• ビヨンドネクストベンチャーズ その情報本当?
    ビヨンドネクストベンチャーズの評判は?医療/ライフサイエンス/ロボット等に投資?
    2018年9月11日
  • ハルシオンインキュベーター その情報本当?
    ハルシオンインキュベーターの評判は?久能祐子は何者?社会起業家を育成するインキュベーター!
    2018年8月27日
  • ブクペ その情報本当?
    ブクペの要約の仕組みは?報酬があって収入に繋がる?評判は?
    2018年6月15日
  • カラメルカラム その情報本当?
    カラメルカラムのゲームの評判は?業績や売上は?採用は?全部調べてみた!
    2018年5月15日
  • その情報本当?
    国内最大の損害保険会社『損害保険ジャパン日本興亜株式会社』は どこまで補償してくれるの?
    2018年9月7日
  • めぶきフィナンシャルグループ その情報本当?
    めぶきフィナンシャルグループの決算や株主優待の情報は?評判を調査!
    2018年5月24日
  • ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ) その情報本当?
    ニコリー(ドウゲンザッカーバーグ)の評判は?採用やサービスの口コミを調査!
    2018年6月15日
シロカのコーヒーメーカーはここが違う! 選び方のポイントをまとめてみた

 

毎朝コーヒーを飲むことでようやく1日が始まるという方は多いのではないでしょうか?

中にはコーヒー専門店やコンビニのコーヒーメーカーで、

コーヒーを買ってから出勤するという方も珍しくありません。

そんな挽きたての美味しいコーヒーが朝から気軽に自宅で飲めたら朝から良い気分に浸れるでしょう

しかし、コーヒーメーカーは様々なメーカーから販売されているので、

どれを買えばいいのか迷ってしまいがちです。

そこで今回の記事では、ミルが内蔵されている自動でコーヒーをドリップしてくれる
「シロカの全自動コーヒーメーカー」をご紹介しましょう。

シロカの全自動コーヒーメーカーの特徴

シロカとは、家電製品を扱っている日本のメーカーで、

ノンフライオーブンやスロージューサー、ホームベーカリーなどの自社製品を販売しています。

その中でも人気があるのが、今回紹介する全自動コーヒーメーカーです。

シロカのコーヒーメーカーはミルが内蔵されており、

挽きたての豆からコーヒーを味うことができる全自動のコーヒメーカーです。

ミルを本体に内蔵することで、

自宅や会社などで好きな時にいつでも挽きたてのコーヒーを全自動で淹れてくれます。

朝から豆を挽く時間がない人や、ハンドドリップの時間を省きたいという人にはうってつけでしょう。

また、シロカのコーヒーメーカーは、ステンレスメッシュフィルターなので、

油分ごと豆を抽出することができ、ペーパーフィルターでは味わうことができないコク深さのある美味しいコーヒーを堪能できます。

しかし、ペーパーレスフィルターの場合、苦味や雑味を感じやすくなってしまうので、

シロカでは中煎り豆を使うことを推奨しているのです。

ペーパーフィルターは使い捨てなのでエコではありませんが、

メッシュフィルターなら何度も洗って使用可能な上、フィルターを買いに行く手間も省けます。

そしてシロカの全自動コーヒーメーカーでは、

蒸らす工程をプログラムし、コーヒー本来の美味しさを抽出することを実現しました

ミルを内蔵していているコーヒーメーカーの中には、かさばりやすいものが多く販売されていますが、

シロカの全自動コーヒーメーカーはコンパクトなサイズ感なので、

オフィスのデスクの上や自分の部屋の机の上など、置き場所には困りません

2色だけを使ったシンプルなカラーリングで、

スタイリッシュなデザインなので、性別や場所を問わず使いやすいでしょう。

使い方も、豆を入れて水を入れてボタンを押すという3ステップでとても簡単なので、

インスタントコーヒーを淹れる手間と変わりません

そのため、

朝の忙しい時間帯でも、

初心者の方でも

身支度している間に美味しいコーヒーが出来上がります。

他のメーカーのコーヒーメーカーよりも価格やデザインが魅力的なことから

シロカの全自動コーヒーメーカーは、人気が高く注目されているのです。

シロカの全自動コーヒーメーカーの機能

1杯およそ30円で挽きたてのコーヒーが飲める

選ぶコーヒー豆や粉によりますが、100gあたり250円の豆を使用した場合、

1杯30円という安さで挽きたてのコーヒーを飲むことができます。

そのため、コンビニにあるコーヒーメーカーでコーヒを買ったり、コーヒー専門店でコーヒーを飲むよりもコストパフォーマンスに優れています

更に、自分好みの味や香りの豆を選べるので、

節約できるだけでなく

自分の好きな味のコーヒーを安く好きな時に飲めるのが魅力です

手入れが簡単

シロカの全自動コーヒーメーカーは、

ミル付きのバスケットを丸ごと取り外して洗うことが可能なので、洗いにくいという煩わしさがありません。

コーヒー豆・コーヒー粉どちらにも対応

コーヒー豆でもコーヒー粉でも自動でコーヒーを淹れられるので

自分好みの粗さに豆を挽いた後、コーヒー粉からコーヒーを淹れるという楽しみ方もできます。

中細挽きを自動で行ってくれる

杯数に応じて自動で中細挽きを行ってくれるので、

いつでも安定した品質でコーヒーを美味しく飲めます。

大量にドリップ可能

アイスコーヒー、ホットコーヒーであれば、4杯、マグカップであれば2杯までを1度に淹れられます

淹れたてを飲むことを推奨しますが、

30分の保温機能が付いていることも

シロカの全自動コーヒーメーカーの魅力でしょう。

1万円前後で購入することができるので、

コーヒーメーカー初心者挽きたてでコーヒーを飲んでみたいという方には特におすすめです。

全自動コーヒーメーカーのシリーズ性能・機能比較

シロカの全自動コーヒーメーカーは全6種類あります。

デザインや大きさ、基本の性能はどの商品でも一緒ですが、

ガラスサーバーステンレスサーバー

自動蒸らし機能の有無

豆を挽く段階(時間)

