• ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
アール・エス・アセットマネジメントの「海外環境ビジネス」って何?解説します。

こんにちは!
本日は、アール・エス・アセットマネジメントの海外環境ビジネスについて取り上げてみます。
皆さんは海外環境ビジネスという言葉からどんなものをイメージされるでしょうか?
アール・エス・アセットマネジメントは元々日本の再生可能エネルギーを活用しファンド運営を行っています。
そんなアール・エス・アセットマネジメントでも取り組んでいるのが海外環境ビジネスです。
具体的にどのような仕事を行っているのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、アール・エス・アセットマネジメントの海外環境ビジネスについてはもちろん、そもそも海外環境ビジネスという言葉の意味は何か、具体的にどんな事業を指しているのかご紹介していきます。
海外環境ビジネスがどういったものか知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外環境ビジネスという言葉の意味

海外環境ビジネスと聞いても意味を理解できていない人も多いのではないでしょうか?
そこで、海外環境ビジネスという言葉の意味を調べていきましょう。

■環境ビジネスは地球のことを考えたビジネス

日本だけではなく世界中で地球環境についての問題が山積みとなり、議論が繰り返されています。
地球環境の悪化は人間が便利に過ごすための結果として生まれてきた問題です。
環境ビジネスについて知る前に環境問題について見直してみましょう。
地球問題として挙げられるものはいくつかあります。

例えば、オゾン層の破壊です。
太陽からの有害な紫外線を防ぐ役割を持つオゾン層は、フロンガスによって破壊されてしまいます。
オゾン層が破壊されることで人体だけではなく動植物にも様々な影響を与えるだけではなく、気候にも変化が表れてしまいます。
次に酸性雨です。
自動車の排気ガスや工場からのばい煙などの影響で酸性の雨を降らせます。
すると、植物を枯らしてしまうなどの問題が起こり、農作物や動植物の生態にも大きな影響を及ぼします。
そして、地球温暖化もそうでしょう。
温室効果ガスが増えることで温暖化が進んでいくと、南極の氷が溶けだして砂漠が少なくなったり、島がなくなってしまうなどの問題があるのです。
また、森林が減っていることを聞いたことがある人もいるでしょう。
毎年、日本の国土4割相当の森林が減少していると言われています。
毎日のように使用している紙やパルプの原料が森林であることが多いため、人間が快適に生活するために環境問題が悪化していることが予想できます。
このほかにも、砂漠化や海洋汚染、野生生物の減少なども問題視されています。
地球環境が悪化することで、生態系の破綻やエネルギーや資源の枯渇など、人類を脅かすような問題も浮上するのです。

これ以上、環境負荷を次世代へ続けていけないためにも、一人ひとりが意識することが大切となり、日本や世界各地でボランティアが環境保全を行う活動がなされていますが、資金の都合で限界があることも事実です。
そこで、生まれたのが環境ビジネスと言えます。
環境ビジネスにおいては、環境への負担が少なくなるような製品の開発や企画、サービス、環境保全技術やシステムなどを提供する事業となります。
環境ビジネスが定着、拡大していくことで環境保全につながると考えられるでしょう。

■海外環境ビジネスとは?

では、海外環境ビジネスとは一体どういった意味を持つのでしょうか?
上記のように、環境保全のことを考えて提供されるビジネスと言えますが、日本国内では市場規模が拡大していても、海外では未開拓な地域も多く、環境保全を行っていくことが難しい場合もあります。
特に発展途上国においては急速な都市化を進めていくことで環境問題が表面化しつつあります。
そこで、活用されているのが海外環境ビジネスなのです。
それぞれの地域で暮らしている人たちの生活を良くするだけではなく、環境保全も同時に行えるので地球規模でより良い環境を保っていくことにつながるでしょう。
そのため、海外環境ビジネスは海外での環境問題を改善するために行うビジネスのことを指すのです。

海外環境ビジネスは、それぞれの地域に見合った方法によって環境の悪化を防ぐビジネスです。
世界中に広がることで、地球に優しい暮らしができるのではないでしょうか?

海外環境ビジネスとは具体的にどんな事業を指しているのか

では、実際に海外環境ビジネスはどういった事業を展開しているのでしょうか?
具体的な内容を解説していきましょう。

■海外環境ビジネスには種類がある

環境ビジネスと言っても、方法は1つではありません。
いくつかの方法の中からその国に合った事業を展開しています。
多数の種類に分類される環境ビジネスについて解説していきましょう。

・環境汚染防止
土壌汚染や水質汚染など、日本だけではなく海外で問題となっている環境汚染ですが、土壌や水質の悪化を防げるように化学物質を使用しない製品づくりを行ったり、汚染された水をクリーンなものに変化させる事業となります。
また、汚染しないよう保護することも事業の一環です。

・廃棄物処理や資源の有効活用
ゴミ問題は世界中で解決していかなければいけない問題です。
金属や廃プラなど、リサイクルできるものはリサイクルして資源を有効に活用するだけではなく、バイオ資源としてゴミを有効活用することも広まっていきています。

