• ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
RSアセットマネジメントの「バイオマス発電」って何?解説します。

こんにちは!

本日は、アール・エス・アセットマネジメントのバイオマス発電について取り上げてみます。

皆さんはバイオマス発電がどういった発電方法かご存知でしょうか?

何となくどういったものかイメージできても、具体的にはどのような発電方法なのか分からないという方も多いかと思います。

そこで今回は、バイオマス発電がどういったものなのか詳しく解説していきます。

バイオマス発電について知りたい方や、バイオマス発電を活用するアール・エス・アセットマネジメントについて調べている方は、ぜひ参考にしてみてください。

バイオマス発電という言葉の意味

バイオマス発電という言葉を聞いたことがあるという人はたくさんいるはずです。

何となくどのような発電方法なのか知っているという人も少なからずいるかと思います。

しかし、バイオマス発電とはどのような発電なのかしっかりと説明できるという人はそれほど多くないでしょう。

そのため、まずはバイオマス発電という言葉の意味について説明していきます。

バイオマス発電のバイオマスとは?

まずは、バイオマス発電のバイオマスとはどのような意味を持つ言葉なのかご紹介しましょう。

バイオマスというのは、生物という意味を持つ「bio」と、量という意味を持つ「mass」からできている言葉です。

具体的には、化石燃料ではない生物由来の再生可能な資源を意味している言葉となっています。

つまりバイオマス発電は、化石燃料ではない生物由来の再生可能な資源を活用した発電方法ということになります。

バイオマス発電はどのように発電をするのか

バイオマス発電では、バイオマス燃料を燃やした時に出てくる水蒸気やガスを活用してタービンを回し、その力で発電をします。

火力発電と同じような発電法になっています。

しかし、自然界の燃料を使っているため、クリーンな発電方法として注目を集めているのです。

またバイオマス発電は、再生可能な資源を使っていると言いますが、バイオマス発電で活用される再生可能な資源は植物が長い年月をかけて変化したものも含まれます。

そのため、常に使い続けられるかというと、そういうわけではないという特徴も持ち合わせています。

その他にも、バイオマス発電は他の発電方法よりもコストがかかるというデメリットも存在しているのです。

それもバイオマス発電の普及が進まない要因の1つとして挙げられるでしょう。

地球の環境には優しいバイオマス発電

バイオマス発電は、コストがかかってしまうというデメリットがある発電方法です。

しかし、CO2を発生させない発電方法となっているため、地球の環境にとっては非常に優しい発電方法となっています。

そのため、問題視されている地球温暖化対策には非常に有効な発電方法だと言えるでしょう。

コストがかかってしまうという点は、大きなデメリットに感じてしまう人もきっといます。

ただ、地球規模で考えた時にはCO2を発生させることがなく、環境に優しいと言いうメリットが存在していることも忘れてはいけません。

アール・エス・アセットマネジメントも、事業の1つとしてバイオマス発電に関する取り組みを行っています。

現在はまだ、バイオマス発電の設備の数は多くありませんが、今後はさらに規模を拡大していく可能性があるでしょう。

アール・エス・アセットマネジメントは、地球環境と人々に優しく、安心して利用できるような電力供給を目指しています。

それを実現するためにも、バイオマス発電は非常に大きな役割を担うのではないかと考えられます。

アール・エス・アセットマネジメントが展開しているバイオマス発電について知ることで、再生可能エネルギーに関する理解も深まるはずです。

バイオマス発電は具体的にどんな風に発電するのか

先ほどは、バイオマス発電がどのような発電なのかについてご紹介しました。

続いては、バイオマス発電はどのように発電をするのか見ていきましょう。

バイオマス発電と言ってもいくつかの方式があり、それぞれに特徴があるため、知っておいて損をすることはないはずです。

直接燃焼方式

直接燃焼方式は、木材などを燃焼させることによって、水を沸騰させます。

そこから発生した水蒸気でタービンを回し、発電するという方法です。

水蒸気を利用して発電をするという点においては、火力発電と同じです。

この方式で発電をする場合は、作り出せる温度が比較的低くなっているため、大きな設備がないと効率が悪くなってしまうという特徴があります。

しかし、設備が大きくなればなるほど木材が大量に必要になります。

そのため、安定した木材の調達が必要となってしまうので、発電をする際のハードルは高くなってしまうでしょう。

熱分解ガス化方式

熱分解ガス化方式は、木材などを蒸し焼きにする時に発生するガスを燃料にし、タービンを回すことで発電するという方法です。

木材を蒸し焼きにするということは、炭ができるということになります。

炭ができる過程において、木材からは熱分解ガスという可燃性のガスが発生します。

このガスを発電に活用するという点が直接燃焼方式との違いです。

また熱分解ガス化方式は、燃焼する温度が比較的高めになっているので、可燃成分を最大限まで活用できるというメリットがあります。

