検討者必見!太陽光発電投資アースコムのリアルな姿や評判を調査!

これから主流とされるエネルギー資源としてだけでなく、エコな資源として注目されているのが太陽光発電です。

日本政府でも太陽光のエコな資源を用いることで利用できる優遇措置を設けていることから、安心・安全性の高い投資商品として投資家から認知されています。

太陽光発電投資を提供するアースコムは、安全な節税と資産運用を太陽光エネルギーで実現するとしています。

今回は、太陽光発電というエコな資源を資産運用とつなげたアースコムのリアルな姿や評判について調査した結果をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

成長を続ける株式会社アースコムとは


画像引用元:https://earthcom-eco.jp/

太陽光発電投資を提供する株式会社アースコムは、創業から現在に至るまで成長を続けている注目の企業です。

埼玉県越谷市大泊に本社を構えており、支社が福島県いわき市と福島県双葉郡富岡町にそれぞれ設けられていました。

代表取締役社長には丸林信宏氏、取締役副社長には丸林綾子氏がそれぞれ就任しており、顧問税理士には税理士法人 恒輝 榎本会計事務所の柄本恵一氏が就いています。

経営理念には、「人々にとって安心・安全な自然エネルギーの普及を通じて、持続可能な未来をつなげて人類と社会に貢献し、ひとりでも多くの人に喜びと感動を提供し続け、人々の幸福のために発展・成長し続けていきます」と掲げています。

経営理念を達成するためには、人材を育てることでサービス品質の向上、安心を追求、顧客へ満足を届けることにつながるとしていることから、品質向上のための取り組みを強化し経営計画発表会早朝勉強会、クレーム共有、環境整備活動に取り組んでいるのです。

また、女性がイキイキと働ける職場環境を作り上げるために埼玉県知事の「ウーマノミクスプロジェクト」へ賛同し、女性が仕事と子育ての両立を実現できるような支援も行っています。

好業績を支えるアースコム社の事業と体制について


画像引用元:https://earthcom-eco.jp/

アースコム社はここ数年、非常に良い業績を出していることでも知られています。

それだけ太陽光発電投資に対する注目が集まっている証拠でもありますが、この好業績はアースコム社の事業と体制によるものでもあります。

ここからは、アースコムの主力事業から業績が拡大している要因について解説していきましょう。

アースコムの主力事業について

アースコムの主力事業は、以下の3つが挙げられます。

太陽光発電事業

太陽光発電事業には、土地付き太陽光発電所ソーラーアースALL in ONE メンテナンスパッケージEC Secureがあります。

土地付き太陽光発電所ソーラーアースは、手間や土地・屋根などを一切不要とした太陽光投資です。
災害による売電停止時にも休業補償で損失分をカバーしてくれるので、安心できるサービスと言えます。

ALL in ONEメンテナンスパッケージEC Secureは、太陽光発電所の細かいメンテナンスや補償を目的としたパッケージです。

万が一のトラブル時にも迅速に対応してもらえることから高い人気を誇っています。

ミライ型農業プロジェクト「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」

ソーラーシェアリング事業は、農業収入に加えて太陽光発電による収益を得ることで未来の農業を守っていくプロジェクトです。

農業と太陽光発電を1つの土地でシェアできるように、田んぼや畑に支柱を立てて太陽光発電をしながら作物を育てます

農業が抱えている様々な問題を解決しながら、日本の農業の未来を守り変えるための事業です。

風力発電事業「ウィンドアース」

全世界の再生可能エネルギーの中で約50%を占めている風力発電は、今後さらに増え続け2030年には全電源の20%を占めるとも言われています

売買単価も注目されてきていることから、投資においても効率の良い商品となり得るでしょう。

ウィンドアースは世界最高レベルの基準をクリアした小型風力発電で、エネルギーと資産運用の両面において活躍してくれる事業です。

これら3つの事業を展開しているアースコムは、販売実績数No.1、メンテナンス実績数No.1、物件保有数No.1と謳っています。

これは、アースコムならではのパッケージ販売やメンテナンス力の高さ、さらに節税できる条件を満たした物件数や売電単価の高さ、堅実な経営体制をとっているからこそ実現できていることだと考えます。

業績拡大の要因について

ここまで業績が拡大している要因には一体何があるのでしょうか?

