに過ごせるような情報を提供しています。

近年、仮想通貨が注目を集めています。

リバティーレジデンツでは仮想通貨に関する教育を受けることができるのです。

仮想通貨は、将来世界共通の通貨になるのではないかと予想されています。

通貨のように換金する必要もなく、インターネットさえつながる場所であればどこからでも取引ができるのです。

そのため、居住の自由を手に入れるためには仮想通貨が最も最短な方法であると言えるでしょう。

しかし、仮想通貨は初心者であれば手が出しにくいものでもあります。

知識を持っていなければ損をしてしまう可能性もあり、始めることに躊躇してしまうこともあるでしょう。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨の基礎から応用まで詳しい情報を提供しているだけではなく、語学をマスターする方法や最安値で旅行する方法なども教えてくれます。

節税やインターネットビジネスについても具体的に解説しており、生活をするために役立つ情報が満載のコンテンツであると言えるでしょう。

 

 

イロアス(IROAS)で自由を手に入れる

 

様々な事業に参加してきた白石達也氏は現在、イロアス(IROAS)を創設し、様々なコンテンツを提供し続けています。

現代の教育に疑問を感じてきた白石達也氏だからこそ見出せた新しい教育システムとなり、現在では3,500人以上もの会員数を誇ります。

イロアス(IROAS)では、専門家による専門性の高い知識を学べるだけではなく、お金を稼ぐ方法も教わることができます。

ベーシックトレーニング、ジョブトレーニング、テクノロジーツール、収入システムの4つのサービスを軸として「学びで自由を」のコンセプトのもと、多くの知識を習得できます。

そして、人間関係の自由・語学の自由・居住の自由・時間の自由・経済的な自由・健康の自由の6つの自由を獲得できるのです。

 

 

これまで、白石達也氏は様々な事業に参加してきた経歴を持ちます。

どの事業においても結果を残し、実業家として活躍している人物です。

そして、今後も多くの事業に参加して結果を残すことで日本の教育を変えることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

イロアス(IROAS)で自らが講師を務め、ビジネスで成功を収めることができるよう教育を提供している白石達也氏についてご紹介してきました。

白石達也氏は、今のままの日本の教育では将来日本人が大変な思いをするだろうと危機感を感じています。

今の日本では、9年間の義務教育を行い、受験をして高校や大学へ進学することになります。

大学や専門学校では専門的なことを学ぶことになりますが、人間が生きる上で大切なお金を稼ぐ方法は教えてくれません。

良い大学を出て大企業に勤めることで幸せになれると感じている日本人は多いでしょうが、それは確かなことなのでしょうか?

リーマンショックのような出来事があれば、大手企業であっても打撃を受けることは考えられます。

一気に人生が真逆になることも考えられるので、自分でお金を稼ぐ方法を把握しておくことは重要であると言えるでしょう。

そのためにも、白石達也氏が考えた新しい教育システムは有効です。

リバティーレジデンツやイロアス(IROAS)では、時間を掛けずにお金を増やす仕組みを教えてくれます。

インターネット環境があることで知識を習得でき、自由な時間に学べる仕組みなので、学ぶ人を選ばない利点があります。

時代に合わせた教育を受けられる点も大きな魅力となっており、様々な自由を多くの人たちに手に入れてもらうべく、白石達也氏は成功を収めた今でも情報を発信し続けているのです。

世界では日本とは違った教育を行っています。

日本人にとって有効な手段を使っているのであれば、日本でも取り入れることで日本の教育がより良くなると考えられます。

すると、日本の未来も変わってくるので白石達也氏は世界中を飛び回っているのです。

今後も多くの情報を吸収した白石達也氏が様々な事業を展開していく可能性は高いでしょう。

イロアス(IROAS)でも、新しいコンテンツを提供してくれることが予想できます。

リバティーレジデンツやイロアス(IROAS)は、時代に合った学び方で多くの知識を習得でき、お金を稼ぐことができる教育システムです。

白石達也氏のマインドに共感し、日本の教育システムに疑問を感じたのであれば、今後も白石達也氏に注目し続けることで自分自身の成長にもつなげることができるのではないでしょうか?

今後も白石達也氏が考える教育システムの変化に注目していきましょう。

関連キーワード
コラムの関連記事
  • どうして自分の趣味について「嘘」をつく必要があるのか、あるTweetから考えてみた
  • 皆の「黒歴史」教えて!見た目はできる大人なあの人もじつは・・・
  • ウソと純愛の間で揺れる「不倫モノ」が最近なにかと話題な件
  • 【考察】netgeekの嘘と罪から見る現代の「誹謗中傷」のカタチ
  • 熊谷亮氏の『マエストロの株式ボナセーラ』口コミ評判を調査!
  • 「令和」の影に隠れてしまった2019年エイプリルフール
おすすめの記事