• カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
  • ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
教育AI賞を受賞したトライグループの学びへの取り組みとは?

家庭教師のトライや個別教室のトライを運営する株式会社トライグループは、
コミカルなCMのイメージとは裏腹に「学ぶ」ことに真剣に取り組んでいる企業です。

時代の移り変わりや学習環境の変化にいち早く対応し、
子どもたちの学びを多角的にサポートしてきました。

「日経 xTECH EXPO AWARD 2019」において
準グランプリを受賞したトライ式AI学習診断はその一端といえるでしょう。

他にも、映像授業サービスを無制限で見ることができるトライイットなど、
これまでの常識に捉われない学び方を提案しています。

今回は、トライグループが取り組む、変わりゆく学び方への対応についてご紹介します。

 

トライグループとはどんな企業?

企業

二谷友里恵氏が代表取締役を務める株式会社トライグループは、
家庭教師を派遣する家庭教師のトライや個別指導塾の個別教室のトライといった
子どもたちの学習をサポートしている企業です。

1987年の創業以来、120万人以上への指導実績を誇り、培ったノウハウを活かして
通信制高等学校サポート校「トライ式高等学院」や
「トライ式医学部合格」「難関大合格コース」などを展開してきました。

 

また、対象を大人に絞ったビジネス英会話や宅地建物取引士、
ファイナンシャルプランナーといった講座が揃う「大人の家庭教師」では、
趣味を楽しむシニア世代に向けたゴルフや水彩画、ギター教室といった講座も展開しています。

培ったノウハウを活かし、
個人に合わせた学習カリキュラムを作成できるのがトライグループの強みであり、
それは大人にも適用されます。

語学研修やビジネススキル研修といった法人向けサービスでは
対象の企業ごとにコンサルテーションを行うので、目的に沿った成果が出やすいのが特徴です。

 

個性的なCMは常に注目を集めている

学習

トライグループと聞いて真っ先にCMを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

話題性の高いタレントやアイドルを起用したCMやアニメをベースにしたCMで一躍有名になりました。

中でも、アニメ「アルプスの少女ハイジ」の登場キャラクターたちが繰り広げる
トライグループのCMは、コミカルな展開が注目を集め、シリーズ化
しています。

歴史ある広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とした
「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」や、日テレCM大賞でも受賞歴があるなど、
そのクオリティの高さはメディア業界でも評判となっています。

トライグループのCMがここまで評価された背景には、
教育という一種の“聖域”の常識を打ち破り、
アニメや話題性の高い芸能人などを起用したCMを展開したという点が挙げられるでしょう。

CMのベースとして採用したアニメが「アルプスの少女ハイジ」だったことにも大きな戦略が見えてきます。

もともとは1880年ころに執筆された児童文学作品だったハイジが日本でアニメ放送されたのは1974年でした。
当時夢中になってアニメを見ていた世代は今、子どもを持つ親となっているのです。

CMを見て懐かしさや親しみを感じ、
トライグループの利用を検討する家庭が増えたことは想像に難くありません。

学習指導における豊富なノウハウと
巧みな広告戦略がトライグループの立場をより確かなものにしたのです。

 

教育AI賞を受賞した「トライ式AI学習診断」とは?

勉強

「日経 xTECH EXPO AWARD 2019」にて教育AI賞を受賞

トライグループが120万人以上の指導実績を基に、
ソニーコンピュータサイエンス研究所が出資を行うギリア株式会社と共同開発した
「トライ式AI学習診断」は2019年、「日経 xTECH EXPO AWARD 2019」において
準グランプリ・教育AI賞を受賞
しました。

「日経 xTECH EXPO AWARD」とは最新技術とビジネスを融合させ、
“境界(クロス)領域”で起こるイノベーションを評価するもので、
単純な技術だけでなく付加価値なども評価の対象になります。

 

「トライ式AI学習診断」は、
教育とデジタル技術を融合させるEdTechの先駆けとして高い評価を受けました。

EdTechとは、教育(Education)と技術(Technology)をかけ合わせた造語で、
教育に技術革新を起こすビジネスやサービスの総称として使われます。

教育現場は長い間、変化を良しとしない“聖域”とされてきましたが、
時代の移り変わりや学習環境の多様化により大きな変化を求められるようになりました。

そこで期待されているのがEdTechであり、
そのEdTechの先駆けとして評価を受けたのが「トライ式AI学習診断」です。

 