まず初めに考えられるのが、経営計画発表会による効用です。
経営計画発表会で社内方針の基準を統一しルールを細分化したことで、余計なストレスをなくすことができ、離職率も低減できたのです。

また、社内クレーム対応を30分以内に初動を実施するように統一したことも信頼関係の構築となり、業績拡大につながったことが考えられます。

次に考えられるのが、新卒内定率の上昇です。
新卒内定率を上げるために新任人事採用担当ポジションを新たに設置。

採用担当者には20代の若い社員を配置することで、内定後のアルバイト採用やインターン実施での内定者の本音を聞き出し、入社前後で現れるギャップをできるだけなくすように取り組んでいます。

そして、福利厚生の充実も業績拡大の要因に挙げられるでしょう。

入社5年以内の社員であれば、大学奨学金の返済を一部会社負担として個人の負担を低減・引っ越し代金の一律5万円負担・入社1ヶ月後に帰省する往復交通費を全額会社支給など、非常に充実していることが分かります。

最後に考えられるのが、財務諸表の勘定科目の見直しと透明化によって取引金融機関が増え、キャッシュフローが改善したことです。

無担保無保証での借り入れが可能となったことで、より幅広い顧客ターゲット層に対して会社の経営資源を有効に活用できるようになったのです。

これら要因からアースコムの業績拡大につながったと考えられます。

太陽光発電投資の魅力とアースコム社が急成長できたワケ

太陽光発電投資も投資手段の1つであることから、当然リスクは付き物です。

では、太陽光発電投資の魅力とアースコム社が急成長できた理由は何が考えられるのでしょう?
ここからは、太陽光発電投資からアースコムを実際に利用している人の評判を併せてみていきましょう。

そもそも太陽光発電投資とは

投資といえば株式や不動産などが主流ではありますが、様々なリスクを抱えてしまうのは周知の事実。

しかし、太陽光発電投資であれば金融商品に比べてリスクを最小限に抑えつつ、安定した利益を実現することが可能となっています。

さらに、環境貢献性も高いことから国内でも注目が高まっている投資商品と言えます。

太陽光発電投資を行うメリットとデメリット

注目度の高い太陽光発電投資ですが、もちろんメリット・デメリットも存在します。

メリットは、人手がかからない(労力が不要)・節税対策に有効であるなどが挙げられます。

デメリットには、投資商品であるからこそのリスクが挙げられ、発電に関するリスクから施工リスク、故障、買取単価下落まで様々です。

しかし、アースコムではこれらのリスクに向き合い、できる限りリスクを抑えられるようにそれぞれの対策を掲げています。

節税対策として効果的?

太陽光発電投資は節税対策としても効果的です。

太陽光発電投資の設備は非常に高額となっていることから、課税対象も大きくなりますが、その分適切に経費計上・青色申告控除を用いたりすれば高い節税効果を上げられます

利用している人からの評判

最後に利用している人からの評判をご紹介します。

営業さんの提案が良かったです。 「売りたい」というグイグイ来る感じではなく、いかにアースコムの投資案件が魅力的であるかを具体的な数字などを並べて説明してくれました。

また、短期で収益をあげるのではなく、長期的な視点でのアドバイスもくれて、信頼できるので契約を決めました

引用元URL:https://ameblo.jp/direscare/entry-12721743385.html

 

メンテナンスまでワンストップで任せられるし、遠隔監視システムがあるから設置後も安心。税務上のことについても教えてもらえて、魅力的な投資案件。

引用元URL:https://shiru.company/earthcom/#i-2

 

アースコムのプロジェクトで土地を貸し出すにあたって、土地の賃料について納得できる金額で決めていただけました

固定資産税も上がらずに済んでいます。今後もますますソーラーシェアリングは増えていくと思っています。

引用元URL:https://jobjob-appeal.com/company/earthcom/

 

上記はいずれも実際に利用している人からの評判です。

投資はリスクがつきもので、資産を投じたいか否か営業で判断することももちろんあります。

ですが、アースコムでは短期ではなく長期的な資産運用でのアドバイスや土地の賃料など、顧客がそれぞれ納得できるようにしていることが分かります。

真摯に向き合うことで、信頼関係が生まれて任せられる企業であると認識されているのでしょう。
アースコムだからこそ、信頼関係を築ける社員を育成できているのではないかと考えられます。

まとめ

今回は、太陽光発電投資で高い実績と信頼を得ているアースコムについてご紹介してきました。

重要なポイントは以下の通りです。

アースコムまとめ
・ワンストップの太陽光発電投資とすることで顧客の負担やリスクを最小限にしている
・未来の農業を守るために太陽光発電を活用した事業を展開している
・世界中で注目を集めている風力発電事業も手掛けていることから今後も成長し続けることに期待できる
・社内体制を整えることで離職率を低減していることから人材が育ちやすい

近年ではSDGsやサステナブルなどが注目されてきていることもあり、より環境を考えた事業が優位になることが容易に考えられます。

日本でも再生可能エネルギーの普及を後押しするような制度を設けていることから、アースコム社の太陽光発電投資をはじめ事業全体の成長にも期待できるでしょう。

太陽光発電投資を検討している方は、一度問い合わせてみることをおすすめします。

おすすめの記事