それだけではなく、直接燃焼方式よりも小さい規模の発電所で済むため、作りやすさにおいてもメリットが感じられるでしょう。

生物化学的ガス化方式

生物化学的ガス化方式は、発酵しやすいと言われている下水や汚泥、家畜の糞尿などから発生するバイオガスを活用するという発電方法になっています。

そのバイオガスを燃料にすることによって、タービンを回し、発電ができるのです。

水や汚泥、家畜の糞尿などは、水分が多いため燃えにくいという特徴があります。

しかし、この方法を採用すれば燃えにくいバイオマスも発電に活用ができます。

さらに生物化学的ガス化方式の場合は、廃棄物の有効活用ができるというメリットがあると言えるでしょう。

それだけではなく、水や汚泥、家畜の糞尿などから発生するガスの発熱量の多さも生物化学的ガス化方式のメリットだと考えられます。

つまり、非常に効率の良い発電方法だということになるのです。

バイオマス発電の発電方法には、このようなものがあります。

この3つの方法は、どれも特徴が異なっています。

しかしこの発電方法を比較してみると、生物化学的ガス化方式による発電が最も効率が良いと言えることは明白です。

もちろん、直接燃焼方式や熱分解ガス化方式も魅力的な部分はあります。

そのため、バイオマス発電設備を設置する用地がどれくらい確保できるかなどを考慮した上で、どの方式を採用するか決める必要があるでしょう。

アール・エス・アセットマネジメントの事業分野についてまとめる

アール・エス・アセットマネジメントは、2013年3月に設立した再生可能エネルギーファンドを行っている会社です。

ここでは、そんなアール・エス・アセットマネジメントが取り組んでいる事業分野を紹介していきましょう。

各種発電方法のトータルサポート

主な事業分野としては、太陽光発電を中心とした各種発電方法の土地交渉・企画・施工・運用・保守をトータルサポートしています。

豊富な専門知識と実績を持っているので、顧客の事業運営に貢献し続けているのも特徴です。

発電方法としては、太陽光発電をはじめ、バイオマス発電・風力発電・水力発電・地熱発電などです。

そのどれもが環境負荷が低い将来性の高い発電方式になっています。

中でも太陽光発電・バイオマス発電・風力発電はアール・エス・アセットマネジメントが得意とする分野です。

再生可能エネルギーは枯渇することがない資源なので、発電システムを充実させ発展していくことが見込まれています。

バイオマス発電以外では、大手企業と連携して出力10kW以上の産業用の太陽光発電投資を行っているのが大きな特徴です。

風力発電に関しても、立地調査・事業計画策定・建設・運転・保守等をサポートしており、市場拡大を見込んでいます。

国内では風が強い島国でもあるため、風の動力が発電に貢献すると考えられているからです。

水力発電についても、候補地選定・実施設計等に力を入れており、安定したエネルギー供給を目指しています。

地熱発電は、国内の地熱資源量が世界第3位という点もあり、今後の新たなエネルギー源として期待されている発電方法です。

アール・エス・アセットマネジメントでは、低リスク・低コストで開発可能なバイナリー発電方式を採用しています。

海外の企業と共に会社を設立するなど、力を入れている事業分野です。

そのほかの事業分野

再生可能エネルギーのトータルサポート以外にも、市場調査・コンサルティング・海外環境ビジネスなどにも携わっています。

市場調査・コンサルティング

市場調査・コンサルティングでは、再生可能エネルギーの運用に携わりたい顧客に対し、ビジネスをスタートさせるために理解しておくべき情報を提供しています。

アール・エス・アセットマネジメントには高い専門性を持ったスタッフが豊富な実績を築いています。

そのノウハウや必要な情報を、新しくビジネス構築しようとする顧客に活かしているのです。

顧客のニーズを理解し、アイデア検討・環境における技術シーズや研究先の探索・費用対効果・体制・運営などそれぞれの観点から課題を見つけ、解決に導きます。

海外環境ビジネス

アジア諸国では、エネルギーや環境問題対策が急務という実態にあります。

そんな中、アール・エス・アセットマネジメントではこれまで培ったノウハウや実績を活かして、課題への取り組みや再生可能エネルギーを中心に環境事業の構築を進めています。

東南アジアでは、パートナー企業とともに再生可能エネルギープロジェクト運営の会社を設立しました。

環境問題は、国内だけでなく世界的に深刻な問題であるからこそ、海外事業にも力を入れているのです。

関連キーワード
FAKENEWS特集の関連記事
  • テレビを見る子供
    悲しいニュースだけじゃないよ 今日も「虚構新聞」はコロナを笑いに変えるのだった
  • ドリーム・オブ・トータル・コミュニケーションが怪しい?実態を調べてみた!
  • アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?
  • 坂本よしたかの稼ぐ方法で億万長者になれるのか検証しました
  • 【メディアでも話題】株式会社シロカの噂・口コミを徹底検証!
  • オープンハウスの採用情報を徹底分析|ブラック・年収・評判・クチコミなど
おすすめの記事