・地球温暖化対策
化石燃料を使用したエネルギー供給によって二酸化炭素の排出は年々増えています。
そのため、化石燃料を使用せずにエネルギーを供給できる再生可能エネルギーが注目されています。

・自然環境の保全
森林伐採によって自然環境は悪化していきます。
森を再生させるために緑化運動を行ったり、ビルの上で行う農業など、様々な方法で自然環境を保全する動きが聞かれます。

■注目される再生可能エネルギー

上記のように海外環境ビジネスには色々な種類があることが分かりますが、中でも注目されているのが「再生可能エネルギー」です。
再生可能エネルギーはヨーロッパで積極的に活用されていることはご存知でしょう。
アイルランドやノルウェーにおいては、水力発電を中心にしてエネルギーの供給がされているため、石炭や石油を利用することがほとんどありません。
日本においては再生可能エネルギーは普及が進んでいませんが、拡大に向けて動き出していることは事実です。
また、東南アジアや南アフリカにおいては石炭に強く依存しており、イランやサウジアラビア、エジプトやシンガポールなどは石油や天然ガスが多く採れる地域でもあるので、再生可能エネルギーは普及していないと言えます。
こうした地域に再生可能エネルギーを導入することで、地球環境の悪化を防ぐことに繋がるので、導入したいと考えている人々や企業をサポートすることも海外環境ビジネスの一貫なのです。

海外環境ビジネスの中でも注目されている再生可能エネルギーの普及によって、地球環境が良くなるだけではなく、電力の安定供給にも繋がります。
大規模な設備投資が必要なく、燃料の輸入も基本的には不要となっているため、多くの地域に導入しやすいメリットがあるのです。
安定した電力の供給によって産業の発展や雇用の拡大にも繋がるので貧困で悩む地域にも導入が勧められる事業でしょう。

アール・エス・アセットマネジメントの事業分野についてまとめる

最後に、アール・エス・アセットマネジメントで行われている事業について解説していきましょう。

■アール・エス・アセットマネジメントの概要

再生可能エネルギーファンドの資産管理を行うことを目的として2013年3月に設立されました。
資本金は5000万円で本社を東京都赤坂に置いています。
2013年には東日本大震災が発生し、電力の不安定さを自らが痛感したことで安定した電力の供給が必要であると考え、会社の設立に向けて動き出したのです。
そして、クリーンで安全なエネルギーの供給を促すために、様々な事業を展開しています。

■アール・エス・アセットマネジメントの事業内容

・アレンジメント事業
太陽光発電投資においては、特別目的会社が設置候補地の選定、設備設置、期中メンテナンスなどを提携会社に委託することで、少ないコストでリターンを得られるようサポートしてくれます。
あくまでも安全と安定を最優先としているので、ハイリスクを抑えながら出資リターンを最大化できるよう協議しながら構築してくれます。

・インベストメント事業
太陽光発電設備を所有している特別目的会社に対し、匿名組合出資を用いて安定した売電利益を確保する事業です。
出資額以上の損失を被ることがなく、安定した収入確保を目指せるでしょう。

・事業分野
太陽光発電においては、土地交渉、企画、施工、運用・保守までトータルでサポートをしてくれ、事業発展に貢献できるよう開発を行ってくれます。
このほかにも、環境負荷の低い発電方式のバイオマス発電や尽きることのない自然の風を利用して発電させる風力発電、低リスク、低コストで注目される地熱発電、出力変動が少ない火力発電などの再生可能エネルギーの開発や設計を行っています。
また、アール・エス・アセットマネジメントでは、培ったノウハウを活かして海外環境ビジネスも展開しています。
各国、各地域においてニーズに合わせた再生可能エネルギーを中心にしてビジネスを行い、2018年にはYCP Holdings Limitedと合同し、「RESEA INVESTMENTS, LLP」を設立し、東南アジア新興国において再生可能エネルギープロジェクトを運営しています。

アール・エス・アセットマネジメントは、世界でも注目されている再生可能エネルギーを用いた海外環境ビジネスを展開しています。
国によって抱えている問題には違いがありますが、問題解決に向けてニーズに合った海外環境ビジネスに取り組んでくれることが予想できます。
まだまだ発展途上な企業ですが、徐々に実績を伸ばしている企業なので今後の展開に注目していきましょう。

 

関連キーワード
FAKENEWS特集の関連記事
  • テレビを見る子供
    悲しいニュースだけじゃないよ 今日も「虚構新聞」はコロナを笑いに変えるのだった
  • ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーションが怪しい?実態を調べてみた!
  • アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?
  • 坂本よしたかの稼ぐ方法で億万長者になれるのか検証しました
  • 【メディアでも話題】株式会社シロカの噂・口コミを徹底検証!
  • オープンハウスの採用情報を徹底分析|ブラック・年収・評判・クチコミなど
おすすめの記事