の違いがそれぞれ異なります。

ミルには、2段階のものと4段階で調整ができるものがあり、

何杯分のコーヒーをドリップしたいかによって豆を挽く時間を選べます。

  • SC-A221
    ガラスサーバー、蒸らし機能あり、新ブレード搭載モデル、ミル段階1~4、カラー展開2色
  • SC-A211
    ガラスサーバー、蒸らし機能あり、新ブレード搭載モデル、ミル段階1~4
  • SC-A121
    ガラスサーバー、蒸らし機能あり、ミル段階1~4、カラー展開3色
  • SC-A111
    ガラスサーバー、蒸らし機能あり、ミル段階1~2
  • SC-A130
    ステンレスサーバー、蒸らし機能あり、ミル段階1~4
  • STC-501 ブラック
    ステンレスサーバー、蒸らし機能なし、ミル段階1~2
  • STC-502 レッド
    ステンレスサーバー、蒸らし機能なし、ミル段階1~2

全自動コーヒーメーカーの選び方

上記に記載した通りですが、コーヒーメーカーの違いは、

蒸らし機能の有無、ミルの調節段階、ステンレス製サーバーかガラス製のサーバーかです。

そのため、何を重視するかによって選ぶ商品は異なります。

蒸らし機能を重視するなら

蒸らし機能は、

SC-A221SC-A211SC-A111SC-A121SC-A130に搭載されています。

蒸らし機能を搭載されており、ミル段階も細かく調節したいのであれば、

SC-A221SC-A121SC-A130を選び、

ミル段階は2段階の調節で充分なら

SC-A211またはSC-A111を選びましょう。

ミルの段階機能を重視するなら

ミルの段階は

SC-A221/SC-A121/SC-A130が4段階で、

SC-A211/SC-A111/STC-501/STC-502が2段階となっています。

コストパフォーマンスを重視するなら

コストパフォーマンスで選ぶなら、

蒸らし機能が付いた「SC-A111」がコストパフォーマンスに優れています。

機能性を重視するなら

機能を重視するのであれば、

全部の機能が搭載されているステンレスサーバーの「SC-A130」

またはガラスサーバーの「SC-A221」を選んでみてはいかがでしょうか?

保温性を重視するなら

ガラスサーバーよりもステンレスサーバーの方が保温性に優れており、

万が一サーバーを落としてしまったとしても割れにくいので、

保温性・壊れにくさも考慮するなら「SC-A130」がおすすめです。

しかし、どのモデルにも保温は30分ついていますし

淹れたてを飲むから保温性は気にしないというのであれば、ガラス製のモデルで充分でしょう

コーヒーは長時間保温してしまうと香りが飛び、風味が悪くなって美味しさが半減してしまうので、

あとは壊れにくい方が良いかでガラスサーバーにするかステンレスサーバーにするか選んでみてはいかがでしょうか?

おすすめのシロカ全自動コーヒーメーカー

紹介してきた通り、

シロカの全自動コーヒーメーカーは

挽きたてで美味しいコーヒーを気軽に楽しめるのが魅力です。

しかし、

コーヒーをドリップするフィルターが破れてしまったり、

穴が開いてしまった時の事考えると、

予備のメッシュフィルターが付いてくる特別セットの購入が良いかもしれません

SC-A121のモデルと、STC-501のモデルには、

予備のメッシュフィルターが付いてくる商品が販売されています。

蒸し機能が合った方が良ければ「SC-A121」

蒸し機能がなくても良いなら「STC-501」を選んでみてはいかがでしょうか?

もし、予備のメッシュがなくても良いのであれば、

ガラスサーバーの「SC-A221」

または、ステンレスサーバーの「SC-A130」が機能性が高いのでおすすめです。

しかし、自分1人でしかコーヒーを飲まないから1杯だけドリップできれば良いという人には、

ガラスサーバーの「SC-A211」か、

ステンレスサーバーの「SC-A130」を推奨します。

今回の記事を参考に、シロカのコーヒーメーカーを使って自宅で自分好みの美味しいコーヒーが堪能できる生活を送ってみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 「検察庁法改正案」って結局何だったの?政府が国民に吐いた嘘とは?
  • 自分に嘘を吐けば仕事は苦痛になる?やり甲斐にこだわらずモチベーションを維持する方法
  • 正しいルールを身に付けてオフィスと社員を守ろう!
  • 坂本よしたかさんがおススメするビットコインボルトは画期的?安全?
  • 「子供だから」はもう古い?コロナ流行下と向き合った10代の今とこれから
  • 1484内科
    予防医学を行う広畑センチュリー病院とは?全ての人を健康に導く人気の秘密をご紹介!
おすすめの記事