「トライ式AI学習診断」とは?
トライ式AI学習診断とは、生徒一人ひとりの学力の全体像を正確に把握するシステムです。

つまずいた箇所を穴埋めする指導ではなく、つまずきの前後からの関係性や、
つまずく原因までを網羅することで学力を解析・診断しています。

これは豊富な指導実績による膨大なデータがベースとなっており、
トライグループだからこそ実現できたシステムといえるでしょう。

診断と言っても、
アプリで約20問のクイズに「○・×・わからない」の選択肢から選んで回答するだけです。

およそ10分程度クイズに答えるだけでAIが苦手科目や分野、今の学力を正確に診断してくれます。

診断結果は単元別に理解度を「得意・やや苦手・苦手」3段階で表してくれるので、
自分でも認識していなかった苦手な単元を知ることができます。

トライ式AI学習診断は中学・高校の主要科目に対応しているので、
受験対策だけでなく、定期テストにも役立てられるシステムです。

高性能な学力診断が手軽に、高速で行えるトライ式AI学習診断は、
そのコンセプトや革新的な技術が高く評価され、教育AI賞受賞に至りました。

 

トライグループの新たな取り組みとは?

教室

家庭教師の派遣や個別学習塾を軸とした運営を行っているトライグループですが、
2015年に新たな取り組み、「トライイット」を開始します。

映像授業を無料で受けられるトライイットはオンライン上で無料配信されるだけでなく、
生徒からの質問に家庭教師がオンラインで答えるという、当時業界初の試みでした。

 

「人は、人が教える。人は、人が育てる。」という信念

授業の様子を撮影して配信するサービス自体は従来からあり、別段珍しいものではありません。

ところが、トライグループが開始したトライイットは、配信中にわからない箇所がある場合、
生徒がスマートフォンを振るだけで家庭教師に質問ができる「トライイット機能」や、
家庭教師からの答えもオンラインで返ってくる
という点が大きな特徴です。

これは、子どものスマートフォン所有率が高いことに着目し、
サービスの開発を進めたトライグループのこだわりで、
「人は、人が教える。人は、人が育てる。」という信念を貫いた結果といえるでしょう。

時代の流れや学習環境の変化を受け入れながらも、価値観を大切にし、
オンライン家庭教師サービスという形を取ったトライグループはEdTechの先駆けとして
教育業界を牽引する役割を果たしています。

 

トライイットを開始した背景とは?

トライグループは家庭教師派遣や個別学習塾の運営により子どもの学習をサポートしてきました。

120万人を超える子どもの学力向上に注力し、多くの実績を残しましたが、一方で様々な理由により思うような学習ができない子どもたちがいることも知るのです。

近くに家庭教師がいない、学習塾や予備校といった学習施設が行動圏内に存在しないなど、
地域や経済的な事情から学習機会を失っている子どもは少なくありません。

トライグループはそういった教育格差を埋めるためにも
トライイットのようなサービスが必要だという考えに至るのです。

 

トライイットとは?

トライイットの配信授業は1回およそ15分と短く設定されており、空いた時間を利用して手軽に学習できるように工夫されているのが特徴です。

細やかな単元を短い時間でわかりやすく配信することで
学習効率のアップを図るとともに、キーワードで見たい授業が検索しやすいなどのメリットもあります。

中学・高校の主要科目に対応しているので、
授業の予習復習から定期テスト、受験対策として幅広く活用可能です。

 

まとめ

NEVERSTOPLEARNING

今回はトライグループが取り組む、変わりゆく学び方への対応についてご紹介しました。

誰でも学ぶ機会を得られるだけでなく、選択肢を充実させられるよう、
時代の移り変わりや学習環境の変化にいち早く対応するトライグループ
は、
EdTechの先駆けとして、今後もその役割を果たしていくでしょう。

関連キーワード
評判の関連記事
  • ニコリオはどんな会社?「ラクビ」など取り扱っている商品の口コミ評判をご紹介!
  • アニスピホールディングスが展開しているわおん事業を徹底調査!
  • 口コミ高評価!? 晁 向陽氏の東立商事とは
  • 坂本よしたか代表のライトニングプレミアムを調査したらヤバい評判や事実が分かった
  • 教育AI賞を受賞したトライグループの学びへの取り組みとは?
  • 株式会社やまとはどんな会社?働いている人に聞いた真実
おすすめの記事
「民営化」のウソとホントウ
FAKENEWS特集
郵政民営化や水道民営化など、日本では様々な部分に民営化が採用されています。しかし、郵政民政化や水道民政化には、嘘がたくさんあるというのをご存...