• ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • FAKE情報を検証
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ハルシオンインキュベーター FAKE情報を検証
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
不動産投資と太陽光発電投資を比較!メリットが多いのはどっちだ

人生100年時代と呼ばれている今の日本では、老後を心配して多くの人がお金を貯めていることでしょう。
しかし、働き方改革が推進されてきている現代は、本業で働く時間が短くなることによりたくさんの収入を得られない人は多くなると予想されています。

そんな不安を抱えている人達が注目しているのが投資です。
投資はハイリスク・ハイリターンなので、上手くいけばつぎ込んだ以上のお金が戻ってきますが、そうでなければ多くの資金を失うことになります。

ここでは、始めるのを躊躇ってしまいがちな投資というジャンルにスポットを当て、その中でも多くの収益が期待できる不動産投資と、ローリスクで安定した収益が得られる太陽光発電投資を比較していきます。
不動産投資と太陽光発電投資、どちらが取り入れようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

不動産投資や太陽光発電投資とは?

将来の資産を安定化させるために行う投資は、現在ある資本に投資を行い収入を得ていくものになっています。
投資には株式投資や個人向け国債、個人向け社債、投資信託、不動産投資、太陽光発電投資など様々な投資が存在しています。

その中でも不動産投資や太陽光発電投資は初期費用が多くかかりますが、長い運用期間でコツコツと利益を積み上げていく形で利益を得られるのです。

このような方法は銀行口座にお金を入れ定期預金の金利を使ってお金を増やしていくやり方に似ています。
しかし、現在銀行にお金を預けていても超低金利によって利益となるお金はごくわずかなものです。

貯金額の0.01%が追加されるため、たとえ100万円を預けていたとしても1年間で得られる金額は1万円にしかなりません。

定期預金以上に稼げる投資として人気なのが、不動産投資や太陽光発電投資です。
不動産投資と太陽光発電投資それぞれの特徴について解説していきましょう。

不動産投資

不動産投資とはマンションやアパート、賃貸、駐車場を買い取り運用していく方法です。
収入獲得方法は不動産経営を行い、様々な人に自身が所有している物件に入居や利用をしてもらい、入居者から家賃料や利用料で収入を得ることで投資が成り立ちます。

しかし、購入した物件が老朽化により古くなった場合、物件の価値が大きく下がり入居数が減少する場合もあるでしょう。

そうなった場合、収入が期待できなくなるので不動産を所有している人は物件を売却し、その差額で利益を得ることも可能となっています。

不動産投資の大きな特徴としては、比較的安定した投資になっているのが特徴です。
入居者さえいれば収入は入ってくるので毎月安定した賃貸収入が入ってくるでしょう。

入居者が多くなった時には大量の収益を得ることも可能であり、最初は副業で始めたつもりでも本業として成り立たせることも十分にできます。

管理会社と契約して運用をお願いすれば簡単に運用することも可能なので、非常に魅力溢れる投資とされています。

太陽光発電投資

太陽光発電投資は太陽光のエネルギーを使って電力を生み出すことから始まります。
太陽光のエネルギーを電力にするためにはソーラーパネルというものが必要で、その設置にかかる費用が初期費用となります。

ソーラーパネルによって作られた電力は電力会社に届けられ、家庭で使ったり作った電力を全て電力会社に買い取ってもらったりして、お得な生活や収入につなげることができます。

そんな太陽光発電投資ですが、収入を得るために必要となるのがソーラーパネル以外に太陽光のみという特徴を持っています。

枯渇することなく無限に供給される太陽光を利用するので、不動産投資のように入居者数に左右されることは少なくなります。

ソーラーパネルを設置する場所や天候によっては、あまり多くの電力を得られないこともあるかもしれませんが、良い場所での運用ができれば収入は期待できるでしょう。
また、現在は固定買取価格制度によって太陽光発電投資を行っている人は運用を始めた年から20年間はずっと同じ価格で電力を売ることが可能です。

何年先も同じ収入を確約してくれるのは、経済が悪化したり良好になったりと変化が激しい日本では非常にありがたいものと感じられるでしょう。

結局どっちが儲かる投資なのか?

不動産投資や太陽光発電投資は比べると結局どちらがいいのか判断付かない人は多いでしょう。
結論から言うとそれぞれ一長一短であり、どちらも同じくらいのリターンとして返ってくる場合もあれば、そうでもない時もあります。

安定性から考えるおすすめの投資

現在がインフレの状態だと判断できる場合には不動産投資の方が強いとなるでしょう。
家賃、物件が価格が高くなり値上がりにより収益を多くできます。

安定した経済状況が続くようであれば長期において収益獲得が可能であり建物の価値がある限りずっと続いていきます。

しかし、空室となってしまうのが大きなリスクであり、長年安定した収益になるかどうかは断定できません。

反対にデフレ時に強いとされるのが固定買取価格が設定されている太陽光発電投資です。
10年や20年間の固定収益を獲得できソーラーパネルが壊れさえしなければ、余計な費用をかけることなく初期費用を回収し、収益を得ることができます。

利回りから考えるおすすめの投資

不動産投資や太陽光発電投資は利回りという計算によって得られる収入をあらかた把握することができます。
利回りは数字が高ければ高いほど投資にかけた費用以上に多い収益性となり、儲かる投資となります。

数字でみると不動産投資は1~15%、太陽光発電投資は8~11%です。
こう見ると不動産投資の方が最大数値が高く儲かる投資に見えますが、最低数値をみると1%と低く運用によっては全然儲からない投資となっています。

最低数値が8%になっている太陽光発電投資はどんなに低い収益の時でも8%分のリターンがあります。
こう考えると太陽光発電投資法が安定しており、確実に収益を得られることが分かります。

決して不動産収益が稼げないというわけではありませんが、あらゆる状況に対応しながら進める不動産投資で何十年も安定した収益を獲得するのは様々な苦労があります。

人生は100年時代であり日本は非常に長生きな国になってきていますが、お金を管理できる年齢にも限界があります。

自分がきちんと管理できる年齢を把握しながら投資を選ぶ必要はありますが、20年間の運用で管理を終えられる太陽光発電投資は、今の時代にピッタリ合った投資だと言えるでしょう。

太陽光発電投資はメリットがいっぱい

投資として考えて太陽光発電投資の導入を行う人は多いですが、太陽光発電には投資以外にもメリットがあります。

まず1つ目は、最初の記述でも出てきたように電力を自宅で利用できることです。
不動産投資の場合得られるものは賃貸料としての収益ばかりになってしまい、生活がお得になるものがありません。

太陽光発電では発電した電力を家庭用電気として使い、電気代を賄えるのでお得感をたくさん感じられるでしょう。

2つ目のメリットは貯めた電力を非常用として扱えることです。

停電によって電気が使えなくなった場合、特に夜間で停電してしまうと目の前や足元が見えなくなり怪我をする危険性が高まります。

太陽光発電で作られた電気は、そのような異常時にも供給を可能としており安心できる生活を支えてくれます。

3つ目のメリットは地球に優しいことが挙げられます。
現在私たちが使用している電力は、主に火力発電から電力を生み出しています。
火力発電は非常に強力なパワーで多くの電力を作り出しますが、その分環境へのダメージも大きいものとなってしまっています。

そんな環境汚染問題を解決してくれるのが太陽光発電です。

運用するためには日当たりが良い場所を選ばなければいけないため、森林を伐採して土地を活用することもありますが、二酸化炭素を排出しないという特徴は近年問題視されている温暖化にも良い影響をもたらすでしょう。

また、他にもメリットはあり、住宅の屋根部分にソーラーパネルを設置した場合、物理的な断熱効果が働き屋根表面の温度が保たれるようになっています。

夏は熱を吸収しにくく冬は室内の暖かい温度を逃がしにくくしてくれるので、暑い夏も寒い冬も温度を快適なものにしてくれます。

これにより、さらなる節電につなげられソーラーパネルを屋根に付ける家庭も多くなってきています。

 

太陽光発電投資を始めるならRSアセットマネジメント

ここまできて、太陽光発電投資を始めてみたいと思った人は多いことでしょう。
実際に投資運用を始めるためには、ソーラーパネルを扱っている企業に設置をお願いする必要が出てきます。
企業はいくつもありますが、特におすすめなのは運用のための用地交渉も行ってくれるRSアセットマネジメントです。

RSアセットマネジメントは用地交渉から工事、運用サポート、メンテンナスといった非常に多くのことを手掛けている会社です。

ソーラーパネルの設置工事だけに留まらず、あらゆるサービスを行っているからこそ多くの人に選ばれ人気となっています。

また、RSアセットマネジメントは顧客の収益性を高めるために適した運用方法を提案してくれます。
自分の考えにはなかった運用地で不安になることもありますが、結果的に誰もがこの場所を選んで良かったと思える程、非常に高い収益性を可能にしています。

公式ホームページでは今後予定されている工事場所の情報も事細かく、そして定期的に更新していることから、信頼を寄せられています。

年々新規の導入件数が多くなっているRSアセットマネジメントは顧客の信頼を呼びさらに大きな会社へと成長していくことが予想されています。

固定買取価格制度が設定されている今、2020年に入るとこの制度がなくなり収入は落ち込んでしまうかもしれないと囁かれています。

ぜひ2019年度内に導入を相談してみてはいかがでしょうか?
20年間の安定した収益で、老後も安心できる暮らしに変わっていくことでしょう。

おすすめの記事